【サッポロビールの先輩社員】本社エンジニアリング部:多賀啓之さん

編集部:いとり
2018/04/20
キャリア
あとで読む
 【サッポロビールの先輩社員】本社エンジニアリング部:多賀啓之さん
プロフィール:多賀啓之(たが ひろゆき)
東京大学大学院工学系研究科を修了後、2011 年にサッポロビールに入社。静岡工場で5年間従事し、その後本社エンジニアリング部に所属。ビール工場の電機周りを中心に、設備に関する導入や更新の必要有無を検討し、導入にあたっての細かな方向性を決める業務を担う。2018年4月より仙台工場エンジニアリング部所属。

「乾杯をもっとおいしく。」のキャッチコピーでおなじみのサッポロビール株式会社は、創業140年以上という長い歴史の中で「サッポロ生ビール黒ラベル」や「ヱビスビール」といったロングセラー商品を生み出し、働くすべての人を“乾杯”で労う、そんなものづくりを続けています。今回登場してくれたのは、ものづくりにおいて必要不可欠な技術職でありながら、スポットライトを浴びることの少ない“縁の下の力持ち”、エンジニアリング部の多賀さんです。今、多賀さんが感じている仕事のやりがい、入社までのエピソードなどをたっぷりと伺いました。

▼サッポロホールディングスの先輩社員をもっと見る!
サッポロホールディングスの先輩ロールモデル一覧

社会人編より効率のいい環境をインフラ視点で追求

今のお仕事はどんな内容?

サッポロビールでは北海道や千葉、静岡など各地にビール工場を持っています。わたしが所属している本社エンジニアリング部では、各工場にどんな設備投資をしていくか、どんな設備が必要かといった、予算から実際の設備設計の検討、設備管理、工程管理まで、あらゆる工場の設備に関する業務を担っています。わたし自身は電気系を担当していて、例えばビールを充填するマシンや製品を運搬するコンベアが古くなっているので新しい設備を導入するとか、制御システムを更新するといった具体的な設備の改善を検討しています。

実際に機械やシステム導入を検討する段階では、自分1人だけでは判断できないので現場の声を吸い上げて、その上で最適解を出していきます。それぞれの工場で気にしている部分が違ったりするので、本当に求めているものは何か?ということを見極めることが大事です。また、それをさらに設備メーカーや工事会社さんと調整して、予算の中で我々が求めているモノを作っていただくのも仕事のひとつです。

一番楽しかった&つらかった仕事は?

多賀さんインタビュー中お写真

我々エンジニアリング部は、世の中にある技術を活用しながら生産性の高い環境づくりをすることがひとつの大きなミッションです。コストダウンの部分は特にデータ上でわかりやすく評価ができる部分。静岡工場にいた頃、省エネ設備を取り入れたいと伝えたところ、本社でそれが採用となり、大幅なコスト削減に繋がったときは大きなやりがいを感じました。それが成功事例となり、静岡工場以外にも取り入れられ、自分の声が会社全体へ影響しているといううれしさもありました。トップダウンの判断ではなく現場の声をすばやく取り入れてくれる姿勢は、うちの会社のよさでもあると思います。

同じく現場にいた頃は、直接的な施設の管理を任されていたので大きなプレッシャーもありました。入社2年目の頃に、工場全体に電気を供給している受変電設備の更新工事の責任者として仕事を任されたのですが、更新のためには工場全体の停電が必要になります。タンクの中に製造途中の液体も入っているので、どう温度を維持するかを考えつつ、どのタイミングで、どのように工場をストップするかという判断も行わなければいけません。そんな中で、予定していた日に台風が上陸すると聞いたときはかなり焦りましたが、関係者の協力を得ながら再調整を行い、スムーズに対応を行うことができました。想定外の作業もありながら、最終的には何事もなく製品を安定供給することができたのですが、このときは肩の荷が下りたような気持ちでした。大規模なシステムチェンジだったので責任は重大でしたが、今となっては自信につながった経験のひとつだと思っています。

今の会社を選んだ理由は?

エントリーした理由はもともと黒ラベル、エーデルピルスが大好きだったということ、決め手はこの会社で働けたら楽しそうだな、という直感があったことです。採用過程の中で特に印象に残っているのは千葉工場の見学をした際に、工場長を含む社員とビールを飲みながら交流や質疑応答を行う時間があったこと。「お酒を飲みながら話を聞けるなんて、なんていい会社なんだ」と思いましたし、その中で出会った人たちもリラックスした雰囲気で、楽しく働いている印象が強かったんです。どんな仕事をするかより、大好きな商品の製造に携われ、楽しく働けそうという理由で即決したこの会社が本当に温かい人ばかりで、仕事も楽しくできているのは、本当に運がよかったなと思います(笑)

次のページ多賀さんが学生時代に一番力を入れたことは

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催