【連載】『あの人の学生時代。』#19:川島海荷「色んなことを試してみる」 3ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


くだらないことを一生懸命やっている姿にパワーをもらえるドラマです!


――続いてはドラマの話をお伺いしたいのですが、『炎の転校生REBORN』に出演することが決まったときはどう思われましたか?

最初はいろんな意味で「大丈夫かな?」と不安でした。ジャニーズWESTさんの中にひとりだけ女子で入るっていうことの緊張や不安もありましたし、学生役なので「ハタチ超えちゃってるけど、どんな制服を着るんだろう」という心配もありました。

――23歳という年齢で制服を着るというのは、どんな心境なんですか?

私は幼くみられるほうなので、昔は「いつまでも制服着られるよ」って言われるのがすごく嫌だったんです。でも最近は制服の役があまりなく、久しぶりだったので「おっ! これがハタチ過ぎても、いつまでも制服を着るやつか」って思いました(笑)。ちょっと嬉しかったですね。

――ドSなヒロイン・日花里役を演じられた感想は?

日花里はパワフルで男らしいなと思います。みんなを牛耳っているというか、目的のためなら手段を選ばないというか、そんな女子だなって。だから、女子のそういう腹黒い部分も出ているんですが、なんだか憎めないところもあります。みんなを手のひらで転がしたりするところも、実は女子なら誰でもやっているようなことをデフォルメしているだけなのかもしれないし、逆にこれが「ザ・女子」って感じなのかもしれませんね。

――意外と、演じてみると気持ちよかったり?

超気持ちいいですね(笑)。私も元々気が強いタイプで、負けず嫌いなので、そういうところは似ているかな? と思いますし、日花里とちょっと似た道を歩んできたかもしれないです。

ただ、周りがそれを受け入れてくれるかどうかは別だと思うんですよ。日花里の場合は、周りを陥れて……(笑)というか、いい具合にまとめちゃってるのがすごい。冷静だし、頭もいいし、計算しているところもあるけど、ちょっと抜けているところもあって、愛らしいキャラクターだなって思いました。

――ジャニーズWESTのみなさんが演じられている濃いキャラクター揃いの中でも負けてないですもんね。

そうですね。でも、ふとしたときに「大丈夫かな、キャラ消えてないかな?」っていう不安はありました(笑)。なので、掛け合いのシーンでは「勢いに押されないようにがんばろう!」という気持ちで演じました。

――撮影中、印象的だったことはありますか?

ちょっとした遠出の場所で撮影をしていたので、みんなで合宿してるような気分でした。ジャニーズWESTのみなさんはずっと一緒にいることに慣れているからか、すごく待ち時間の使い方を知っている方たちだったので、その雰囲気を感じながら一緒にいさせてもらいましたね。控え室で、紙でできるゲームをやったり、初日の現場入りではおにぎりの具について熱く語ったり。「おにぎりの具でこんな盛り上がれる人いる?」って思うぐらい、それが第一印象で、すごく好印象でした。楽しくない日はなかったですね。常に楽しかったです。

監督もノリがいい方で、ちゃんとノリツッコミが成立していて「これがナチュラルに出るノリツッコミだ〜!」と思って衝撃でした。

――とても楽しそうな現場ですね(笑)。では最後に、見どころを教えてください。

すごくくだらなくもあり、でもみんながいろんなことを一生懸命やっている姿にこっちまでパワーをもらえたり、おもしろいことを全力でやっている姿に笑えるような作品になっていると思うので、ぜひ気楽な気持ちで見てもらいたいです。

個性が渋滞してるといえばしているんですけど、でも最後は多分、みなさんが想像していないようなところからいろんなものが飛んでくるラストだと思うし、サプライズだらけのドラマだと思います。

毎朝、情報番組『ZIP!』で笑顔を届けてくれる川島さん。そんな川島さんに現役大学生に向けてメッセージをお願いすると、「色んなことを試してみる。」という言葉が。
その理由を聞いてみると、「大学時代、周りの友達がいろんなことをやっていて楽しそうだなって思ったこともあるのはもちろんですが、みんな社会人になってから『大学生の頃って楽しかったよね』『自由だったよね』って言うんですよ。だから、自由なときにいろんなことをやった方がいいなって。たとえばバイトひとつとっても、自分の好きなことがわからないうちはいろんなバイトを試してみるとか。サークル活動にしても、交友関係にしても、ひとつのことに縛られる必要がないから、自分が思うままにやってみていいんじゃないかなって思います」という返事が返ってきました。

自由な時間をすごしている最中は、その貴重さに気づきにくいもの。あとから気づいて後悔しないようにという川島さんの心のこもったメッセージ、現役大学生のみなさんはしっかり受け止めて、いろんなことに挑戦してみてはいかがでしょうか?


<プロフィール>
かわしま・うみか●1994年3月3日生まれ。埼玉県出身。O型。2006年、ドラマ『誰よりもママを愛す』でデビュー。2007年〜2016年はガールズユニット『9nine』のメンバーとしても活躍。おもな出演作は、映画『携帯彼氏』『私の優しくない先輩』『星守る犬』、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)『怪物くん』(日本テレビ系)『大河ドラマ 花燃ゆ』(NHK)など。現在、情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会として出演中。また、出演作であるドラマ『炎の転校生REBORN』は現在NETFLIXで全世界同時独占配信中。

文:落合由希
写真:為広麻里

1 3

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催