社会人になる前にマネールールを見直そう! “お金の賢人”が教える「新社会人 マネーのいろは」

学生の窓口編集部YM
2018/04/10
PR 将来を考える
あとで読む

こんにちは!学窓編集部です。

突然ですが、貯金してますか?

年金もらえないかも……とか、税金あがるかも……みたいなニュースを見ていると、早いうちからある程度貯めておいたほうが将来安泰な気がしますよね。

一見社会人になれば収入が増える=貯金が増えるようにも思えますが、実際なってみるとそうでもないんだなあこれが……(遠い目)

それじゃあ、効率よく貯金を増やすにはどうしたらいいの?
ということで、楽天株式会社さん主催の「新社会人 マネーのいろは」セミナーに学窓ラボメンバーが参加してきました!

ラボメンバーレポート目次
■お金は「使う」「守る」「増やす」に分ける!
■お金をためるなら計画的な運用がキモ!
■衝撃!給料が同じ場合、手取りはどんどん下がる!?
■サービスを上手く活用して、年間9万円もお得に!
■「使う」「守る」「増やす」に沿った金融商品を選ぶ!
■まとめ:無理なく貯蓄できる賢いマネールールをつくるには?

前半ではファイナンシャルプランナーの風呂内先生が
学生にもわかりやすく「マネーのいろは」を伝授!

お金は「使う」「守る」「増やす」に分ける!



いずみさん(大学1年生)

大学に入学してアルバイトを始めたけれど、社会人になってからのお金のやりくりについて分からなかったので、このセミナーに参加しました! 

今回の風呂内先生のお話では、お金の色分けというものを知りました。

一つ目は「使うお金」と言い、毎日の支払いやいざという時に必要なお金で目安は100万円程度とされています。

二つ目は、すぐに使う予定はないが5~10年の間に使うことが決まっている「守るお金」です。これは結婚や住宅を購入する際に使うもので目安は500万円です。

そして三つ目は10年以上使う予定のないお金「増やすお金」です。具体的には老後に使うお金だと考えるのがイメージしやすいと思います。資産運用などに回すとよいのはこのお金です。

既にある自分の資産を3つに分けても良いし、
入ってくるお金をこれらの3つに振り分けても良いとのこと!

今回のセミナーに参加して、稼げる期間は限られていること、そのために早くから貯金しておくことの大切さを学ぶことが出来ました。

現在私はアルバイト代を留学費用に充てるために貯金していますが、さらにその先のことは考えていませんでした。将来必要な時に使えるお金を学生時代から無理のない範囲で貯めようと思いました。

\「使う」「守る」「増やす」に対応!楽天のマネーサービスって?/

楽天銀行のウェブサイトはこちら

楽天証券のウェブサイトはこちら

お金をためるなら計画的な運用がキモ!



今井くん(大学1年生)

アルバイトをしていて、頑張って貯金をしているつもりだったのですが、なかなかお金が貯まらなかったので、上手にお金を貯める方法を知りたくて参加しました。

知らないことが盛りだくさんのセミナーで、iDeCoやつみたてNISAは運用中の利益が非課税になるので運用をする際にはこれらを使うといいということも初耳でした。

特に、先に貯金するお金をよけておくという先取り貯金のお話が印象に残りました。来月のアルバイト代から一定額別の口座に移して、早速実践してみようと思います。

現状の自分を見つめてみると、浪費をしてしまったり、衝動買いをしてしまったりして、貯められるお金も貯められていませんでした。これらの習慣を見直すとともに、給料の中から今月使うお金、大きいイベントなどのために守るお金、余裕があれば運用に回して増やすお金と分けてみて、計画的にお金を使うことを決めました。

今回のイベントを機に、お金の使い方や、社会人になってからのマネープランを考え直して、上手にお金と付き合っていければと思います!

iDeCoやつみたてNISAも対応♪
楽天スーパーポイントが使える楽天証券はこちら

衝撃!給料が同じ場合、
手取りはどんどん下がる!?



みうさん(大学2年生)

今月も金欠、節約しなきゃ....と思っている人は多いのではないでしょうか。わたしもその一人です。

 という訳で、お金の使い方に関するイベントに参加してみました。元々ファイナンシャル・プランナーに興味があり、1級技能士である風呂内亜矢さんのお話を伺いたいと思ったからです。

 お金は使う・守る・増やすに分類し、その用途に適した金融商品(預貯金、定期預金をはじめ、株や投資信託などのサービス)を購入することが重要であるそうです。イベントでは風呂内さんが実際にどのようにお金を運用しているのか、その具体例も教えて貰いました。

また、新社会人のポイントとして、一年目よりも二年目の手取りが下がってしまうこともある、という注意もありました。これは前年度の収入によって引かれる税金が増えるため、二年目以降も給与が同じであった場合、手取りが下がるという仕組みだそうです。こういう点からも、お金は計画的にやりくりしておいたほうが良いことがわかりました。

冒頭で節約しなきゃ....と言いましたが、無理な節約には意味がない! そうです。節約ではなく、自分の「マネールール」を作ることが大事だよ、という言葉が印象的でした。

社会人になる前に、金融商品について自分で調べてみよう、と改めて思ったイベントでした。

早いうちからの貯蓄対策がカギ!
WEBで申し込めちゃう楽天銀行はこちら

無理な節約は結局続かない。だからこそ、日々の「マネールール」を決めておき、効率的にお金をやりくりすることが大切!

セミナーの後半では、楽天株式会社の五十嵐さんより、前半の「マネーのいろは」に沿った「楽天スーパーポイントを活用した賢いお金のやりくり術」が紹介されました。

新生活を機に「マイマネールール」をつくるべし!
共通ポイントをまとめることでどんどんおトクになる

サービスを上手く活用して、
年間9万円もお得に!



竹下くん(大学2年生)

今回このセミナーに参加したのは、奨学金を借りて大学に通っているので、社会人になってから返済しなければならなかったり、つい最近年金の手続きをしたりして、漠然と将来のお金のやりくりが不安に思っていたので、参加しました。

まず、お金は「使うお金」、ローンの頭金などにするための「守るお金」、老後資金などに使うための「増やすお金」の三つに分けて考えるとよいと教わりました。また「先取り貯蓄」など学生でもすぐに実践できることも学べました。

さらに、楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)や楽天銀行、楽天証券などのサービスを上手く組み合わせることで、サービスを使っていない人よりも年間9万円以上もお得になることには驚きました!

※SPU…対象の楽天サービスを使って「楽天市場」でお買い物をすると、より多くのポイントがたまるお得なプログラム

というのも、楽天グループには日々の買い物や旅行予約はもちろん、銀行や証券なども含めた70以上のサービスがあり、基本的にはどのサービスでも共通のポイントを貯めたり使ったりできるので、使えば使うほどおトクになるそうです。

楽天の金融サービスでは他サービスで貯めた
楽天スーパーポイントを振込手数料や投資信託に使える!

風呂内さんや楽天のサービスの話を聞いて、漠然とした将来のお金への不安が薄れました。今までポイントなんて意味ないと思ってポイントカードすらほとんど持っていませんでしたが、これからはポイントをうまく活用してお得に過ごしたいと思います!

CMでおなじみお買いものパンダが解説!
楽天ポイントお楽しみ図鑑はこちら

「使う」「守る」「増やす」に沿った
金融商品を選ぶ!



根本くん(大学3年生)

大学生になって、お金を稼いだり好きな物を買ったりと、自らお金の支出入を管理するという場面が増えた中で、「お金の管理能力をもっと高めないと、いざ社会人になった時に不安だな」と思って参加しました。

ファイナンシャルプランナーの風呂内さんのパートでは、まずお金を「使う」「守る」「増やす」という3つの用途で捉え、それぞれにはどういった金融商品が適していて、どのように家計の中に組み込んでいけば良いのかということを、マネールール等の実証的な例も交えて教えて頂きました。また、長いスパンで見た貯蓄の重要性も説いて下さいました。

続いて楽天の五十嵐さんのパートでは、この「使う」 「守る」 「増やす」に沿いながら、楽天グループのサービスをどのように利用すれば良いかを、具体的に分かりやすく説明して頂きました。

楽天モバイルに乗り換え、浮いた差額を貯蓄に
&貯まった楽天スーパーポイントを楽天証券で投資に回す高等テク!

これからは、日常的にこれらのプランを使ってみたり、今日で培った金銭感覚を自分の価値観の中に浸透させていって、他の新社会人の皆よりも一歩リードした資産運用を目指したいと思います!

同期に一歩差をつける!楽天証券で
ポイント活用しながら資産運用してみる

「使う」「守る」「増やす(運用する)」全てに対応!
楽天のサービスを活用して賢いマネールールをつくろう

楽天グループではEコマース(インターネット通販)、フィンテック(金融)、デジタルコンテンツなど、全部で70以上のサービスを取り扱っています。これらは1つの共通IDでつながっており、各サービスの利用で貯めたポイントは楽天サービスや提携先の実店舗で1ポイント1円分として使用可能です!

「使う」…生活費、通信費、日々のお買い物など
「守る」…定期預金、定期預金積み立て購入など
「増やす(運用する)」…株、投資信託、確定拠出年金(iDeCo)、NISA(少額投資非課税制度)など

楽天グループのサービスなら上記の全てに対応!

日々のお買い物は「楽天市場」でSPUを活用、携帯料金は「楽天モバイル」で節約、給与振込口座は「楽天銀行」を使って給料日に「定期預金の積立購入」を設定し、先取り貯蓄……というように、普通に生活しているだけでどんどん共通ポイントの「楽天スーパーポイント」を貯めることができます。

特定のキャンペーンにて付与された「期間限定ポイント」は月々の携帯料金に充当し、浮いた差額を貯蓄に。「通常ポイント」は「楽天証券」で投資信託の投資に回せば、貯蓄もしながら無理なくお金を増やしていくことも可能なんです!

生活を切り詰めるような節約ではなく、「なるべくサービスを統一し、共通ポイントをまとめて活用する」というマネールールが、効率的に貯蓄を増やす秘訣。

みなさんもこれを機に、自分の「マネールール」を見直してみては?

お買いものパンダと学ぼう
楽天ポイントお楽しみ図鑑

楽天グループのサービス一覧

マイナビ 学生の窓口  広告企画/提供 楽天株式会社

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催