【セコムの先輩社員】セコムショップ セキュリティアドバイザー:内田美紅さん 2ページ目

編集部:すい

お気に入り!

あとで読む

学生時代編どんなことにも「誰かの支え」があることを学んだ4年間

内田さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は?

学生時代の内田さん▲学生時代は野球部のマネージャーだった内田さん

大学時代に一番頑張ったことは、「野球部のマネージャー」です。4年間ずっと続けました。それまではずっとバスケットボールをプレイヤーとしてやっていたのですが、マネージャーになり「プレイヤーとは違う視点」でスポーツに関わるというのは、非常に興味深い経験でした。

特にマネージャーとして選手たちをサポートする中で、「サポートすることの難しさ」を知ったのは大きいですね。私はずっとプレイヤーだったので、マネージャーの支えが「当たり前のもの」だと思っていた部分があったのですが、実際に自分がマネージャーを経験して初めてその考えを改めることができました。そこからは、普段の日常生活でも、当たり前のものはなく、「誰かの支え」があってこそのものなのだと考えるようになりましたね。

仕事で役立っている大学時代の経験は?

部活動を通して上下関係をしっかりと学べたことですね。このとき学んだ「上司や先輩に対しての自分のあり方」というのは今も生かせていることです。私は、社会人1年目の頃は業務に関してできることはほぼゼロだと考えていて、2年目になった今でも上司や先輩の10分の1程度しかできていないと思っています。その中で大事にしているのは、「誰でもできることを率先してやる」ということです。常にアンテナを張り巡らせておき、自分ができることはすぐにやる、という考えは部活動で学びました。

就活前にやっておいたほうがいいことは?

インタビュー中の内田さん2

私は「自分がどうなりたいか」という明確なビジョンを持つことが大事だと思っています。就活をするに当たってもそうですけど、「この会社に入って自分は何がしたい、どうなりたい」といったビジョンがあることで、熱意を持って取り組むことができますし、その熱意は相手にも伝わります。大学生活の早い段階から目標を決めておくと、そこに向かって十分な準備もできますから、最終目標は早めに決めることが大切だと思います。


セコムの最前線業務の一つでもあるアドバイザーとして日々努力されている内田さん。喜びも大変なことも多い仕事とのことですが、大学生活で得た経験を生かし、信頼を積み重ねられているようです。また「最終目標は早めに決めておくことが大事」と話されていましたが、内田さんご自身も就活時の段階から「人事の仕事」を目標に定め、日々努力をされています。大学生のみなさんも、すぐに決めるのは難しいでしょうが、早いうちに目標を定め、それに向かって取り組んでいくと大きな結果につながるかもしれませんよ。

DATA

趣味:スポーツ観戦、宝塚観劇
特技:バスケットボール
就活で受けた企業:6社
志望していた業界:IT業界
今の会社の魅力:お客さまへ多方面から安全・安心をお届けできること

文:中田ボンベ@dcp
写真:ブリッジ
取材協力:セコム株式会社

2

関連記事

「先輩ロールモデル」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催