【くいだおれだけの大阪ちゃうで♥】現代アートの魅力を体感できる『国立国際美術館』に潜入してみた!

学生の窓口編集部(YY)
2018/09/03
SPONSORED 学生トレンド
あとで読む

大阪といえば、新世界のようにディープな街並みやくいだおれのイメージが強いですよね。 しかし、大阪を楽しむ新定番として、知性や感性を磨ける美術館に大注目! 関西の学生も、観光で大阪に遊びにくる学生も、『国立国際美術館』で現代アートに触れてみたら、今まで知らなかった大阪をもっと楽しめること間違いなし。

今回、潜入するのはこの2人!

土屋さん(大学3年生)
大学では中国語を専攻。 現代アートは詳しくないけど、ときどき展覧会へ出かけることも。 そろそろ始まる就活に向け、人間力を高めたいと考えている。
今井さん(大学2年生)
大学ではペルシャ語を専攻。 土屋さんとはダンスサークルの先輩・後輩の関係。 異文化に興味があるので、どんな国際的な作品が見られるか楽しみ。


『国立国際美術館』の“あの方”とご対面!

『国立国際美術館』の魅力に迫るべく、副館長の中井さんにお話を伺いたいと思います。 いざ、ドキドキのご対面!


「こんにちは! 今日はよろしくお願いします!」

今回紹介してくれるのは、この方!

中井さん
『国立国際美術館』の副館長 兼 学芸課長。 専門は日本とイタリアの近・現代美術。 これまで多数の展覧会を企画している。


「今回、こちらの美術館で現代アートの魅力を体感できると聞いてやってきました」


「なるほど、国立国際美術館では20世紀以降の作品をたくさん展示しています。 他では見られないような現代アートも楽しめますよ」


「それは楽しみです!」


副館長が紹介する『国立国際美術館』のこの作品に注目!

新しい方法論に注目してほしいアートは……

*加藤翼 《言葉が通じない》(2014年)


「これは写真と映像でひとつの作品なんですね! どちらから見ればいいのでしょうか……?」


見る順番はどちらからでもいいんですよ。映像には2人の男性が出てきますが、この2人は何をしているのでしょうか?」


「何だろう……? 2人で何か共同作業をしていますね。でも、1人は日本語で話しているけれど、もう1人が話しているのは韓国語……? 2人の話はかみ合っていないような……」


「おっしゃるとおり、2人の話はかみ合っていないようですね。この作品は、日本とその隣国である韓国とのコミュニケーション・ディスコミュニケーションを現し出しています。隣国間の問題っていろんなところであるでしょう。それをアートでどう表現するか。 現代アートは今、社会問題をテーマにしたものがすごく多いんです」


「全く想像していなかったバックグラウンドが……! 話を聞くとまた見方が変わりますね」


「アートって私たちが見ることのなかった新しい視点を与えてくれるものなんですよ」


「新しい視点! そもそも現代アートの定義ってあるのでしょうか?」


以前からある方法論を超えていくというのが、現代アートの定義といえば定義ですね。 この作品もひとつの作品に写真と映像があって、単体では新しくないけど、双方で補完し合いながらひとつの作品になっているところが新しく、面白いですよね」


「へえ〜!現代アートの作家さんは常に新しい試みを考えているんですね」

この作品は「コレクション1 : 2014 → 1890」(会期:2018年10月14日(日)まで)で観ることができます!


社会問題をテーマにした注目のアートは……

*孫原&彭禹(スン・ユエン&ポン・ユー) 《I am here》(2007年)


「これも社会問題をテーマにした作品です」


「リアル過ぎてドキッとしますね」


「この作品の人物は誰だと思いますか?」


「なんだろう? 何かを覗いている人……?」


「これはアフガン兵なんですよ。 2007年のモスクワ・ビエンナーレで発表された作品なんですが、当時アフガニスタンでの紛争が社会問題になっていました。 国際的な展覧会場に集うような富裕階級の人たちを脅すかのように、モデルガンを持ったアフガン兵が壁越しに覗いている。 とても政治的でインパクトのある作品です」


「そういう意味だったんですね! メッセージ色がすごく強い。 ここに穴は開いていないんですか?」


作品が展示されている壁には穴が開けてあります


「でも壁が厚くて、ちょっと遠いんですよね。ビエンナーレ会場ではもっと近くにアフガン兵の目が見えていました」


「ちょっと覗いてみよう。あ! ほんとだ! 目が見える!」


「こういう楽しみ方ができるのは面白いですね! ここにある展示作品はどなたが決められるんですか?」


学芸員みんなで相談して決めます。 自分たちが企画した展覧会の後に、残したいと思うものを購入して展示することもあります」

この作品は「コレクション1 : 2014 → 1890」(会期:2018年10月14日(日)まで)で観ることができます!


注目すべき大阪の作家が手がけたアートは……

*森村泰昌 《フェルメール研究(大きな物語は、小さな部屋の片隅に現れる)》(2004年)


「森村泰昌さんという作家はご存知ですか? 作品の中の主人公に変装して入っていくという方法論で、世界的に著名になった現代アーティストです。 実は森村さんは、生まれも育ちも大阪なんですよ。 今も大阪にアトリエを持って活動されています」


「そうだったんですね!」


「この作品の元の絵は、フェルメールの《絵画の寓意(画家のアトリエ)》(1666/68年頃)というとっても有名な作品です。 カメラ・オブスキュラ(暗箱)を用いて描いたのではと言われている作品で、森村さんはこの作品でその方法論を再現してみせました。この作品はどこで撮影されたものだと思いますか?」


「えーと……大阪の森村さんのアトリエですか?」


実はここ、国立国際美術館なんです。国立国際美術館は2004年に中之島に移転したんですけど、移転の開館前にこの広いスペースを利用して、森村さんがフェルメールの絵画の世界を再現し、写真撮影を行ったんです。 しかもまさに、今、お二人が立っているこの展示室で」


「すごい感動〜!そういう裏話を聞くと、さらに特別感を感じられますね」


「現代アートの魅力のひとつは、作家と私たちが同時代の空気を吸って生きていることですね。 フェルメールの作品は4世紀も前のオランダが舞台ですが、森村さんが再現することで時空を超えて楽しむことができます」


「現代アートって表現が自由ですよね。 作品の裏側にある社会問題などが聞けて、とっても面白かったです!」


「そんなふうに感じていただけたら嬉しいです。 ぜひまた遊びに来てください」

この作品は「コレクション1 : 2014 → 1890」(会期:2018年10月14日(日)まで)で観ることができます!


もっと! 『国立国際美術館』の楽しみ方

1.作家のリアルな声が聞けるイベント!

展覧会によっては作家さんの生の声が聞ける講演会なども開催しています。同時代を生きる作家さんの素顔に触れられるのは現代アートならではの魅力! ぜひホームページなどで開催日時をチェックして。

2.夜間開催のイベントも楽しもう!

美術館って早く閉館しちゃう、なんて思っていませんか。 実は『国立国際美術館』は金曜日と土曜日は20時までオープン2018年7月21日〜10月14日の金曜日・土曜日はなんと21時まで開いているんです!(入場は閉館の30分前までです。)金曜日の夜にはイベントを開催することもあるので、学校帰りに立ち寄ってみては。

3.学生証を提示すれば観覧料が無料または割引に!?


「国立美術館キャンパスメンバーズ」の加盟校の学生であれば、窓口で学生証を提示するだけで特典を受けられる!利用できるのは国立美術館。 関西では国立国際美術館京都国立近代美術館の2つ、東京には東京国立近代美術館国立映画アーカイブ国立西洋美術館国立新美術館の4つの国立美術館があります。

※加盟校のメンバー区分によって特典を受けられる美術館が異なります。 国立美術館キャンパスメンバーズウェブサイト、もしくは各美術館の券売所で確認しましょう。

キャンパスメンバーズをもっと詳しく知りたい!

自分の学校を探そう!

国立国際美術館へ行こう!


大阪の中心部・中之島にある『国立国際美術館』はJR大阪駅からも徒歩圏内。 パッと目を惹くフォトジェニックな外観は、竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージしたデザインだとか。 国内外の現代美術作品を多数所蔵していて、地上1階、地下3階という建物のつくりもユニーク!



SNS映えもバッチリ!



2018年10月14日(日)までは「プーシキン美術館展——旅するフランス風景画」を開催中。 クロード・モネが描いた《草上の昼食》(1866年)など日本初公開の絵画を含む、17世紀から20世紀の風景画が時代の流れとともに展示されています。 展示室の最後には絵画の中に入り込むような撮影コーナーがあり、SNS映えする写真も撮れちゃう!

さらに、毎週金曜日・土曜日の17時から21時は、プーシキン美術館展の会場内で写真撮影が可能(一部の作品を除きます)。お気に入りの絵をぜひSNSでシェアしてくださいね。

『国立国際美術館』へ行こう!

『プーシキン美術館展』が気になる!

他の国立美術館もチェック!

提供:独立行政法人国立美術館

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催