おすすめのミステリー映画20選! どんでん返し系から感動系まで、大学生のうちに観ておきたい名作は?

編集部:いとり
2018/05/23
学生トレンド
あとで読む

ミステリー映画は全然先が読めなかったり、いつどんでん返しがあるかドキドキしたりして、見ごたえがありますよね。絶妙なストーリーの流れや役者さんの演技に魅せられながら鑑賞していると、あっと言う間に終わってしまう作品も。今回は、是非大学生のうちに観ておきたい、おすすめミステリー映画を20作品ご紹介します!

目次
  1. 緻密なストーリーに魅了される!人気ミステリー映画
  2. 演技にも注目! 重厚な味わいのミステリー映画
  3. 日常に潜む闇を描くミステリー映画
  4. 見ごたえたっぷり! どんでん返しを楽しむミステリー

緻密なストーリーに魅了される!人気ミステリー映画

おすすめのミステリー映画・ゆれる

おすすめミステリー映画1.『ゆれる』

◎あらすじ
東京で写真家として成功し、自由奔放な弟・猛(オダギリジョー)は、母の一周忌のため、久しぶりに帰郷した。兄の稔(香川照之)と父が経営しているガソリンスタンドでは、猛と稔の幼なじみの智恵子(真木よう子)が働いていた。翌日、3人は近くの渓谷へ向かい、稔と智恵子が吊り橋を渡っている途中で智恵子が転落死してしまう。はじめは事故死として扱われていたが、途中から稔が「自分が突き落とした」と言い出し…。

観賞後、暫く頭から離れられなくなるほど、兄弟2人の言葉や視線、表情などを繰り返し思い出してしまう作品です。本当の真実は一体どうだったのか、その後2人はどう生きていくのか、などなど深く考えさせられる作品です。キャストさんたちの演技も素晴らしく、結末の見せ方もお見事。じわじわと後を引く味わい深い作品です。また、監督が書いた小説「ゆれる」では、智恵子の想いや稔の気持ちなども描かれており、小説を読むと再び映画が観たくなるのでこちらもおすすめです。

<映画情報>
公開日:2006年7月8日
原案・脚本・監督:西川美和
キャスト:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三

おすすめミステリー映画2.『22年目の告白-私が殺人犯です-』

◎あらすじ
1995年。日本を震撼させた5人の命が奪われる連続殺人事件が発生したが、事件は時効を迎えてしまう。22年後、曾根崎雅人(藤原竜也)という男が突然現れ、「自分がその事件の殺人犯だ」と名乗り出て、告白本の出版を大々的に発表する。曾根崎は一躍時の人となり、日本中に賛否渦巻くセンセーショナルな話題を巻き起こしていくが…。

韓国映画の『殺人の告白』を『サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督がリメイクした本作。現代のちょっと歪んだ社会と、日本特有の制度やスケールに置き換えて作られた見事なエンタメ作品です。前半のテンポのよさと、途中からのどんでん返しであっと言う間の117分。日本の司法制度や報道の在り方も考えさせられます。

<映画情報>
公開日:2017年6月10日
監督・脚本:入江悠
脚本:平田研也
キャスト:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル

おすすめミステリー映画3.『白ゆき姫殺人事件』

おすすめミステリー映画3.『白ゆき姫殺人事件』

◎あらすじ
日の出化粧品の美人社員、三木典子(菜々緒)の惨殺死体が発見される。暫くすると、あまり目立たない同僚女性の城野美姫(井上真央)に疑いの目が向けられていく。ワイドショー番組のディレクターを務めている赤星雄治(綾野剛)は、美姫の周辺取材を開始するとともにその足取りを追っていくが……。

人気のミステリー作家、湊かなえさん原作の心理ミステリー&サスペンス映画。とある殺人事件をきっかけに、さまざまな人たちからの証言と、ワイドショーでの取り上げ方から井上真央さん演じる地味なOL、城野美姫がいかにも容疑者かのように物語は進んで行きます。どこからが嘘で何が真実なのか。引っ切りなしに驚くようなニュースが報道されている今の現代社会に通じるものがあります。どんどん登場人物が怪しく思えてきて、展開がよめず最後まで楽しめる作品です。

<映画情報>
公開日:2014年3月29日
上映時間:109分
監督:中村義洋
脚本:林民夫
原作:湊かなえ
キャスト:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、金子ノブアキ、貫地谷しほり、小野恵令奈、谷村美月

おすすめミステリー映画4.『パレード』

◎あらすじ
都内でルームシェアする4人の男女。最年長でしっかりものの直輝(藤原竜也)は映画会社に勤める健康オタク、イラストレーター志望で雑貨屋店員の未来(香里奈)、大学生の良介(小出恵介)、若手人気俳優と熱愛中でフリーターの琴美(貫地谷しほり)。共同生活で本当の自分を隠しつつも上手く均衡を保っていたのだが、男娼のサトル(林遣都)が一緒に住み始めるとともに、それぞれの生活に変化が起こりはじめて……。

一見ヒューマンドラマのようなお話ですが、中盤あたりから妙な違和感を覚えてどんどん引き込まれてしまう作品です。公開は少し前の作品ですが、その後ルームシェアやシェアハウスがどんどん流行り始めていったので、本作の内容に近いような出来事が各所で起こっているのではないか……? と思ってしまった程。親しい人間と暮らしても些細なすれ違いから問題は起こるのに、それぞれのバックボーンを知らない人間たちとは何もトラブルなく暮らせるものなのか……!? 衝撃的な展開に思わず自分の日常を見直してしまうかもしれません。

<映画情報>
公開日:2010年2月20日
上映時間:118分
監督・脚本:行定勲
原作:吉田修一
キャスト:藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介

おすすめミステリー映画5.『鍵泥棒のメソッド』

◎あらすじ
自殺願望のある売れない役者の桜井武史(堺雅人)は、銭湯である男が転んだはずみに頭を強打して記憶を失う現場に居合わせる。とっさにロッカーの鍵をすり替え、彼になりすます桜井。その男は、伝説の殺し屋コンドウ(香川照之)だった……。

ミステリー映画と言っても、殺人事件が起こったり、不思議で神秘的だったりする作品だけではありません。内田けんじ監督の『鍵泥棒のメソッド』は、とても緻密に作られている、小ネタ満載でテンポのいいコメディ&ミステリー作品です。堺雅人さんと香川照之さんの演技がとにかく素晴らしく、“わかっているからこそ”見入ってしまいます。辛いことがあったときに観ると無条件にポジティブになれる作品の1つです。

<映画情報>
公開日:2012年9月15日
上映時間:128分
脚本・監督:内田けんじ
キャスト:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子、小山田サユリ、木野花、小野武彦

次のページ演技にも注目! 重厚な味わいのミステリー映画

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催