どの作品が1位? コナン映画の歴代興行収入ランキング

編集部:いとり
2019/03/01
学生トレンド
あとで読む

2018年に公開された名探偵コナン劇場版第22作『名探偵コナン ゼロの執行人』は大ヒットとなりましたね。
本作に限らず名探偵コナンの劇場版は公開されるたびにヒットを記録しています。では、それぞれの興行収入はどうなっているのでしょうか? 『コナン映画の歴代興行収入』を調べ、ランキングにまとめてみました。

近年の作品が上位を独占

早速TOP3からご紹介します。

第1位 『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018年) 興行収入:91.3億円
第2位 『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(2017年) 興行収入:68.9億円
第3位 『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016年) 興行収入:63.3億円
※『名探偵コナン ゼロの執行人』の興行収入は推定

歴代1位の興行収入となったのは、2018年に公開された『名探偵コナン ゼロの執行人』でした。興行収入は推定91.3億円で、2位とは20億円以上の差があります。この額は、2018年の年間興行収入ランキングでも2位となりました。コナン劇場版の特徴であるスリリングなストーリーはもちろん、作品の中でトップクラスの人気を誇る安室透をメインキャラクターに配したことも大ヒットにつながった要因でしょう。

2位は2017年に公開された『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』です。シリーズの中でも特に恋愛要素の強いストーリーが展開され、子供よりも大人が楽しめた作品でした。3位は2016年公開の『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』です。人気キャラクターの安室透が劇場版で初めて登場した作品で、シリーズ初の興行収入60億円突破を記録するなど大ヒットしました。

上位3タイトルはいずれも最近のもの。コナンの劇場版は常にヒット作になりますが、ここ3年間でより高い人気を得たようです。



ルパンとのクロスオーバー作品も大ヒット

次に4位から6位までをご紹介します。

第4位 『名探偵コナン 業火の向日葵』(2015年) 興行収入:44.8億円
第5位 『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(2013年) 興行収入:42.6億円
第6位 『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』(2014年) 興行収入:41.1億円

第4位は44.8億円で、2015年に公開された『名探偵コナン 業火の向日葵』がランクイン。コナンの劇場版では珍しい漢字に片仮名の当て字がない作品でした。第5位はルパン三世とのクロスオーバー作品『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』です。テレビスペシャル『ルパン三世VS名探偵コナン』が評判だったことで製作された作品ですが、劇場版もヒットしました。6位は原作漫画の連載20周年記念作品でもある『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』。福士蒼汰さんがゲストキャラクターを演じたことも話題になりましたね。

今なお根強い人気の第6作目もランクイン

続いて第7位から第10位までをご紹介します。

第7位 『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』(2013年) 興行収入:36.3億円
第8位 『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』(2009年) 興行収入:35億円
第9位 『名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊』(2002年) 興行収入:34億円
第10位 『名探偵コナン 11人目のストライカー』(2012年) 興行収入:32.9億円

第7位は『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』です。物語の舞台となる自衛隊の新鋭イージス艦が、防衛省・海上自衛隊の全面協力の下、細部までリアルに描かれています。その忠実な描写が話題になりました。第8位は2009年公開の『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』。コナン(工藤新一)を子供の姿にした「黒の組織」が事件に大きく絡む点も注目の作品でした。

第9位は劇場版第6作目の『名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊』です。TOP10に入っている作品は公開年が最近のものばかりですが、初期の作品では唯一のランクインとなりました。第10位は、2012年公開の『名探偵コナン 11人目のストライカー』です。三浦知良選手をはじめ、実在のサッカー選手たちが出演して注目された作品です。

TOP10はこのようになりました。『名探偵コナン ゼロの執行人』の約91億円は、邦画の歴代興行収入で見ても暫定14位と、かなりの大ヒットでした。もはや『名探偵コナン』の劇場版は日本邦画界を代表する一大コンテンツだといえますね。

今年はシリーズ初となる海外が舞台の『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が公開される予定です。物語もさることながら、興行収入がどのくらいになるのかにも要注目です。

⇒データ引用元:『一般社団法人 日本映画製作者連盟』「興行収入10億円以上番組」
2002年:http://www.eiren.org/toukei/im...
2009年:http://www.eiren.org/toukei/im...
2012年:http://www.eiren.org/toukei/im...
2013年:http://www.eiren.org/toukei/im...
2014年:http://www.eiren.org/toukei/im...
2015年:http://www.eiren.org/toukei/im...
2016年:http://www.eiren.org/toukei/im...

⇒データ引用元:『一般社団法人 日本映画製作者連盟』「全国映画概況」
http://www.eiren.org/toukei/im...

(中田ボンベ@dcp)

もっと映画&ドラマの
コラムを読む!

編集部:いとり

好きなものはチョコとビールと音楽と映画。ネトフリ廃人。ときどき絵を描きます。
Twitterで人の「いいね!」欄を見て時間をつぶすのが日課。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催