アパート探しの注意点って? 大学新一年生は必見!

編集部:いとり
2018/01/17
入学準備・新生活
あとで読む

アパート探しの注意点

大学生になると、自宅から学校までが遠く、在学中はアパートを借りてそこから通学するというケースも多いでしょう。いわゆる一人暮らしですね。住めば都といいますが、快適に暮らせるに越したことはありません。今回は、大学生向けに「アパート探しの注意点」をご紹介します。

■アパート探しの最初の注意点は「条件」を考えることが重要

最近のアパート探しは、インターネットを活用する人が増えています。仲介業者のサイトで希望する条件を設定すると、それに合致した物件の一覧が表示されて、とても便利ですね。また、不動産屋の実店舗で探す場合でも、必ず条件を伝えて調べてもらいます。

アパート探しで必要な条件は「立地」「家賃」「間取り」です。まず、どの条件を優先させるのかを決めましょう。

●立地の注意点

大学生のアパート探しでは、学校に通いやすいかどうか、生活しやすいかどうかを重視すべきでしょう。以下のような点をチェックしましょう。

・学校にアクセスしやすいかどうか

学校から徒歩圏内の他、学校の最寄り駅、またその沿線のアパートは学校に通いやすくおすすめです。最近は電車の乗り入れが進んでおり、乗り換えなしでかなり遠くまで行ける場合もあります。しかし、1時間以上も電車に乗るような場所になると、通いやすいとはいえないでしょう。また、あまり遠いと金銭的な負担も大きくなります。

・生活しやすいかどうか

学校の近くの物件でも、例えば高級住宅地のど真ん中にあるようなアパートでは、周辺の物価が高く、あまりお金がない大学生の生活には向いているとはいえません。近くにコンビニだけではなく、深夜まで営業している安いスーパーがあると便利ですね。

●家賃の注意点

大学生が住むアパートとしては、家賃が適正かどうかも重要です。実家で家賃を負担してくれる場合でも、あまり高くないアパートを探したほうがいいでしょう。家賃の安いアパートを探すには、以下のような条件で調べてみましょう。

・最寄り駅をずらして探す

学校の最寄り駅周辺だけではなく、隣駅周辺も調べてみましょう。沿線の駅でも、本来狙っている駅ではなく、隣の駅なら安いアパートがあるかもしれません。立地の許容範囲に多少の幅を持たせて探すといいでしょう。

・駅から遠いエリアを探す

駅が遠い、バスも近くを通っていないような場所は、駅周辺よりも家賃は安くなる傾向があります。家賃が安いことを優先させるなら、多少の不便さには目をつぶってもいいかもしれません。

・築年数が経過している古いアパートを探す

築年数が長い古いアパートは、一般的に新築のアパートよりも家賃が安いでしょう。ネットの物件情報サイトで探す場合でも、築年数や構造(木造など)を条件として指定できるので、古い、安いという条件を優先して検索してみましょう。

●間取りの注意点

大学生が借りるアパートは、基本一人暮らしですからあまり広い部屋である必要はありません。とはいえ、極端に狭い部屋を選ぶこともないでしょう。部屋が広くなると相対的に家賃も高くなりますので、バランスを考えて選びましょう。

間取り以外にも、部屋のタイプや設備にも注意しましょう。最近はフローリングの部屋が増えていますが、古いアパートは畳の場合もあります。その他、風呂とトイレが別かどうか、キッチンがガスなのか電気なのかなど、希望する条件は押さえておかなければいけません。

次のページアパート探しの最大の注意点は内見のとき!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催