マイナビ家庭教師

マイナビが運営する「ハイクラス」学生講師家庭教師サービス

TEL:0120-701-517

受付:月曜~金曜(祝日を除く) 10:00 ~ 18:00※1都3県エリア対象、詳細はお問い合わせ下さい。

【講師紹介】東京大学  教養学部 文科3類(東京都立小石川中等教育学校卒) S・S先生

マイナビ家庭教師編集部
2017/10/31
講師紹介
あとで読む

【講師紹介】東京大学  教養学部 文科3類(東京都立小石川中等教育学校卒) S・S先生

講師番号:0052

S・S先生(女性)


■大学名:東京大学 教養学部 理科3類

■出身中学:東京都立小石川中等教育学校

■出身高校:東京都立小石川高等学校

■出身塾:栄光ゼミナール

■担当コース:中学受験コース、下剋上国語コース

■講師からのコメント:「勉強…」でも明るく、主体的になれる授業です!

★ページ下部より、こちらの講師への申込が可能です


■中学受験を経験して身に着いたこと

受験を通して身についたことは大きく分けて2点です。

1つ目は、本気になることです。私は塾に通っていたため、周囲に同じ学校を受験する友達が沢山いました。そのため、「あの子よりも長く自習室にいたい」とか「あの子が先生に○○の点で褒められていたから私も頑張ろう」という気持ちがとても強く芽生えてきました。競争心に駆られて勉強していた面が大きいです。

2つ目は、勉強に対する達成感です。上で競争心に関して述べましたが、それに対して先生はよく褒めてくださいました。これは私にとって大きな励みであり、その気力を継続させる大きな原動力となりました。また、続けているうちに勉強が苦にならず、楽しくなってきたこともこのような達成感のおかげでもあると思います。


■在籍した中学校に関する魅力

卒業後他校出身の友達の話を聞いてまず感じた小石川の魅力は、自由がきいたことです。担任の先生によりますが、進学校として勉強だけを強要されるということはあまりありませんでした。1年後に受験が迫っている5年生(高校2年生)の冬には、シンガポールとマレーシアの修学旅行があり、6年生(高校3年生)の創作展はどのクラスも夏休みの時間を使って準備を行います。これは、勉強も行事も頑張るという小石川の強みだと思います。

また、生徒のやりたいことに対して先生が一緒になって取り組んでくださる点も素晴らしい点だと考えます。私自身は、高校2年生の時に友達の誘いで英語ディベートの大会に出ましたが、その際には多くの英語科の先生のバックアップをいただきました。また、科学の甲子園に出た友達は、先生と共に長期間にわたった準備を行っていました。このように、先生も本気になって生徒を応援して下さることは、生徒が大きく活動範囲を広げるのに不可欠であり、このバックアップが小石川では充実しています。


■わたしのイチ押し参考書

小石川の適性検査はとても特殊であるため、ものの考え方の視点を沢山もつことが重要と教わりました。そのため、多くの多様な問題に触れることが大切だと考え、公立中高一貫校適性検査の所謂「銀本」を1周すべて解きました。また、最終的には小石川の問題が入った「赤本」(当時は他校の問題も1冊に入っていたような覚えがあります。)を解き、他の公立中高一貫校の前年度以前の入試問題を数校分解きました。その他の基礎的なポイントなどは、塾の教科書で補われていました。

また、参考書に関連したアドバイスとして、参考書を買いすぎて手の付け方が中途半端にならないようにすることも大切です。計算問題ばかりやることや作文ばかりやることなどがないように、まんべんなく手を付けて力を伸ばしていくことが大きなカギです。


■受験生へのメッセージ

第一に伝えたい点としては、勉強はそこまで嫌なものではない、ということです。「お父さんやお母さんに叱られるからやるもの」と考えると嫌になってしまいますが、実際にそのような先入観を取り払ってやってみると面白いものであったりもします。更に何よりも自分からやれば褒められます!まず勉強が嫌、という方にはこのような意識改善から始めてもらえればと思います。何かしら面白いと思える要素、自分がやって嬉しいと思える要素を勉強に盛り込んでいくことが重要です。

また、受験は勉強をすればいいというものではなくストレスがつきものです。「その苦難を乗り越えれば達成感が待っている」、「自分ならできる」と思えるような辛抱強さ、前向きさも受験突破のカギを握ります。そのためにも、一緒に支え合える、競争し合える友達と時間を過ごすことを大切にしてください。





※この先生に授業を依頼する※

■担当コース:中学受験コース、下剋上国語コース


<ご注意>必ずご一読ください

お申し込み後、3営業日以内に最初のご連絡をメールでお送りいたします。
迷惑メールボックスなどに入らないよう、確認をお願いします。
期日内にメールが届かない場合は、以下にご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ先:マイナビ家庭教師 事務局
メールアドレス: <mst-katekyo@mynavi.jp>
電話番号:03-6267-4508(直通)土日祝休

関連記事

あなたにオススメ

「教育ニュース・コラム」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催