下北沢=「サブカル」だけじゃない! 現地取材してみたらいろんな意味でめちゃめちゃアツい街だった……!

編集部:いとり
2020/02/14
SPONSORED 引っ越し・一人暮らし
あとで読む

古着や劇場、ライブハウスやアートなど、サブカルチャーな街として人気の下北沢。実は今、そんな下北沢の街が盛り上がっているという情報を編集部がキャッチ!

一体、下北沢で何が起こっているのか……? 学生レポーターのあいみちゃんとけんたろうくんの2人に現地調査に行ってもらいました!

下北沢ってどんなイメージ?

そもそも、「下北沢」ってどんなイメージがある?

流行に合ったオシャレな古着や雑貨、カフェがあるイメージがあるなぁ。ただ、サブカルチャーなものが多いので、そういうのが好きな子が行く印象。わたしのまわりの大学生はあんまり来ていないかも。

やっぱり古着のイメージだよね! あと、劇場やライブハウスも多いから、芸能人がいるっていうイメージもあるよね(笑)。でもそれ以外は、一体何があるんだろう……?

いざ、現地調査に出発!

街全体もなんだかおしゃれ!
おしゃれなカフェとか雑貨屋さん、古着屋さんも多くて、街をブラブラするのだけでも楽しい~!


劇場もたくさんあるね。

見てこの壁画! 下北沢って、インスタ映えするスポットもあるんだなぁ
あ、スマホにメッセージが!





なんか下北沢駅周辺が話題らしい! まずは駅前に行ってみよ~〜!

ほんとだー!! 小田急線の下北沢駅がめっちゃキレイになってる!
駅上にお店がいっぱい!

なんだろうここは……? 「最先端のオシャレ!」って感じでめちゃアガる~~~~!


フフフフ……君たち、下北沢の魅力について調査しているのかい?

え?!
あなたは一体……?!

下北沢周辺の開発を担当している小田急電鉄・開発推進部の向井隆昭さん

ここは「下北線路街」の中の「シモキタエキウエ」っていう商業施設なんですよ。
下北沢の魅力については僕に聞いてください!

「下北線路街」仕掛人の向井隆昭さんに聞いてみた!

下北線路街ってどんな場所なんですか?

「下北線路街」とは、地下化した小田急線の東北沢駅〜世田谷代田駅の線路跡地を活用した新しい“街”です。

この区間は全長約1.7kmあり、もともと小田急線が走っていたんですが、複々線事業に伴い2013年に線路が地下化されました。

この線路跡地を、いろんな人が関われる空間にし、地域の方々とみんなでつくっていきたい、下北沢エリアを盛り上げたいという想いで、開発がスタートしました。

2020年〜2021年の春夏を目安に、13施設の完成を目指しています。すでに期間限定でオープンしている「下北線路街 空き地」では、音楽ライブやマルシェを行っているので、下北沢初心者の学生さんにもおすすめの場所ですよ!

とってもかわいい「下北線路街 空き地」。子供にかえった気持ちで遊べそう!

13も施設ができるなんて、とってもワクワクしますね!

どんな想いで下北線路街を開発しているんですか?

「BE YOU. シモキタらしく。ジブンらしく。」をコンセプトに掲げ、さまざまな個性にあふれる下北沢らしさを大切にしています。

下北沢の街って、古着や雑貨、演劇や音楽などいろんなカルチャーがあり、一言で表すのが難しいですよね。そのカルチャーは、街に関わる方々が自分らしく生き、個々の活動の積み重ねが築きあげられ、そして受け入れられたように、多様な個性にあふれた寛容性のある街だと思います。

その経緯や街の個性を大切にしたく、再開発といっても一から新しいものを作り上げるのではなく、下北沢らしい多様性をより引き出せるような支援(=支援型開発)をしたいと考えました。
具体的には、下北線路街が地域の方同士の出会いや交流のキッカケとなり、シモキタらしい新しい何かが生まれる、そんな循環作りを目指しています。

小田急電鉄が主役になるのではなく、地域の人たちで作り上げるのっていいですね!

下北線路街についてもっと知る!

下北線路街プロジェクトのひとつ、「シモキタエキウエ」

シモキタエキウエ」は、2019年11月にオープンした、小田急線下北沢駅の上にある商業施設です。

飲食店や生活雑貨など、個性豊かな16店舗が揃っており、下北沢に来た人が、ここに来て気持ちがアガってほしいという願いが込められています。地下から2階へ上がる(アガる)という意味ともかけて!(笑)

施設内は、下北沢の魅力を活かした「雑多感」を大切にしています。お店自体に統一感を持たせず、タイ料理、ドイツ料理、その隣にはおしゃれなカフェがあって……というように、多様性のある下北沢をイメージしているんです。

また「シモキタエキウエ」のあちこちには、イラストレーターの長場雄さんのイラストが描かれていることもポイントです。

下北沢はカルチャーが根付く街なので、駅の壁面が殺風景だともったいないなと感じていて。「下北に来た!」という雰囲気を出したかったのと、イラストに入り込んで一緒に写真撮影ができたら楽しいのではないかと考え、下北沢の街中にいる多様な方々をそのまま再現したいと思い、企画しました。
ぜひお気に入りのイラストを探してみてください!

こちらは向井さんもお気に入りだというイラスト。


インスタ映えスポットも多くて、楽しそう〜!

いえ~い! と思わず自撮りするふたり。

ぼくが昔一度来たときの下北沢と大きく変わっていて驚きました!
これから下北沢は、どうなっていくんでしょうか。

下北沢に住んでいる人、それ以外のエリアに住んでいる人みんなに楽しんでもらえるよう、開かれた施設作りを意識しています。

2020年の春には地域に開かれた保育施設や新たなチャレンジを応援する新しい商店街、秋には高校生から社会人までが一緒に暮らしコミュニティを育む学生寮や、温泉旅館などが完成予定ですよ。

もちろん「下北線路街」の開発だけでは終わらず、今後は空き地の活用やクラウドファンディングの仕組みなど地域の課題解決につながるような企画を構想中です。

いい街、かつ魅力が継続していく街は、住んでいる人や働く人などその街に関わる人がいかにその街を誇りに思えるかが大切なのではないかと考えています。「下北沢の街のために何かやりたい」という気持ちをたくさんの人が持ち、他の人への連鎖していく流れを循環させ、街全体の賑わいを継続できればと思います。

これからの下北沢は、コミュニティが広がるきっかけや、いろんなことにチャレンジできるワクワク感を持ち併せた街になっていく予定です。新生活を始める学生さんにもおすすめのエリアなんですよ!

下北沢のイメージがガラッと変わりました!
これからさらに盛り上がっていくみたいなので、そちらも楽しみです!

シモキタエキウエについて
もっと知る!

あらためて、「下北沢」の魅力って?

まとめ:下北沢のここがアツい!

「下北線路街」の開発によって、年齢・性別問わず楽しめる街になっていた

以前はごちゃごちゃとしたサブカルの街! というイメージが強かった下北沢ですが、「下北線路街 空き地」や「シモキタエキウエ」の登場によって、開放感のある街に
いままでの下北沢に縁がなかった人でも、思わず遊びに行きたくなるようなスポットがたくさんありました!

自分のやりたいことを応援してくれる街!

開かれたオープンスペースの「下北線路街 空き地」をはじめ、高校生から社会人までが一緒に暮らせる学生寮や、温泉旅館や保育施設などが建設予定で、住民や訪れる人を応援し受け入れてくれる街として開発が進められている下北沢
自分のやりたいことを実現できるきっかけになる出会いがありそうですね!

地域の人を巻き込んで発展していく下北沢のアツさを、ぜひ体験してみてください♪ きっとおもしろい発見や出会いがありますよ。

日本最大のターミナル駅である新宿を起点に、箱根の玄関口・小田原までを結ぶ「小田原線」、湘南エリアに至る「江ノ島線」、多摩ニュータウンに至る「多摩線」の3つの路線からなる小田急沿線には下北沢や代々木上原などオシャレな人気スポットや閑静な住宅街が多く、一人暮らしからファミリー層まで幅広い層が暮らしています。現在下北沢では再開発が進められ、今後さらなる発展が期待できる沿線です。

まだまだたくさん!
小田急線の魅力

提供:小田急電鉄株式会社

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催