勉強、事業に大忙し! 学生時代に起業を決断した人たちの経歴とは 2ページ目

編集部:すい

お気に入り!

あとで読む

◯株式会社ノーブル・エイペックス 代表取締役社長 大関綾氏

1992年、東京都生まれ。ノーブルタイの開発・製造・販売などを手掛けるノーブル・エイペックス。大関社長は、私立高校に入学しますが在学時の起業が認められず、その後、許可される都立高校を再受験。2年時に起業しました。

◯ワンファイナンシャル株式会社 CEO 山内奏人氏

2001年生まれ。個人決済サービス「ONEPAY」を手掛けるワンファイナンシャル株式会社の山内CEOは幼少期から天才プログラマーとして有名で、2016年に起業。通う高校ではしっかり勉強してから、深夜まで仕事に励んでいるそうです。その能力は孫正義さんにも認められ、孫財団の支援者の1人に選ばれました。

さて、いかがだったでしょうか。
調べていくとわかったのが、せっかく有名大学に入ったにもかかわらず、事業を優先するために退学する起業家が多いということ。そういった決断が、千載一遇のチャンスをつかみ、成功につながるのかもしれませんね。

文:佐藤充

2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催