ゆとり世代とはいつからいつまで? 現在の年齢と特徴を時代背景とともに解説

編集部:すい
2018/07/31
学生トレンド
あとで読む

「ゆとり世代」とはいわゆる「ゆとり教育を受けた世代」のことです。かつての日本では、義務教育の短い期間の中で、膨大なカリキュラムを圧縮して教える「詰め込み教育」が行われていました。しかし、1980年度以降、数回にわたりカリキュラム内容を精査し、学習時間を減らしてゆとりを持たせるような学習指導要領の改訂が行われました。この「ゆとりある教育を受けた世代」が、ゆとり世代と呼ばれているのです。

ゆとり世代とはいつからいつまで? 現在の年齢と特徴を時代背景とともに解説

ニュースなどでたびたび耳にするこの「ゆとり世代」という言葉。では、そもそも何年生まれからがゆとり世代に分類されるのでしょうか? 今回は、どの年代に生まれた人がゆとり世代に当たるのか、またゆとり世代が生まれた時代背景などをまとめてみました。

▼こちらもチェック!
現役大学生に聞いた、自分達は「ゆとり」じゃなくて〇〇世代だ! と思うこと5選

ゆとり世代はいつからいつまで?

ゆとり世代は「ゆとり教育を受けた世代」とされていますが、実際のところ何年生まれから何年生まれまでがゆとり世代なのかは明確に定まっていません。というのも、「ゆとりを持たせる学習指導要領の改訂・実施」が1980年度、1992年度、2002年度の3度にわたって行われているからです。それぞれどのような変化だったのか整理してみましょう。

1. 1980年度のゆとり教育を受けた人

1980年度の改訂ではカリキュラムの精査や授業時間の削減が行われたほか、「ゆとりの時間」という「学校が創意を生かした教育活動を行う時間」が設けられるなどしました。初めてゆとり教育が行われたため、この時期に小中校生だった世代以降をゆとり世代だと考えている人もいます。

2. 1992年度のゆとり教育を受けた人

1992年度もカリキュラムの精査や授業時間の削減が行われ(施行は小学校が1992年、中学校が1993年、高等学校が1994年)、この年の9月から第2土曜が休みになりました。その後、1995年度からは第4土曜も休みになります。この世代からをゆとり世代とするケースも見られます。

3. 2002年度のゆとり教育を受けた人

そして2002年度の学習指導要領改訂では、小中学校の学習内容のうち3割を削減し、その分を高校での指導に回すこととなりました。またこの年から土日は休みになり「完全学校週5日制」となりました。大幅な学習内容の削減や休みの増加が、「ゆとり」の印象を強めたのか、メディアがこの教育を受けた世代について「ゆとり世代」と呼び始めました。その影響で、この年代に教育を受けた世代をゆとり世代だと考える人が一般的に多いようです。

以上を踏まえ、どの時代に教育を受けた人たちのことを「ゆとり世代」と考えるかによって「ゆとり世代」の捉え方も分類されます。

(1)1980年度に施行されたゆとり教育を受けた人

1966~2003年生まれの世代まで、全てがゆとり世代。(2018年現在では、52歳~15歳までの人)※1966~1987年生まれまでの世代をゆとり第一世代とする考え

(2)1992年度に施行されたゆとり教育を受けた人

1979~1986年生まれの世代。(2018年現在では、39~32歳までの人)

(3)2002年度に施行されたゆとり教育を受けた人

2002年度から2010年度まで続いたゆとり教育を受けた1996~2003年生まれの世代。(2018年現在では、22歳~15歳までの人)

と諸説あり、このうち(3)の「1996~2003年生まれの世代」をゆとり世代とする傾向が強い、と考えておくといいかもしれません。

ゆとり世代が生まれた背景

ゆとり教育は「生徒自身で考える力を養うこと」を目的として導入されたものです。かつての詰め込み教育では、大学入試の突破を目標に、暗記メインで「とにかく知識を増やすための指導」を行っていました。それにより子どもたちの試験の点数の平均は上昇しましたが、暗記したことをすぐに忘れたり、詰め込み過ぎるあまりに授業についていけない子どもが増加するなど問題がありました。

そのため、「生徒が自分で考え、学習内容を正しく理解して覚えられる」ように、詰め込まれていたカリキュラムを精査し、授業に余裕(ゆとり)を持たせるような教育が求められました。これに従って改訂・導入されたのが1980年度からの「ゆとり教育」です。

以降、「脱詰め込み」を目指して学習指導要領の改訂が行われ、先述の通り第2土曜日が休みになるなどのゆとりある学校生活に変わっていきます。2002年度では、児童が自発的に学習を行う「総合的な学習の時間」が導入されるなど、より思考力を養うための学習内容に改訂されました。

ゆとり教育を導入した結果、子どもが自ら考える力が向上し、それぞれの個性を伸ばすことができたなどの声が一部の識者から挙がりました。しかし一方では、ゆとり教育導入後に「国際学力テスト」の日本の順位が下がったなどとして、「ゆとりを持たせたことで学力が低下した」との批判の声も少なくありませんでした。

その結果、2000年代後半にゆとり教育での授業内容や授業料を改めた「脱ゆとり教育」が掲げられるようになります。そして脱ゆとりをテーマとした新たな指導要領が、2011年度(小学生)から実施され、現在に至っているのです。

ゆとり世代の特徴

「ゆとりを持たせたことで学力が低下した」など、ネガティブなイメージのあるゆとり世代ですが、この世代には以下のような特徴があるといわれることがあります。

・仕事よりもプライベートを重視する
・指示がないと自分から動かない
・挫折から立ち直れない
・物欲がなく、物への執着が薄い
・恋愛や結婚への興味が薄い

他にも、「無気力・無関心」といった言葉で表現されるなど、ゆとり世代はマイナスの印象を持たれがちで、一部の識者からは、こうした特徴があるのは「ゆとりのある教育を受けたから」と指摘されてきました。しかし、本当にそうなのかは、脱ゆとり教育を受けた世代が大人になり、世代間の比較をしてみて、初めてわかるかもしれません。

ゆとり以外もある「◯◯世代」

ゆとり世代のように、共通する特徴を持つ世代を「○○世代」と表現しますが、中でも有名なのは「さとり世代」。さとり世代は、「悟りを開いた僧のように物欲がないように見える人」が多い世代のこと。2013年に流行語大賞にもノミネートされました。

このさとり世代は、一般的に1980年代中ごろから1990年代中ごろに生まれた人を指すといわれています。現在20~30代の若者といった、実にアバウトな定義で、一部はゆとり世代ともかぶっていますね。

ほかにもここ2~3年で登場したものに「つくし世代」というものがあります。こちらは、主に現在10代の若者のことを指す考え方が一般的のようです。このつくし世代は、自らの個性を重視し、人に「尽くす」ことを喜びとする世代だといわれています。また、スマートフォンを使ってSNSなどで交流することに重きを置いている傾向もあります。「webコミュニケーション能力の高い世代」といえるかもしれません。

まとめ

「これだからゆとり世代は……」といった有名なフレーズがあるように、何かと標的にされてきたゆとり世代。あと数年で最後のゆとり世代が高校を卒業します。現在は脱ゆとり教育ですから、もしかしたらこの先「脱ゆとり世代」などの言葉も登場するかもしれませんね。また、さとり世代やつくし世代など、時代背景から生み出される「○○世代」はさまざまなものがあります。今後、どんな「○○世代」が登場するのかにも注目したいところです。


参考⇒文部科学省「学制百二十年史-第三編 教育・学術・文化・スポーツの進展と新たな展開-第三章 初等中等教育-第二節 教育内容・方法の改善-一 教育課程の改訂」

参考⇒文部科学省「小学校学習指導要領 文部省告示第175号」

参考⇒文部科学省「中学校学習指導要領 文部省告示第176号」

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催