おすすめのミュージカル映画20選! 大学生のうちに観ておきたい名作は? 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. おすすめのミュージカル映画1.『ラ・ラ・ランド』(2016年)
  2. 他にもあの名作ミュージカル映画が!
  3. まだまだある名作ミュージカル映画は?
  4. 他にもこんな名作ミュージカル映画が!
おすすめのミュージカル映画

おすすめのミュージカル映画6.『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年)

『ウエスト・サイド物語』で知られるロバート・ワイズ監督が、ブロードウェイミュージカルを映画化した作品。緑豊かなオーストリアのザルツブルグを舞台に、退役軍人であるトラップ大佐の七人の子供たちと、彼らの新任の家庭教師であるマリアとの交流を描く。『ドレミの歌』や『エーデルワイス』など、誰もが知っている曲も登場する、どの年代でも楽しめるミュージカル映画です。   

おすすめのミュージカル映画7.『女は女である』(1961年)

『勝手にしやがれ』、『気狂いピエロ』などの作品で知られ、「ヌーヴェルヴァーグ」という映画運動の旗手でもある、フランス映画界の中心人物ジャン=リュック・ゴダール監督の長編三作目。ゴダール自身の黄金期のハリウッドミュージカル映画への憧れもあり、『雨に唄えば』などの傑作ミュージカルへのオマージュも含みながら、豊かな色彩によって観るものを楽しませてくれる作品です。

おすすめのミュージカル映画8.『ニューヨーク・ニューヨーク』(1977年)

『タクシードライバー』や『グッドフェローズ』などの監督マーティン・スコセッシと俳優ロバート・デ・ニーロの名コンビが挑んだ、ニューヨークを舞台にしたミュージカル映画。1945年、戦地からニューヨークに戻ってきたサックス奏者のジミーと、歌手のフランシーㇴが戦勝記念パーティで出会うところから二人の物語が始まる。主題歌の『ニューヨーク・ニューヨーク』はフランク・シナトラがカバーしたことでも有名です。

おすすめのミュージカル映画9.『ブルース・ブラザーズ』(1980年)

アメリカの人気コメディバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の人気コーナーで誕生したバンドを、そのまま映画に登場させた作品。劇中の音楽はもちろん、アクションコメディ映画としても楽しめる一本です。主人公のジェイク兄弟は、自分たちがかつてお世話になった孤児院を救うためバンドメンバーを集めることになるのですが、伝説的ギタリストのスティーブ・クロッパーなど、バンドメンバーの豪華さも話題となりました。

おすすめのミュージカル映画10.『オールザットジャズ』(1979年)

振付師としても活躍したボブ・フォッシーが自身のこれまでの人生をショーと重ね合わせて描いたミュージカル映画。今作の主人公で、破天荒な人生を送るブロードウェイの演出家のジョーというキャラクターはまさにボブ・フォッシーそのもの。観客を楽しませるために、自分の人生の全てをショービジネスに捧げた男の人生の物語です。映画終盤の畳みかけるようなミュージカルシーンも必見です!

2 4

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催