【2020年度版】オンラインで学べる就職・転職におすすめのプログラミングスクール13選を簡単比較

学生の窓口編集部
2020/12/10
生き方を知る
あとで読む

日々新しいWebサービスやアプリが登場するなか、不足しているのがエンジニアです。プログラミングを学んでおけば、就職にも転職にも有利なことは明白ですが、初心者がゼロからプログラミング言語を学ぶのは至難の業。さらに初めてプログラミングを学ぶ人にとっては、数あるスクールから自分にマッチするコースを探すのも大変なこと。

オンラインでおすすめのプログラミングスクール12選! オフラインとの違いもチェック!

そこで、今回はオンラインプログラミングスクールのメリットやデメリット、今学ぶべきプログラムやスクール選びのポイントを現IT研修講師として活躍し、自らもエンジニア経験を持ち多くの現場経験もある斎藤和明さんにお聞きしました。学習ニーズとサポート体制を整備したおすすめの「オンラインプログラミングスクール13校」の主なサービス内容と併せて紹介しています。オンラインで学び始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインと通学型スクールを比べてみよう

圧倒的なメリットは選べる時間

メリットは、なんといっても自分の時間と場所に合わせて学習できること。通学に使う時間を効率よく、学習時間に振り替えられます。またスクールと受講するプランにもよって違いはありますが、受講費用も通学型スクールよりも多少安い傾向にあります。
特に勉強や仕事があり、自分の時間が限られてしまう人は、「1日の中でいつ何時間学習に使えるか」を考えるといいでしょう。

デメリットは自己管理とサポート

通学型スクールの場合は、その場で講師やサポートしてくれる人に質問などできますが、オンラインスクールの場合多少のタイムラグが発生することがあります。ですので、自分で宿題として、改めて質問などで解決する必要があります。
また1人での学習は、どうしても気が緩みがちです。最近ではメンター制度などのサポートも充実しているとはいえ、自分を律するのは自身でしかないので、しっかり計画を立てておきましょう。

比較項目 通学型スクール オンラインスクール
受講場所 校舎のみ スケジュール次第でいつでも可
学習ペース 受講スケジュール次第 自分のペースで進められる
費用 通学型スクールより安い傾向
その他 受講中にわからないことはその場で聞ける 学習サポートはあるが、返答に時間がかかることがある・学習のモチベーション管理が難しい

監修:斎藤さんのコメント

プログラミング言語は、「コードを覚える、書く、動かす」など、学ぶプログラミング言語によって、学習の進度と深度も大きく変わります。時間や場所の自由度だけでなく、きちんと1人で続けられるのかなども判断材料にしてください。特にプログラミング未経験の場合、何を質問すれば良いのかが分からず手が止まってしまうこともあります。自分が学習する時間帯を考慮し、チャットやビデオ通話で相談しやすいスクールを選びましょう。

今学んでおきたい代表的なプログラミング言語

プログラミングのスキルは、時代によって大きくニーズが変わります。そのためプログラミングを学ぶ前に、「習得後何をしたいのか」を明確にすることが大切です。基礎知識と押さえた上で、現在学ぶべきプログラミング言語と、就ける仕事内容とともにポイントをまとめました。

JavaScript

最も身近で扱いやすいされるのが、「JavaScript」です。Webページ制作やパスワード入力フォームなどでも使われており、自分自身のホームページを作りながら覚えることもできます。Webデザイン寄りの仕事を目指す人にはおすすめです。ただし、今後ガッツリしたシステム開発などを行いたい場合は、JavaScriptだけでなく他言語も学んでおいた方が業務の幅が広がります。

[目指せる主な職種]Webデザイン・Webサービス開発・Webサイト制作

PHP

JavaScriptとともに難易度が低めなのが「PHP」です。ブログとして使われることの多い「Wordpress」などもPHPが使われています。「JavaScript」ほどではありませんが、業界でもニーズのある言語の1つです。ニーズの高い「JavaScript」とともに覚えておくと、IT企業に注目される人材になれます。

[目指せる主な職種]Webサービス開発・Webサイト制作・Webゲーム開発

Java

近年業務で多く使われているのが「Java」です。システム開発で使う言語の中では資格の勉強もしやすく「Oracle認定Javaプログラマ」資格ならば、難易度もそれほど高くありません。そのためIT企業の新入社員研修でも扱われることが多くあります。IT業界でのニーズも高く、覚えれば仕事に困ることはないともいえるプログラミング言語です。それでも初心者が始めるときは、「JavaScript」や「PHP」よりも難易度が高いためある程度の覚悟を持って挑みましょう。幸い解説書なども多く出版されているので、足りない知識を補う方法は豊富にあります。

[目指せる主な職種]システム開発・Webサービス開発・Androidアプリ開発

Python

近年ニーズが高まっているのが「Python(パイソン)」です。登場からの年数が若く、業界ではニーズに対して人手不足といえます。反面、まだ業務案件とする企業は限られてしまい、就職・転職時に企業を選ぶ必要があります。ただ、今覚えておいて損はない言語ともいえます。習得後、運良く業務に携わることができれば、次なるニーズが期待できるチャンスも広がります。

[目指せる主な職種]AI開発・機械学習・Webサービス開発

監修:斎藤さんのコメント

即戦力として数多くの企業がほしがっているのは、「Javaエンジニア」です。未経験では、仕事を見つけるのはなかなか難しいこともありますが、一度業務経験を積めばどの会社でも活躍できます。実際に就業を目標に学ぶならば、今は「Java」をおすすめします。ほかにもクラウドサービス系のAWS、最先端となるAIや機械学習などは、学ぶ価値が高いといえます。

また、プログラミング言語という枠に収まりませんが、「クラウドサービス系」も注目のキーワードです。現在は、AWS(Amazon Web Services)やAzure(Microsoft Azure)などのプラットフォームを使い、クラウドサービス上でシステム開発を行う機会も増えています。もし可能であれば、プログラミング言語だけでなく、クラウドサービスについても学んでおくといいでしょう。AWSであれば、資格本もいくつか出ているので学習補填や目標設定をしやすくなります。

おすすめのプログラミングスクール13選

ここからは、おすすめのオンラインプログラミングスクールを13校紹介します。
(2020年4月10日時点の情報です。最新の情報は、各社公式ホームページをご確認ください。)

TechAcademy

TechAcademyはプログラミング言語別に学習深度が異なる多くのコースがあるので、自分の目的に合ったコースを見つけやすいのが特徴です。さらに将来のキャリア形成を考える人は、全コースとも転職サポートがあることもポイントです。

スクール名 TechAcademy
言語/コース ・Webアプリケーションコース
(Ruby on Rails)
・PHP/Laravelコース
・Pythonコース
・フロントエンドコース
・WordPressコース
・iPhoneアプリコース
・Androidアプリコース
・Unityコース
・はじめてのプログラミングコース
・Webデザインコース
・UI/UXデザインコース
・Webディレクションコース
・Webマーケティングコース
・Javaコース
・ブロックチェーンコース
・Node.jsコース
・Scalaコース
・はじめてのAIコース
・AIコース
・スマートコントラクトコース
・データサイエンスコース
・Google Apps Scriptコース
・動画編集コース
・動画広告クリエイターコース
受講期間 最短4週間~
メンター 現役エンジニア
受講料 109,000円~
就職/転職支援 転職サポート有
割引 学割
特徴 オンライン完結型
第13回 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」受賞
週2回ビデオチャットを使ったパーソナルメンターのマンツーマンサポート
公式ホームページ 【TechAcademy】公式ホームページをチェック

テックキャンプ プログラミング教養

テックキャンプ プログラミング教養はWebサービス、AI入門&アプリ開発など、プログラミング言語だけでなく、総合的に学習できるコースが用意されているのが特徴です。無条件全額返金保証やエンジニア転職サポートもチェックしておきたいポイントです。

スクール名 テックキャンプ プログラミング教養
言語/コース ・Webサービス開発
(Ruby on Rails/JavaScript/HTMLとCSS/SQLを使ったデータ抽出
・オリジナルサービス開発
・AI人口知能入門
・AIアプリ開発(応用
・デザイン
受講期間 最短4週間~
メンター 大学生や卒業生、現役エンジニア
受講料 入会費198,000円+月額料金19,800円
就職/転職支援 エンジニアを目指す人には、テックキャンプ エンジニア転職を用意
割引 ご紹介割、ともだち割
特徴 オフライン(通学)も選択可能
入会するとビデオ通話、チャットでの質問が無制限
用意された全てのコンテンツが学び放題
公式ホームページ 【テックキャンプ プログラミング教養】公式ホームページをチェック

CodeCamp

CodeCampは手軽に始められるWordPressやPythonコース、フロントエンドからサーバーサイドまで対応するプレミアムコースと、学習内容と目的に合わせて選ぶことができます。受講料割引クーポンや就職転職サポートもあります。

スクール名 CodeCamp
言語/コース ・プレミアムプラス
・プレミアムコース
・Webマスターコース
・デザインマスターコース
・Rubyマスターコース
・アプリマスターコース
・Javaマスターコース
・テクノロジーリテラシー速習コース
・エンジニア転向コース
・期間限定コース
   LPythonデータサイエンスコース
   LWordPressコース
受講期間 最短2ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 各コース148,000円~
プレミアムコース248,000円
プレミアムプラスコース398,000円
+入学金30,000円
就職/転職支援 無料の就職転職サポート有
割引 友達紹介割引
特徴 オンライン完結型
日本最大級の現役エンジニア講師陣によるマンツーマン指導
公式ホームページ 【CodeCamp】公式ホームページをチェック

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは最短3ヶ月で基礎・チーム開発・ポートフォリオ制作まで学習できるコースが特徴です。さらに専門実践教育訓練給付金制度対象の専門技術コースがあり、合わせて転職できない時は全額返金される転職保証もポイントです。

スクール名 DMM WEBCAMP
言語/コース ・短期集中講座
   L1ヵ月目:基礎プログラミング学習
(HTML/CSS/JS/jQuery/Ruby/Ruby on Rails)
   L2カ月目:実践的なチーム開発
   L3カ月目:ポートフォリオ制作
・専門技術講座
・土日夜間講座
受講期間 最短3ヶ月~
メンター 不明
受講料 ・短期集中講座 628,000円
・専門技術講座 828,000円(実質350,800円)
※専門実践教育訓練給付金制度の対象
・土日夜間講座 828,000円
就職/転職支援 転職・就職保証型就職保証付き
受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金
割引 友達紹介割引
他スクールからの移籍はAmazonギフト券10,000円分キャッシュバック
特徴 オフライン(通学)も選択可能
転職型プログラミングスクールでNo.1獲得
公式ホームページ 【DMM WEBCAMP】公式ホームページをチェック

Tech Boost

Tech Boostは希望する将来像などを元にカウンセラーがヒアリング。学習内容や時間などマッチしたオリジナルカリキュラムを作成してくれることが特徴です。また同企業運営のエンジニア専門転職支援サービスとも連携しています。

スクール名 Tech Boost
言語/コース ・ベーシックターム
(HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/PHP/Laravel/Git/データベース)
・ディべロップターム
Ruby on Rails実践/Laravel実践/プロダクト企画/データベース設計/WEBアプリ開発)
・イノベーティブターム
ブロックチェーン/IoT/AIから1つ選択)
※ヒアリング内容をもとにオリジナルカリキュラムをご提案
受講期間 最短3ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 ▽学生の場合
オンライン147,800
通学199,800円
+月額料金29,800円

社会人の場合
オンライン184,800
通学269,800円
+月額料金29,800円
就職/転職支援 就職サポート有
割引 友達割引、当日割引、紹介割引
特徴 オフライン(通学)も選択可能
運営会社のエンジニア転職支援サービス「Tech Stars」、独立支援サービス「Midworks」に所属するプロのエージェントが就職・転職・独立を手厚くサポート
公式ホームページ 【Tech Boost】公式ホームページをチェック

RaiseTech

 

RaiseTechはAWS・Java・WordPressなど、業界的にもニーズが高いプログラミングが学習できる厳選コースが特徴です。学習時間も最短2ヶ月と、即戦力希望の人におすすめ。さらに受講期間中は、質疑応答無制限なのもポイントです。

スクール名 RaiseTech
言語/コース ・Javaフルコース
・AWSフルコース
・Javaフレームワークコース
・AWS自動化コース
・WordPress副業コース
受講期間 最短2ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 207,900円~
就職/転職支援 就職支援制度、転職支援制度有
割引 早割、学割
特徴 オンライン完結型
補講の実施やビデオチャットによるマンツーマンサポート
現役の技術者だけが講師の徹底した現場主義
公式ホームページ 【RaiseTech】公式ホームページをチェック

Aidemy Premium Plan

Aidemy Premium Planは東京大学AIセンター長監修の4コース(AI・データ分析・自然言語・AIマーケ)と、JDLA(一般社団法人日本ディープラーニング協会)認定プログラムのE資格対策講座があるのが特徴です。24時間チャット、転職などサポートも充実しています。

スクール名 Aidemy Premium Plan
言語/コース ・AIアプリ開発コース
・データ分析コース
・自然言語処理コース
・LINEチャットボット開発コース
・AIマーケティングコース
・JDLA E資格対策コース
受講期間 最短3ヶ月~
メンター データサイエンティスト
受講料 480,000円~
就職/転職支援 転職相談有
割引 学割
特徴 オンライン完結型
東京大学AIセンター長國吉康夫教授による監修
東証一部上場企業導入済み
公式ホームページ 【Aidemy Premium Plan】公式ホームページをチェック

PyQ

PyQは最安値の受講料で、機械学習の基礎を学べるライトプランが特徴です。その分学習内容と範囲も限られているので、自分の目的別に選ぶことをおすすめします。スタンダードプランもあるので、内容を比較してみましょう。

スクール名 PyQ
言語/コース ・個人ライトプラン
(プログラミングの基本/Python入門~中級/ユニットテスト、設計/Webアプリ開発/Django/スクレイピング/データ分析/機械学習/統計入門/アルゴリズム)
※個人スタンダードプランは上記内容+学習サポート
受講期間 最短1ヶ月~
メンター 不明
受講料 個人ライトプラン月額料金3,040円
個人スタンダードプラン月額料金8,130円
就職/転職支援 -
割引 -
特徴 オンライン完結型
ブラウザーだけで、プログラムを作りながら学べる
1000問以上の実践的な課題が使えて月額制
公式ホームページ 【PyQ】公式ホームページをチェック

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEのオンライン受講できるWebエンジニアコースは、「就職達成プログラム」と「ベーシックプログラム」の2つ。目的が明確化しているのが特徴です。専門実践教育訓練給付金制度の対象にもなっているのもポイントです。

スクール名 DIVE INTO CODE
言語/コース Webエンジニア就職達成プログラム
Webエンジニアベーシックプログラム
入門Term:HTML・CSS/JavaScript/Ruby/外部API/RDBMS/SQL/Web技術など)
基礎Term:Ruby on Rails/Heroku/ローカル環境構築など)
(就職Term:模擬案件/実技研修/Ruby on Rails+Vue.jsなど※就職達成プログラムのみ)
・機械学習エンジニアコース
(事前学習/3Term/就職Term/就職活動※通学コースのみ)
受講期間 最短4ヶ月~
メンター 不明
受講料 Webエンジニア就職達成プログラム498,000円
Webエンジニアベーシックプログラム298,000円
+入学金90,910円
機械学習エンジニアコース798,000円
+入学金181,819円
就職/転職支援 就職サポート有
割引 -
特徴 オフライン(通学)も選択可能
課題突破型学習とディスカッション授業で背景の理解や考え方から身につけられる
公式ホームページ 【DIVE INTO CODE】公式ホームページをチェック

Code Village

Code Villageのオンライン授業配信コースでは、エンジニアとしてのニーズが高く就職にも有利なJavaScriptからフレームワーク学習、チーム開発までを学べます。また基礎知識部分は、オリジナル動画を観て学べることもポイントです。

スクール名 Code Village
言語/コース ・オンライン授業配信コース
(マークアップ言語の理解/JavaScript基礎編/JavaScript応用編/ReactによるSPA開発/チーム開発)
受講期間 4ヶ月
メンター 現役エンジニア
受講料 440,000円
就職/転職支援 キャリアサポート制度有
割引 -
特徴 事前学習とスパルタで親身な教育体制により良質なコンテンツを提供
1クラス10名以下の少人数制で講義
JavaScriptをメインとしたオリジナルカリキュラム
公式ホームページ 【Code Village】公式ホームページをチェック

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプでニーズが高いJavaScriptが学べる基礎コースは、最短2ヶ月から受講できるのが特徴です。また、実践的な課題開発ができる2つの選抜クラスと、自分のレベルに合わせて選べるコースが用意されているのもポイントです。

スクール名 ポテパンキャンプ
言語/コース ・オープンクラス(基礎)
(HTML・CSS/JavaScript/Ruby/Ruby on Rails)
・選抜クラスビギナーコース
Ruby on Rails+Ruby on Railsを使用した実践的な課題開発
・選抜クラスキャリアコース
(Ruby on Railsを使用した実践的な課題開発)
受講期間 最短2ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 オープンクラス 150,000円 (2ヶ月)
選抜クラスビギナーコース 300,000円(4ヶ月)
選抜クラスキャリアコース 250,000円(3ヶ月)
就職/転職支援 転職サポート有
割引 -
特徴 オンライン完結型
ポテパンの転職サポートが付き、ポテパン経由の転職成功で全額キャッシュバック
CTO経験のあるエンジニアや有名企業のエンジニアが多数在籍
公式ホームページ 【ポテパンキャンプ】公式ホームページをチェック

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのプログラミング講座には、Python・Java・PHPなどニーズが高いプログラムを学べるコースと、総合的に学習できるIoTエンジニア総合講座が用意されています。教育訓練給付制度も利用可能なので事前チェックしましょう。

スクール名 ヒューマンアカデミー
言語/コース ▽セットコース
・Javaプログラミングコース
基礎IT・プログラマーコース
avaScript プログラミングAdvanceコース
JavaプログラミングAdvanceコース
ECサイト構築
Android アプリプログラミングAdvanceコース
IoTエンジニア総合コース

▽単科コース
WEBサイト制作基礎
WEBリテラシー
HTML/CSS
レスポンシブWEBデザイン
J Query
アルゴリズム
データベース
バージョン管理
開発インフラ
JavaScript
JAVA
PHP
Ruby on Rails
Android
・ITパスポート
受講期間 最短3ヶ月~
メンター 現役のプロ講師による映像授業
受講料 セットコース 月額料金7,200円~
単科コース 月額料金3,000円~
就職/転職支援 就職サポート有
割引 学割、紹介割
特徴 オフライン(通学)も選択可能
クオリティの高い映像教材
全国29校舎で直接質問もできる
公式ホームページ 【ヒューマンアカデミー】公式ホームページをチェック

クリプテックアカデミア

クリプテックアカデミアは大学生限定で就職や独立をサポートするスクール。Javascript学習を中心に「お試し・しっかり・ポートフォリオ作り込み」と目標別コースと、マンツーマンインストラクター、オーダーメイドカリキュラムなどが特徴です。

スクール名 クリプテックアカデミア
言語/コース ・お試しプログラミングコース
(HTML/CSS/Javascript)
・オススメ!しっかりプログラミングコース
(HTML/CSS/Javascript/SQL/PHP)
・ポートフォリオ作り込みコース
(HTML/CSS/Javascript/Jquery/SQL/PHP)
受講期間 最短1ヶ月~
メンター 現役エンジニア
受講料 入学金29,800円
コース料金108,000円~
就職/転職支援 -
割引 同時入会割引、転校割引、ご紹介割引
特徴 オンライン完結型
※希望に応じて対面でのレッスンも相談可(渋谷周辺、品川周辺)
大学生限定スクール
生徒のためのオンラインコミュニティスペースを提供
公式ホームページ 【クリプテックアカデミア】公式ホームページをチェック

オンラインスクールを受講するポイント

実際にオンラインスクールを選び、受講するとき、各スクールのどこを見て検討すればいいのでしょうか。受講料や学習に必要な期間、サポート体制などの特徴と気をつけるべきポイントをまとめていきます。

受講料と学習に必要な期間はどれくらい?

受講料と学習時間は、各スクールの料金体系や学ぶプログラミング言語により、大きな差があります。そのため平均値を出すことも難しいという前提になりますが、今回紹介している13校から最低&最高金額と時間をみてみましょう。

【受講料・学習時間の目安と学習できること】
◎最低受講料の目安:3,040円/最短1ヶ月~
(PyQ/機会学習プログラム/個人ライトプラン月額料金)
◎最高受講料の目安:97万9,819円/最短4ヶ月~
(DIVE INTO CODE/機械学習エンジニアコース+入学金)

受講料が安いコースは、学習の自由度も高い分、自身の理解度は自分で管理しながら学ぶことになります。学習できるプログラムの数も限られますが、とにかくプログラミングを始めてみたい人には、おすすめです。
高額な受講料の場合は、ローンなど支払いをサポートする取り組みがあります。例えば、「DMM WEBCAMP」の専門技術講座では、専門実践教育訓練給付金制度を利用することもできます。

【そのほかチェックしたいポイント】
◎入学金の有無
◎分割支払いができるか
◎国や自治体の制度利用ができるか
◎迷ったら無料の体験をしておく

プログラミングだけでなく業界事情を総合的に学ぶ

受講料と学習時間の差は、そのまま学習できる内容の違いとなります。さらに気をつけたいことは、単体のプログラミング学習コースか、業界や開発現場含めて知識が得られるコースかなど、最終的に何をしたいか、どうなりたいかを自分で決めておくことが大切です。学ぶプログラミング言語を決めるときは、下記の点も合わせて考えておきましょう。

【学び方と将来を決めるポイント】
◎学んだプログラミング言語でどんな開発ができるか
◎企業ニーズが高い最新のプログラミング言語は何か
◎単体ではなくプログラム全体のことを学びたいか
◎業界動向などを知る機会があるか
◎学習コースと単科学習内容の違い

例えば、ヒューマンアカデミーの「IoTエンジニア総合コース」では、IoT技術基礎やIoT開発手法、Webディレクション講座などを、まとめて学ぶことができます。最終的に業界で総合プロデュース的な働き方をしたい人は、広い知識を覚えておくことも強みとなります。

自分にあった受講サポート体制もチェック

効率よく学習を続けるためには、自分の取り組みだけでなく、それをサポートするスクールの体制も重要になってきます。学習内容だけでなく、サポート体制も事前に把握しておきましょう。

【チェックしたいサポート例】
◎質問方法(メール・チャット・ビデオ通話)
◎メンターの有無と肩書
◎就職や転職のサポート体制の有無

まずは質問方法。自分で解決できないときは質問しますが、その方法もメール・チャット・ビデオ会議などさまざま用意されています。メールだけだと解決までに時間を費やすこともありますが、チャットで質問できればリアルタイムで解決できるかもしれません。

また週2回、月2回などのメンターサポートを用意しているスクールも多くあります。メンターの肩書も卒業生や現役エンジニアなど異なります。メンターは、学習進捗なども管理&サポートする役割なので、自分だけで学習するのが難しいと思う人は、選択として考えておきましょう。

そして一番重要なのが、就職や転職のサポートです。せっかくプログラミング言語を学び、就職に活かしたいと思っても、そう簡単なことではありません。始める前に就職・転職を本気で考えているときは、就職・転職サポートが整ったスクールを選ぶ方が、将来の夢に一歩近づくことができるでしょう。

監修:斎藤さんのコメント

将来的に仕事を見据えるならば、就職や転職サポートが厚いスクールを選ぶ方がいいでしょう。多くのプログラミングスクールは、基本的なサポート体制は大きな違いはありません。ただし、その先の就職や転職先となると、それを保証しているスクールは少なく、受講料も高くなります。自己投資できる予算と将来を考えて、選ぶといいと思います。

◎就職の場合
無料体験ができるスクールもあるので、まずはプログラミングというものを体験することが始まりです。すでに学んでいる方は、信頼できるメンターや担当者をみつけることが、継続する上で大事なポイントになります。せっかく高いお金をかけるのであれば、途中で辞めるよりは続けられるスクールを選びましょう。

◎転職の場合
就職と違う観点でみると、転職エージェントに相談しながら就職先を探すのもひとつの手です。特に異業種からの転職となると、ハードルが上がります。可能な限り転職成功率を上げたいときは、転職エージェントと連携して繋がりを持ち、おすすめのスクールを紹介してもらえれば一石二鳥になります。

将来の目標を見据えて学習内容を選ぼう

オンラインプログラミングスクールを選ぶポイントと、各スクールの特徴を紹介してきました。決めなければいけないポイントが多いと感じた人もいるかもしれませんが、将来どのような開発がしたいのか、どのように仕事に関わりたいのかを目標とすると、選択肢を絞りやすくなります。
スタートするのに敷居が高いと感じたときは、積極的に無料の体験やカウンセリングなどを受けてみてもいいでしょう。近い環境を体験することで、自分の選択肢が見えてくるかもしれません。

監修

斎藤和明

IT研修講師。経営者モーニングセミナー主宰。
http://love-survivor.com/
神奈川県倫理法人会 後継者倫理塾 第四期生。株式会社ラブサバイバー代表取締役。
◎1984年埼玉県坂戸市生まれ。浦和大学卒業後、IT企業に就職するが、心療内科でうつ病と診断され休職・転職することに。「現状を変えたい」との思いから、お笑い養成所「ワタナベコメディスクール」に入学(第16期卒業)。会社員として勤めながら、お笑い芸人としてライブ出演等を行っていたが、結婚、妻の出産を機にお笑い芸人活動を引退。
◎転職を重ねるごとに100万、200万と年収アップに成功し、2017年には、茨城県を中心に活動する人材派遣会社へ就職。約1,100名の会社で、IT部門の立ち上げに当初から関わる。歴代最速および最年少でIT部門のマネージャーに就任。社内で唯一のIT研修講師に抜擢され、自社および他社の新入社員研修を行いつつ、人事および営業も兼任。トップセールスとなる。
◎2019年、フリーエンジニアとして独立した後、株式会社ラブサバイバーを設立。システム開発、IT技術研修、YouTube企画運用を主な事業とする。現在は、IT業界からうつをなくすことを掲げて、日夜講演活動を行っている。趣味は読書、経営者モーニングセミナー。
近著『フリーエンジニアで成功するためにやるべき54のこと』(秀和システム)

◎編集・執筆:松田政紀(アート・サプライ)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催