おすすめのミステリー小説20選! 大学時代に読みたい、あの名作を紹介

学生の窓口編集部
2018/01/25
学生トレンド
あとで読む
目次
  1. ■おすすめのミステリー小説20選
  2. あの名作ミステリーも
  3. 定番の名作ミステリーも
  4. 他にもこんなミステリー作品も

推理・ミステリー小説は謎が謎を呼び、結末が知りたいがゆえについつい読み進めてしまうもの。はじめて読書をする人にすすめるなら「推理・ミステリーもの」と言われるほど、読者層の幅が広いジャンルでもあります。大学生世代にもミステリー小説のファンは多いことでしょう。ここでは、日本の推理・ミステリー小説10選、海外の推理・ミステリー小説10選を紹介します。ミステリー小説好きが選ぶ、おすすめの1冊。ぜひお気に入りのミステリー小説を探してみてください。

▼こちらの記事もチェック!
超おすすめミステリー映画15選! 衝撃のラスト&最高の謎解き

■おすすめのミステリー小説20選

■おすすめのミステリー小説20選


おすすめのミステリー小説1. 『三毛猫ホームズの推理』 赤川次郎 ~世代を超えて愛される推理小説~

初めてミステリー小説に挑戦する方は『三毛猫ホームズシリーズ』をおすすめします。『セーラー服と機関銃』など、赤川次郎の作品は読みやすいものが多く、猫が主役ということで堅苦しくなく物語りに入っていくことができます。本作は三毛猫シリーズの第一作目です。冴えない刑事を影に日向に支える三毛猫、ホームズの軽妙なやりとりが魅力です。

おすすめのミステリー小説2. 『白ゆき姫殺人事件』湊かなえ ~ネット社会の恐怖~


同僚が殺された、と相談を受けた記者は、取材を進めて行くうちに「城野」という人物が犯人ではないかと推測します。犯人であるということを前提で踏まえた記事を書き、彼女の友人から抗議を受けるも、それも歪曲して報道します。近年加熱する報道やSNSを題材にしたサスペンス小説です。

おすすめのミステリー小説3. 『罪の声』塩田武士 ~あの歴史的迷宮入り事件が題材~

1984年に起こった「グリコ・森永事件」を題材にしたミステリー小説です。実際の事件では「子どもの声を録音したテープ」が話題になりましたが、小説ではその「声を録音した子ども」が主人公として登場します。時効を迎えても、決して忘れるわけではありません。読んでいくうちに犯人の手記を読んでいるような、リアルな感覚に囚われます。 

おすすめのミステリー小説4. 『ななつのこ』加納朋子 ~やさしいミステリー小説~

あるとき短大生の主人公は『ななつのこ』という本に出会い、ファンレターを出します。日常のちょっとした事件を書いて送ったところ、解決編のような手紙が届くのでした。ミステリーといっても誰かが殺されるということはありませんが、ミステリー小説らしく、最後はきちんと伏線を回収してくれるので、本格ミステリーが好きな方にもおすすめです。

おすすめのミステリー小説5. 『もえない』森博嗣 ~タイトルに含まれる意味とは~

クラスメイトの死をきっかけに、平凡だった日々がじわじわと変化していく様子が描かれています。死んだクラスメイトは主人公にネームプレートを用意していました。なぜ、用意されていたのか?謎が謎を呼び、ついには自分でも気づかなかった事実にたどり着きます。死ぬということ、恐怖から逃れるということ。読後、もう一度タイトルを確認したくなります。

次のページあの名作ミステリーも

関連記事

関連キーワード

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催