全ての女性に多様な生き方を。「東京都女性活躍推進大賞」が今年も決定!

学生の窓口編集部
2019/02/08
SPONSORED 将来を考える
あとで読む

「結婚しても長く働きたい」「男女の区別なく働きたい」といった女性が増えている中、こういった状況に応えるべく女性の活躍に力を入れる企業、団体、個人も増えてきています。

そこで東京都ではこういった取り組みをさらに推進し、全ての女性が意欲と能力に応じて多様な生き方が選択できる社会を実現するために、毎年「東京都女性活躍推進大賞」を贈呈しています。

そんな「東京都女性活躍推進大賞」受賞企業・団体・個人が今年も決定!いったい、どういった取り組みをしていたのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

<大賞>
<団体>
【産業分野】コネクシオ株式会社
【医療・福祉分野】医療法人社団東山会
【教育分野】国立大学法人お茶の水女子大学
<個人>
岩田敏江氏(瑞穂町社会教育施設耕心館ボランティア代表)

<優秀賞>
<団体>
【産業分野】港シビル株式会社/株式会社レオパレス21
【医療・福祉分野】社会福祉法人嬉泉/社会福祉法人奉優会
【教育分野】国立大学法人東京農工大学
<個人>
関直美氏(シテ方宝生流能楽師、音楽博士、茶道裏千家教授、伝統文化普及団体伝統の橋がかり代表)

<特別賞>
<団体>
【産業分野】株式会社井口一世
【地域分野】一般社団法人建築設備技術者協会

平成30年度 東京都女性活躍推進大賞

【産業分野】コネクシオ株式会社
男女がともに活躍できる職場を目指し、人財育成・働き方改善を実施

取組内容

○女性リーダーの登用や育成のため、育成塾や研修を実施(女性管理職比率:5年間で4.5%→9.3%に倍増)
○男性の育児休業取得を推進。制度のほか、社内で蓄積された育児のノウハウを記載したガイドブックを作成(男性の育児休業取得率は63.0%)
○休暇取得推進やテレワーク導入など、全社員のライフ・ワーク・バランス、就業継続支援を推進

(左)社員集合写真 (右)子育て中男性社員

受賞内容 詳細はこちら

【医療・福祉分野】医療法人社団東山会
適正な業務量の設定による医師の働き方改革を中心とした、トップマネジメントによる働きやすい環境作りの推進

取組内容

○医師について基本勤務ルール(5日勤務、公休日呼び出しなし等)や、入院患者担当数を設定するなどし、医師の働き方改革を推進
○女性医師比率が10年間で約30%から約40%に向上
○時間外労働時間や休暇取得率をトップマネジメント会議で共有し、業務改善や人員構成の変更を実施。ドック健診センターで残業ゼロ達成

(左)活躍する女性医師 (右)取り組みを進める東山会職員の皆さん

受賞内容 詳細はこちら

【教育分野】国立大学法人お茶の水女子大学
研究者支援、社会人女性を対象とした生涯学習講座により、女性リーダーを育成

取組内容

○研究が中断した女性研究者の復帰を支援するため、特別研究員として最長2年間雇用する「みがかずば研究員支援制度」(独自制度)を実施。「研究員補助者支援制度」「研究者一時支援制度」も展開
○企業等で管理職を目指す社会人女性を対象とした生涯学習講座「お茶大女性ビジネスリーダー育成塾:徽音塾(きいんじゅく)」を開講
○女性教員比率は50%超

徽音塾の様子

受賞内容 詳細はこちら

【個人】岩田敏江氏(瑞穂町社会教育施設耕心館ボランティア代表)
施設運営のボランティア活動を通じ、町の活性化に貢献

取組内容

○瑞穂町の施設運営ボランティアとして、「つるし飾り」を製作・展示
○つるし飾り展は、町を代表するイベントに成長
○一介の主婦からボランティアを開始し、17年間活動を継続現在はボランティアの代表を務める瑞穂のスーパーお母さん

(左)岩田敏江氏 (右)つるし飾り展

受賞内容 詳細はこちら

平成30年度 東京都女性活躍推進大賞 優秀賞

【産業分野】港シビル株式会社
新職域「施工管理事務」を確立し、ドボジョを育成!

取組内容

○新職域「施工管理事務」を確立。未経験者の女性を配置し、ドボジョの育成を図るとともに、監理技術者の残業時間をピーク時で10時間削減達成
○ライフイベントに合わせるため、時短勤務やテレワークを導入・活用

(左)活躍する女性社員

受賞内容 詳細はこちら

【産業分野】株式会社レオパレス21
女性の就業継続とともに、全社員のライフ・ワーク・バランスを推進

取組内容

○女性の就業継続意識を高めるため、ライフイベントによる退職者が復帰できる「カムバック制度」の導入を行う等、両立支援や女性社員のキャリア形成支援を実施
○男性の育児休業取得を推進(男性の育児休業取得率は33.3%。取得者のうち2割近くは1か月以上の取得)

(左)ダイバーシティフォーラムの様子 (右)女性活躍推進研修の様子

受賞内容 詳細はこちら

【医療・福祉分野】社会福祉法人嬉泉
職員の声に耳を傾け、育児と仕事を両立しやすい・働きやすい環境を実現

取組内容

○「次世代プロジェクトチーム」を立ち上げ、仕事と子育ての両立や働きやすい環境整備を実現。相談窓口の設置、経営トップへの提言や啓発活動を展開し、育休取得・復帰者数の大幅増加
○職員の意見を聞きながら、納得性の高い評価システムであるキャリアパスを構築し、更なる定着率向上を目指す。

(左)嬉泉で働く職員 (右)職場復帰セミナー

受賞内容 詳細はこちら

【医療・福祉分野】社会福祉法人奉優会
きめ細やかな両立支援と成果主義の実践等による女性の活躍推進

取組内容

○客観的な評価基準を用い、成果に基づく評価を実践することで、育休復帰後の時短勤務者でも積極的に管理職に登用(部長以上の女性比率:44%)
○無認可保育所の保育費一部補助「FORYOUキッズサポート」や、時間短縮勤務の無期限延長制度など両立支援制度の実施

(左)奉優会で活躍する女性職員 (右)女性職員による打ち合わせの様子

受賞内容 詳細はこちら

【教育分野】国立大学法人東京農工大学
理系女性研究者への総合的支援や積極的登用を展開

取組内容

○産休取得期間にある女性研究者に専任産休ポスドクを雇用し、研究が中断しないよう支援。育児期には研究支援員の派遣を実施
○ポジティブアクションにより、女性教員の採用、幹部登用を推進(女性常勤教員比率平成20年度:5.4%→平成29年度:13.7%)

(左)女性活躍推進セミナー (右)産休ポスドク制度研究支援員派遣制度

受賞内容 詳細はこちら

【個人】関直美氏(シテ方宝生流能楽師、音楽博士、茶道裏千家教授、伝統文化普及団体伝統の橋がかり代表)
男性中心の伝統芸能の世界で、能楽師として活躍

取組内容

○男性中心の伝統芸能の分野で、能楽師として活躍
○伝統文化普及団体「伝統の橋がかり」を立ち上げ、子供たちや外国人など多様な人々に伝統芸能の魅力を発信

(左)関直美氏 (右)関直美氏による能の様子

受賞内容 詳細はこちら

平成30年度 東京都女性活躍推進大賞 特別賞

【産業分野】株式会社井口一世
実力主義と制度の整備により、女性の活躍を推進

取組内容

○実力主義による評価を徹底(女性社員比率50%、女性役員比率:50%、女性管理職比率:67%)
○全員が多能工となれるよう、職域を限定せずジョブローテーションを実施し、休暇を取りやすい環境づくりを推進

(左)現場で活躍する女性社員 (右)代表取締役と女性社員の座談会

受賞内容 詳細はこちら

【地域分野】一般社団法人建築設備技術者協会
女性技術者のネットワークを作り、仕事の魅力ややりがいを発信

取組内容

○企業内で孤立しやすい女性技術者を対象に、交流会や見学会を実施し、ネットワークを形成
○平成24年に4名の発起人で発足した設備女子会の登録者数は、600名以上に増加

(左)設備女子会運営委員会・事務局の皆さん (右)交流会の様子

受賞内容 詳細はこちら

いかがでしたか?
よく耳にする「女性の活躍」ですが、こうして各企業や団体がどのような取り組みをしているのか見ることで、なんとなくイメージできたのではないでしょうか。

女性の働きやすさを考え実行している企業などは増えてきています。規模やブランドだけに惑わされず、女性の活躍にチカラを入れている企業という観点で選択することも、長く自分らしく働ける会社と出会うコツなのかもしれません。

東京都女性活躍推進大賞 詳しくはこちら

マイナビ学生の窓口広告企画
提供:東京都生活文化局

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催