広がる「女性の活躍」!東京都女性活躍推進大賞をピックアップ

学生の窓口編集部
2018/02/09
PR 将来を考える
あとで読む

最近よく耳にする「女性の活躍」……皆さんは聞いたことがありますか? 女性の活躍を進める取組が、様々なところでどんどん広がっています。その中でも、優れた取組を行っている企業などに、東京都は「東京都女性活躍推進大賞」として表彰しているのをご存知ですか? 平成29年度に受賞した企業・団体や個人がどんなことに取り組んでいるのか、見ていきましょう。


<大賞>
【産業分野】 三井住友海上火災保険 株式会社
【医療・福祉分野】 社会福祉法人 竹清会
【教育分野】 学校法人 東京女子医科大学
【地域分野】 特定非営利活動法人 プラチナ美容塾
【個人部門】 市川 順子 氏
<作ろう!みんなのジモトWa-shoiパートナーシップ 世話焼き人(代表)>

<優秀賞>
【産業分野】 アフラック
【産業分野】 富士ゼロックス多摩 株式会社
【教育分野】 学校法人 順天堂 順天堂大学
【教育分野】 国立大学法人 東京大学
【地域分野】 特定非営利活動法人 男女共同参画おおた
【個人部門】 山﨑 恵(けい)氏
<株式会社 Capybara(カピバラ) 代表取締役>

<特別賞>
【産業分野】 由井電気工業 株式会社

平成29年度 東京都女性活躍推進大賞

【産業分野】 三井住友海上火災保険 株式会社

全社員の総活躍を支援する取組を総合的に展開

取組内容
○ 管理職・管理職候補者の階層ごとの人財育成体系を整備するなど、女性社員の管理職登用や職域拡大に向けた取組を総合的に推進
女性管理職を対象としたプログラム「MS女性アカデミー」を平成29年からスタート
(女性管理職 平成25年:90名 → 平成29年:262名 )
(営業担当の女性比率 平成27年:23.5% → 平成29年:32.1% )
○「ワーキングママ支援プログラム」による産休から復職までトータルサポート体制。育児休業中に在宅で定型業務ができる「MSクラウドソーシング」を導入
○ 在宅勤務を含むテレワークを全正社員対象化、「遅くとも原則19時前退社」ルールを開始する等、働き方改革を加速

左:「MSクラウドソーシング」により、キャリアロスを最小化・スムーズな復職を支援
右:退社予定時刻や残業申請の有無が一目で分かる「卓上POP」
業務の指示や依頼の仕方が工夫でき、生産性の高い働き方へ

受賞内容 詳細はこちら

【医療・福祉分野】 社会福祉法人 竹清会

女性理事長を中心に女性職員が働きやすい環境づくりを推進

取組内容
○ 理事長を中心に定期的な「女子会」を開催し、休暇取得手続きや「看取りケア」設備の充実等、女性職員の意見や提案を経営に反映
○ 一人ひとりの生活状況に合わせた配置転換を実施し、介護・看護職員の離職率が大幅に減少
(平成26年:14.0%→平成29年9月末:1%)
○ 産休・育休の諸制度や手当金について、社会保険労務士のアドバイスを元に作成した資料を用いて具体的に説明
○ 正職員化により、夜勤対応可の職員が増えた結果、職員全体の休暇取得や研修参加が増加

左:「女子会」は率直な意見や提案が生まれる第2の経営会議!
右:理事長を交えながら女性職員による多職種での打合せ

受賞内容 詳細はこちら

【教育分野】 学校法人 東京女子医科大学

女性医師・研究者のキャリア形成を継続できる環境を整備、
全国の女性医療人を対象にした復職支援

取組内容
○ 地域の人々から子育ての支援を受ける「ファミリーサポート」事業を全国の大学に先駆けて運営
○ 公募による教授選考の際、候補者が同等の場合、女性を積極的に登用(プラスファクター方式導入)
(平成28年度女性採用:教授4名、准教授6名、講師12名)
○ 女性医療人としてのリーダーの育成を進めるため、彌生塾を創設
○ 出身大学を問わずに全国の女性医師等を対象に復職に向けたオーダーメイド研修や約150講座の無料e-ラーニングを整備

左:ファミリーサポート事業概要図
右:院内保育所のクリスマス会
→ファミリーサポート事業と院内保育所とが連携し、保育支援体制の充実を図る

受賞内容 詳細はこちら

【地域分野】 特定非営利活動法人
プラチナ美容塾

美容を通じて、アクティブに輝くプラチナ世代
(いつまでも元気に、人生を楽しむシニア世代)を支援

取組内容
○高齢者施設等でメーク等を行うボランティア活動などを実施するなど、「学ぶ」「活かす」「つながる」の連動で女性活躍の場を提供、美容で健康寿命に貢献
○ シニア男性や学生等の多世代を巻き込んだボランティアへ拡大
○ NPO運営面において、男性のキャリア(監査・経理・法規等)やプロボノ(資料作成・HPのリニューアル)を活用し、組織の基盤強化につながる

左:「学ぶ」定期的に開催される「ボランティア入門講座」
右:「活かす」シニアや若い世代など、多世代を巻き込んでボランティア活動を実施
下:「つながる」品川いきがいフェスタでの活動

受賞内容 詳細はこちら

【個人部門】 市川 順子(いちかわ じゅんこ)氏
<作ろう!みんなのジモトWa-shoiパートナーシップ 世話焼き人(代表)>

多様な人をつなぎ、新たな地元ネットワークを生み出す地域コーディネーター

取組内容
○ 東日本大震災をきっかけに多世代・多文化交流を通じて、新しいネットワークを作るコミュニティ活動を展開(地元の自然や資源を活用したイベント、セミナー、マルシェ等を企画運営)
○ 公共施設や地元のお店を拠点に勉強会や交流会を通した仲間づくりと次世代コミュニティの担い手を育成
○ 地域で活躍している女性たちのつなぎ役として、武蔵野市を中心に多摩地域で活動の幅とつながりを拡大

左:市川 順子 氏 「作ろう!みんなのジモト」を合言葉にみんなの居場所「ジモト」を盛り上げるプロジェクト、Wa-shoiパートナーシップを立ち上げる
右:さんかくFESTA
下:多摩地域で元気に輝き活動している女性たちを応援するイベントを中小企業大学校東京校で開催

受賞内容 詳細はこちら

平成29年度 東京都女性活躍推進大賞 優秀賞

【産業分野】 アフラック

トップダウン及びボトムアップによる強力な体制の下、ダイバーシティを推進

取組内容
○社長が委員長の「ダイバーシティ推進委員会」及び社員による施策提言機関としての「ダイバーシティカウンシル」を設置
○ 各層別のキャリア開発・両立支援により女性の課長・部長・役員を継続的に生み出せる仕組を構築
(指導的立場の女性 平成26年:17.5% → 平成29年:26.2%)
○ 仕事の進め方を抜本的に見直す働き方改革「アフラック Work SMART」を実行

左:「タウンホールミーティング」 社長が全国拠点を回り女性活躍推進について社員と直接対話!
右:継続的に女性管理職を生み出し、女性社員のパイプラインを形成

受賞内容 詳細はこちら

【産業分野】 富士ゼロックス多摩 株式会社

自社の課題に向き合い取組を着実に推進、女性活躍推進のための新たなスキームを創出

取組内容
○ 育休から復職する女性営業職が育児と仕事を両立しながら活躍できる場として、顧客満足度向上を担う「フィールドサポートグループ」を創設。女性社員のモチベーションやスキル維持、キャリア形成に寄与
○意識改革やキャリア形成、人脈拡大を目的に、地元ネットワークを通じた女性異業種交流会等を開催
○経営会議等で社員の育児休業を含めた休暇取得状況・残業時間を共有。テレワークなどの施策を展開
(残業時間の削減 平成28年上期:16.6h → 平成29年上期:11.6h)

左:「フィールドサポートグループ」(育児と仕事を両立する場の提供)
右:平成28年に地元企業や行政を巻き込み、立ち上げた「ルックアップたちかわ女性会」

受賞内容 詳細はこちら

【教育分野】 学校法人 順天堂 順天堂大学

~大学院生を「若手研究者」と位置付け、大学の実態に即した取組を展開~

取組内容
○ 効率的な短時間の研究支援員配備制度を実現
(コーディネーター等がニーズを細かく聞き取ることで、本当に必要で適切な支援を実施)
○ 女性活躍推進を図るため、大学上層部との意見交換の実施に加え、「女性研究者研究活動支援シンポジウム」を継続開催
○ 特別枠(「大学院生枠」「保育シェアリング枠」等)を設けた保育所運営やファミリーサポート事業により保育支援を充実
○ 医学部の女性教授の増加(平成23年:2名 1.7% → 平成29年:11名 6.9%)

左:研究支援員と制度を利用する女性研究者
右:「保育シェアリング」の概要
既存の保育所への入所優先順位の低い学生や段階的に復職を望む医師への保育体制を確保!

受賞内容 詳細はこちら

【教育分野】 国立大学法人 東京大学

総長の強いリーダーシップで加速的取組を展開

取組内容
○ 「女性教員(教授・准教授)増加のための加速プログラム」として、積極的な取組を提案した部局に対し教授・准教授の雇用にかかる経費を一定期間支援
○ 2つの研究支援制度により女性教員の研究活動や学会等への参加を積極的に支援
(「スタートアップ研究費支援」「スキルアップ経費支援」「リスタートアップ研究費支援」)
○ 大学直営の4つの保育園を運営し、ニーズにあった保育サービスを提供。研究者サポート要員の配置やベビーシッター割引券の発行により両立を支援
○ 女性教授の増加(平成28年:73名 → 平成29年:86名  ※1年間で13名増)

右:平成33年度までに女性教員比率を25%まで高めることを目指す!

受賞内容 詳細はこちら

【地域部門】 特定非営利活動法人
男女共同参画おおた

子育てしながら起業を目指す女性をサポート!
女性視点のアイデアを形にした起業を応援

取組内容
○ 女性向け創業支援施設「パシオンTOKYO」を開設(平成28年5月)
・実績豊富なインキュベーションマネージャーが常駐し、起業ノウハウを提供
・起業の段階にあわせたメニューを用意
・起業家同士の交流会「パシオネーゼサロン」を定期的に開催
・子連れで利用できるようにキッズスペースやキッズトイレを完備
○ 一人ひとりの悩みに寄り添うきめ細かい支援により、1年で創業スクール受講生38名のうち起業20名

左:起業塾 切れ目のない支援を展開!
右:子供たちが楽しく遊ぶキッズスペース

受賞内容 詳細はこちら

【個人部門】 山﨑 恵(やまざき けい)氏
<株式会社Capybara(カピバラ)代表取締役>

子供と一緒に過ごしながら仕事ができるビジネスモデルにより、母親たちに多様な働き方を創出

取組内容
○ 自身の子育てと仕事の両立に悩んだ経験をもとに、子供が小さくて働けない育児中の女性や子供を預けて働くことにためらう女性に対し、「ママ職」サイトを運営し、在宅でできる仕事を提供
(女性会員2,311名 ※平成29年12月22日時点)
○ 子供を預け働くという選択肢だけでなく、多様な働き方を創出
○ HP作成や秘書業務のスキルアップ講座を提供することで、母親のステップアップにもつながる

左:山﨑 恵氏 平成25年に株式会社 Capybara(カピバラ)を設立
※カピバラは協力して子育てする動物であり、「子育てをみんなで共有する社会にしたい」、「全世界の子供の母親になりたい」という思いが込められている。
右:「ママ職」働く様子 子供が帰った時に「おかえり」と言える環境をつくる

受賞内容 詳細はこちら

平成29年度 東京都女性活躍推進大賞 特別賞

【産業分野】 由井電気工業 株式会社

「きつい・汚い・危険」建設業3Kからの脱却を目指し、
女性社員が長く働きたくなる会社づくり

取組内容
○ 各部署に女性を2名以上配置。お互いに相談や情報交換ができる社内ネットワークを構築、業績も向上
○ 女性を中心とした工事チームを編成し、住宅の電気工事現場等で活躍 (女性社員比率  平成23年:12% → 平成29年:42%)
○ 男性と女性が共に支え合いながら楽しく働ける環境づくり
・女性社員の意見を取り入れ、明るく清潔感のあるオフィスに改装
・女性が着たくなるワーキングウェアブランドを共同開発
・会議室を改装し、事業所内保育所を設置

左:明るく清潔感のあるオフィス
右:社長のリーダーシップの下、女性社員が定着・活躍できる環境づくりを開始

受賞内容 詳細はこちら

いかがでしたか? ”女性の活躍”と一言でいってもイメージが湧きにくいですが、こうして各企業や団体がどのような取り組みをしているのかを見ることで、なんとなくイメージできたのではないでしょうか。
今回受賞された企業や団体だけでなく、昨今は女性の働きやすさを考え実行している企業などが増えてきています。規模やブランドだけに惑わされず、女性の活躍にチカラを入れている企業という観点で選択することも、長く自分らしく働ける会社と出会うコツなのかもしれません。

東京都女性活躍推進大賞 詳しくはこちら

※1月18日に開催した贈呈式の様子も見られます!


マイナビ学生の窓口 広告企画/提供 東京都生活文化局

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催