プログラミングはスクールに通うべき? それとも独学? 挫折しないためのポイントを紹介

学生の窓口編集部
2019/09/20
資格
あとで読む

学び方が多様化しているプログラミングスクール。スクールへ行くべきか、独学かという選択で迷っている方も多いと思います。今回は、プログラミングを独学で学ぶということについて詳しくご紹介していきます。

プログラミングはスクールに通うべき? それとも独学? 挫折しないためのポイントを紹介

初心者が独学で学ぶのは無理?

プログラミングの勉強で重要になるのが、初心者が独学で学べるかどうかという点です。独学での挫折率は9割と言われていますが、やる気さえあれば独学でプログラミングを学ぶことは可能です。特に今は、無料の学習サイトなど、学べる環境も豊富にあり、独学に最適な環境であると言えます。

独学で学ぶコツ

独学で学ぶコツは、自分に合った学習方法を選ぶことです。それによりプログラミングを挫折することなく、長く楽しんで学んでいくことができます。

学習を始める前の準備

学習を始める前に、最低限準備しておきたいのがパソコンです。WindowsとMACのどちらがよいか迷う人も多いようです。どちらがプログラミング学習に最適かということについては、一概に言えるものではありません。
例えば、Windowsに向いてる言語は、

・C
・C#
・VB.NET

MACに向いている言語は、

・Swift
・java
・javascipt

などが一般的だといわれています。また、MACのほうが作業効率もよく、開発環境が充実しているため、初心者には、使いやすいといわれています。

学習を始める前に、目標を明確にしておくことも大切です。「何かを作れるようになること」など、現時点での目標をあらかじめ書き出しておくとよいでしょう。

参考書を買う

参考書は、まずコンピュータやプログラミングの仕組みについて解説しているものを選びましょう。できるだけ薄くて読みやすい本で、コンピュータやプログラミングの仕組みをしっかりと理解していくことが大切です。
次にパソコンを動かしながら、プログラミングを実践していけるような本がおすすめです。学びたい言語が決まっている人は、その言語に特化した本を選ぶとよいでしょう。

プログラミング技術は進化の流れが早く、新しい情報も次々に発信される分野です。そのため、その早さに紙媒体はなかなか追いついていけず、情報の古い参考書をつかまされてしまったということもよくあることです。参考書を購入する際は、内容が最新のものであるかどうかということに注意しなければなりません。

ネットの学習サイトを見る

ネット上でのプログラミング学習サイトは数も豊富で、中身も充実しているものが多くなっています。学習サイトを選ぶ際の注意点は、自分に合った学び方を載せているかどうかということです。動画を視聴しながら学ぶ、あるいはゲームを通して学ぶなど、サイトによって学習方法はそれぞれ異なります。
また、無料のものから有料のものまで、サイトによって利用する際の使用料も異なります。しっかりと内容を確認し、慎重に選ぶ必要があります。

プログラミング動画を見る

中身が充実しているものも多いプログラミング動画。学習する際には自分にとって必要な内容に集中し、必要のない部分については倍速で先送りするなど、大切な箇所を何度も繰り返して見ながら効率的に学ぶことが大切です。
また、難しくて内容が理解できないという動画も、なかにはあると思います。自分のレベルに合った動画を探すことも肝心です。

サイトやアプリを作ってみる

学習を進めていく中で、実際にサイトやアプリを作ってみるのも効果的な方法です。そうすることで「今、自分にとってできないこと、足りないことはなにか」ということが明確になってきます。そうした部分を明確にすることで、今後の学習の改善点が見えてくることも多いのです。

結果として、プログラミング習得への近道になります。難しそうだからと諦めず、サイトやアプリ制作にチャレンジしてみることをおすすめします。

独学で挫折しやすいポイント

独学での挫折しやすいポイントとして、わからないことがあった場合に尋ねる相手がいない、あるいはモチベーションを保ちにくい、といったことがあります。プログラミングでは専門用語が多く、その1つ1つを理解していくことは、とても大変な作業です。
専門用語などで分からない箇所が出てきた場合に、教えてもらえる相手がそばにいないと、そこで学習が止まってしまうということも多いのです。これが挫折へと繋がります。

また、独学の場合には、共に学んでいる仲間が近くにいません。つまり、だらけやすく、諦めやすい環境にあるともいえるのです。

挫折を避けるためには、学習の最終地点となるゴールを明確に設定することが必要です。そこに向かって学習を進めていきます。目的をはっきりさせることで頑張れることも多く、ゴールへ最短で辿り着けるようになります。

また、学習サイトや書籍、周りにいるプログラミングに詳しい人など、わからない箇所が出てきたら、教えてもらえる相手や場所を作っておくことも大切です。

スクールに通うメリットとデメリット

スクールに通うメリットは、しっかりとしたサポートを受けられる点にあります。わからない箇所があれば尋ねることができますし、学習計画の指導や就職サポートをしてくれるスクールもあります。またスクールに通うことで、同じ目標に向かう仲間もできます。挫折しにくい環境を作ることもできるのです。

デメリットについては、独学よりも費用が多くかかる点が挙げられます。スクールは、多くのサポートが受けられる一方で、独学と比較して多額の経費が必要とされます。

まとめ

これまで説明してきたように、独学でのプログラミング学習にはコツが必要とされます。これを成功させるには、情報収集をしっかりと行い、目標を定めた学習計画を組むことが大切です。
挫折しないように、自分に合った学び方を見つけていきたいものです。

(学生の窓口編集部)

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部です。大学生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報までご紹介します。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催