大学生におすすめしたい、ファンタジー小説20選!

学生の窓口編集部:ナベ子
2018/07/26
ネタ・おもしろ・エンタメ
あとで読む

魔法使い、モンスター、異世界……私達を現実とは違う世界に連れて行ってくれるファンタジーですが、一方で「こどもっぽい」と敬遠されることもあります。ここでは、古典を舞台にしたものや社会人になる前に読んでおくべきファンタジーなど、大学生の今読んでも面白い!とおすすめできる20作品を集めました。

目次
  1. 日本の古典も楽しめるファンタジー小説
  2. 現実世界とつながっているファンタジーの世界
  3. 童心にかえるファンタジー小説

大学生におすすめしたい、ファンタジー小説20選!

日本の古典も楽しめるファンタジー小説

ファンタジー小説1『月神の統べる森で』たつみや章 ~縄文vs弥生の争いを描く~

神様も精霊も、人と繋がっていた時代。自然に感謝し、恵みを受けていた「ムラ」の民と、突然海からやってきて土地を奪い「クニ」を作った「ヒメカの民」。それぞれの思いを胸に抱き、時代を大きく変える戦いが始まります。これまであまりなかった縄文時代にスポットをあてたファンタジー小説です。 

ファンタジー小説2『空色勾玉』荻原規子 ~日本神話を元にしたファンタジー~

空色勾玉

イザナギ・イザナミからはじまる日本神話を下敷きにした古典ファンタジー。神様の視点ではなく「巫女」という視点で描くことで、活き活きとした冒険物語になっています。ほかにシリーズとしてヤマトタケルノミコトをモデルにした『白鳥異伝』、奈良時代が舞台の『薄紅天女』もありますので、併せて読むとより日本神話の世界を楽しむことができます。

電子書籍で読む

ファンタジー小説3『酒天童子』竹下文子 ~源頼朝伝説を集めた古典冒険譚~

源頼朝と、渡辺綱を筆頭に四天王と呼ばれる4人の家来が妖怪退治に挑む冒険ファンタジーです。といっても、完全な創作ではなく、『平家物語』や『今昔物語集』、『土蜘蛛草子』などあちこちに散らばった源頼光のエピソードを元に書きあげたものです。源頼光にスポットをあてた古典ファンタジー。これを読んだあと、古典文学がとても身近に感じられるようになります。

ファンタジー小説4『豆腐小僧』京極夏彦 ~自分の存在意義とは何か?~

豆腐小僧

ホラーの名手、京極夏彦さんのファンタジーともとれる小説です。妖怪の豆腐小僧はただ豆腐を持って立っているだけの妖怪。「自分が豆腐を持たなくなったらただの小僧か?消えるのか?」自らの存在意義を求めて旅に出ます。ほかの妖怪達も巻きこんでの豆腐小僧の旅。読み終えた後、前向きな気持ちになれる一冊です。 

電子書籍で読む

次のページ現実世界とつながっているファンタジーの世界

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「その他」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催