大学で地震に見舞われたら…?「もしも」に備えて知っておきたい大学の避難訓練 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

大学で地震に見舞われたら…?「もしも」に備えて知っておきたい大学の避難訓練

■早稲田大学周辺の避難場所
大学内や周辺で大きな震災に遭遇した時に避難できる場所も覚えておくといいと思います。早稲田大学は大学周辺に住んでいる学生が多いですが、その自宅が無事だとは限りません。また遠方から通学している学生もいるので、交通機関が不通となってしまった場合は、大学や避難所で過ごすことになります。
いざという時に迷わないよう、あらかじめ覚えておくとよいでしょう。

一時(いっとき)避難場所は一時的な集合場所、広域避難場所は大規模な火災などが起きた場合に避難する場所だそうです。

今回の避難訓練によって、実際に災害が起きた場合の避難経路を確認できたことはとても意義のあることだと思いました。西早稲田キャンパスでは年に2回避難訓練があるそうです。

備えあれば憂い無し。皆さんも避難経路を確認するなど、「もしも」の場合に備えて準備をしておきましょう。


(参考)早稲田大学大地震対応マニュアル(2007)
http://www.waseda.jp/cie/dorm/pdf/Earthquake_Response_Manual_jp.pdf

(早稲田大学 教育学部4年 都築諒一郎)
2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催