実在の商品を使ってマーケティング体験!? 資生堂×学窓ラボ「レシピストラボ」潜入レポート

学生の窓口編集部YM
2018/09/14
SPONSORED お出かけ・イベント
あとで読む

様々な世代に愛され続けている資生堂から、2017年に誕生した低価格帯スキンケアブランド「レシピスト」。なんと今回、大学生世代がターゲットという共通点から、マイナビ学生の窓口が運営する大学生コミュニティ「学窓ラボ」とのコラボイベントが実現!

気になるその内容は、マーケティングの知識を学びながら「レシピストの“大学生向け“販促プランを実際に考えてみる!」というもの。

コスメ好き&マーケティングに興味がある女子大生たちが一同に会したコラボイベント「レシピストラボ」。その一部をさっそくレポートしちゃいます!

“気分が上がる”ブランド♡資生堂「レシピスト」って?

ネット通販をメインに展開する、ミレニアル世代の肌に着目して作られたスキンケア&ボディケアブランド。環境やライフスタイルに左右されがちな素肌をうるおいで整え、「キレイの基礎力」ある肌へと導く実力派コスメ!

シンプルでかわいいパッケージ、自然由来の成分や心をほぐす香り、手の届きやすい価格帯など「気分が上がる」要素がぎゅっとつまったまさに大学生世代におすすめのアイテム♪

「レシピスト」ブランド公式サイト

資生堂の美容情報サイト「ワタシプラス」

マーケティングって、”身近な人を幸せにすること“だと思うんです
はじめにそうメッセージを下さったのは、ブランドマネジメント部のレシピスト担当・服部裕子さん。レシピストの商品設計や、ここでしかきけない(!)ヒミツの開発秘話について教えてくださいました!

服部さん「皆の“気分があがる”アイデアをたくさん出してください!」

商品を知らねば戦はできぬ!服部さんのレクチャーを踏まえ、まずは実際にレシピストのアイテムを体験してみることに。グループ毎に資生堂社員さん直々の解説つきという贅沢さ!(笑)

化粧水・美容液をメインに、リップやボディパウダーなども♪

「パッケージかわいい~!」

「このボディパウダー、BBクリームでメイクした後にのせてもよさそう♪」
「私、敏感肌で香料とかすぐ赤くなっちゃうんだけど、これは大丈夫だ……!」
「すっごいいい香り!アガる~♡」

グループごとに、さまざまな感想が飛び交いました♪

続いてマーケティングパートへ

レシピストがどんな商品か理解できたら、マーケティングの作業に移ります。
基礎知識について教えてくださったのは、EC事業推進部の池田朋紀さん!

“どこで戦うのか?”と“どうやって戦うのか?”。この2つの整合性をとるための作業がマーケティングです」

有名飲食店チェーン2社を例にした池田さんの解説で、同じ業種でも「ターゲット」や「ポジショニング」によって戦略が全く異なることがわかります。

これをレシピストにおきかえると、「ターゲット」=「大学生」、「ポジショニング」=「気分が上がるブランド」を踏まえて考えることが重要!

池田さん「変化するお客さまのニーズ・インサイトに、自社の強みを最大限に活かし、競合に真似のできないレベルで向き合うこと。でも、これを意識しすぎてもキレイになりすぎちゃうから、まずは自分のインサイトを大切に考えてみてください」

ターゲットである大学生の気持ちは、大学生である自分が一番分かっているはず!ということで、続いては「化粧品を購入するときの行動」を各自で振り返ってみます。

ふせんに書き出し、「情報収集」「購買決定」「購入」の流れで分類。

好きなモデルがインスタにあげていた」「友達から紹介された」「店頭で見かけた」……とにかく思いついた順にどんどん書き出す!

10分の個人ワークの後は、グループ内で共有してまとめ作業

みんなの購買行動の傾向から、そこに当てはまるような
販促プランを考えていきます(みんな真剣……)

グループ毎にプランをまとめたら、いよいよ発表準備!
はたして優勝はどのグループに…?

発表!レシピストが大学生の間で話題になるには…!?

各チームの個性あふれる発表内容は次の通り!

Aチーム:レシピストお泊り会

大学生の購買行動「情報収集」フェーズに着目。学生がお手本にしているインフルエンサーや読モに素敵なホテルでお泊り会をしてもらい、レシピストで実際にスキンケアする様子をSNSで拡散してもらう企画。

Bチーム:マイボトルデザインコンテスト

自分なりにデコレーションしたボトルの写真をSNSで投稿するキャンペーン企画。自分たちが使ってみて実際に気分が上がったことから「使えば必ず良さがわかってもらえるはず」と発想。店舗展開がなく手にとる機会が少ない中、それでも手に入れたくなる方法を考えた。

Cチーム:人気タレントトークショー@ショッピングモール

「手にとってもらえれば必ず良さがわかる」と考えたのはBチームと共通。大学生がよく行く場所で、大学生に人気のモデルによるトークショーを開催することにより、商品へのリアルな接触とSNS拡散を狙った企画。
幅広い層にリーチするため、美人系とカワイイ系2タイプのモデルを起用するのがポイント。

Dチーム:“大学生のための資生堂”プロモーション

大学生にとって「資生堂のイメージ=高くて良いものである」というインサイトに着目。「資生堂“なのに”安い」「資生堂“だから”カラオケオールにも耐えられる」といった、大学生のリアルなライフスタイルにあてこんだメッセージをSNSやWEB記事で発信する企画。

Eチーム:“届くよろこび”キャンペーン

「スキンケアアイテムをネットで買うことに抵抗がある」というインサイトに着目。公式通販で買うとお試しで2個セットになる、公式通販限定でデパコスのような気分の上がる包装をするなど、オンライン購入のハードルをさげ、かつ付加価値をつけるような企画。

全チームの発表が終わると、審査員であるブランドマネジメント部 新規接点開発室の長野室長より、1グループずつ丁寧な講評が……!

長野室長、ありがとうございます!

さて、室長が選んだ最も面白い「レシピストが大学生の話題となるためのマーケティングプラン」は……!?

Bチームの「マイボトルデザインコンテスト」でした~~!!

かなりの接戦だったようですが、レシピストのキーワードである“気分が上がる”をメインに発想した点が良かったのかもしれないですね。

優勝者のBチームには長野室長からレシピスト商品のプレゼント♪

優勝記念!レシピストの化粧水と一緒にぱしゃり

優勝を逃したチームにも、全員にお土産をいただきました!
資生堂さん、太っ腹!!

参加者の感想はこちら♡


大学生にもっとレシピストの魅力を知ってもらいたい!という気持ちと、資生堂さまの多大なるご協力から実現した今回のコラボイベント。

今後も楽しくて役に立つイベントを企画していきますので、お楽しみに♡

資生堂公式サービス「ワタシプラス」会員募集中!

「ワタシプラス」は、化粧品や美容についての質問・お悩みに様々な方法でお応えする資生堂公式のwebサービス。会員登録(無料)すると、オンラインショップで使えるポイントやサンプルプレゼント、パーソナルアドバイスなど、会員限定のお得なサービスが受けられる!

毎年増え続けている300万人以上の会員数(2018年現在)が満足度の証。気になる人はさっそくCHECK!

レシピストももちろんここから買えます♡
さっそくワタシプラスの会員になる!

企画:マイナビ学生の窓口 編集部
提供:資生堂ジャパン株式会社

関連記事

あなたにオススメ

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催