【サッポロビールの先輩社員】広域流通本部 広域営業統括部 第二営業部:三戸藍さん 2ページ目

編集部:いとり
2018/04/20
キャリア
あとで読む
学生時代編会話ができない留学先で文化交流

三戸さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は?

学生時代の三戸さん

▲学生時代の三戸さん

一番時間を費やしたのはバイトですね。焼肉屋さんで4年間働いたのですが、基本的に周りの人たちに恵まれていたので、最後まで楽しかったです。最終的にはバイトリーダーも任されたんですが、わたしの場合は指導するリーダーというより「みんなで楽しくやろう」というスタンス。仕事終わりに仲間たちと飲みに行く楽しさも知ることができましたし、4年間で社会の縮図を学んだ気がします(笑)。いまだにバイト先の店長さんとも仲良くさせていただいますし、あの経験はわたしにとっては財産だったと思います。

仕事で役立っている大学時代の経験は?

アメリカ留学は精神面で大きく成長した経験でした。留学先には日本の大学生もいたのですが、日本人だけでコミュニティーを作らないようにしたくて、外国人同士のルームシェアを選んだんです。まったく英語がしゃべれないのに、自ら過酷な環境にとびこんでいったのは今思えば、かなりチャレンジングだったと思います。イラン人とカナダ人の女の子と3人で住んでいたのですが、コミュニケーションを取りたいけれど、なかなか話せない。でも留学は1年しかない……。そんな中でわたしが考えたのは日本食をふるまうことや、YouTubeで日本のお笑いを見せることで、自分の国の文化を知ってもらうことでした。自ら未知の世界に飛び込んでいく勇気と工夫さえあれば、言葉は少なくてもコミュニケーションを取れることがわかったので、なにがあっても投げ出さないメンタルが構築されたと思います。

就活前にやっておいたほうがいいことは?

就活前にやっておいたほうがいいことは?

これは入社してみて思ったことなんですが、就職した後はどうしても同じ会社の人ばかりと関わりがちですよね。なので、学生のうちにいろんな会社に訪問してみたり、業界ごとの違いを感じてみたり、学生のうちからいろんな企業を覗いてみることをおすすめします。これはわたしができなかったことでもあるのですが、就職活動では業界を絞らず受けてもいいと思います。自分はここがいいんだと思っていても、思いもよらない発見があるかもしれませんし、別のなにかで自分の力が生かせるかもしれません。もっと視野を広げみて、その上で自分とマッチした会社を探してもいいと思いますよ。

 

三戸さんの楽しくリラックスした雰囲気に、終始スタッフも笑顔が絶えないインタビューでした。人を引き寄せる天性の明るさと、海外留学で培ったチャレンジする強さを持った三戸さん。チームの若きムードメーカーとして活躍する姿が目に浮かびます!

DATA

趣味:旅行、最近打ちっぱなしを復活させたゴルフ
特技:スノーボード、どこでも寝られること
就活で受けた企業数:30〜40社
志望していた業界:食品メーカー
今の会社の魅力:若手が重要なポジションを担える。先輩や上司と距離が近い。

文・田本麻未(M-3)
写真・木下幸樹(ブリッジ)
取材協力:サッポロビール株式会社

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催