【理系研究室訪問】千葉大学園芸学部植物細胞工学研究室に潜入! 教授と学生に研究・ゼミについて聞いてみた【学生記者】 3ページ目

わこ

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. 千葉大学園芸学部に到着! いよいよ研究室へ!
  2. 植物がいっぱい並んだ研究室へ潜入!
  3. 植物に囲まれたキャンパス内も探検!
  4. 所属学生の研究室での過ごし方とは?
  5. 中村教授に研究への思いを聞いてみた

建物の外にも! 園芸学部ならではの特徴がたくさん!

研究室を案内していただいた後は園芸学部を一周してきました!

わこ:外にはいっぱい温室が並んでますね!

井川助教:そうなんです。私たちの研究室だけではなく、他の研究に使用しているものあります。植物工場といって、一年中トマトを育てながら収穫量についての研究を行ったりしている研究室もあるそうですよ。


▲中には稲が植えられていたり……


▲研究というよりも学生たちの趣味? サボテンや多肉植物も。

井川助教:この温室の水やり当番は学生が順番でやります。外の草むしりなんかも、学生が担当するんですよ。私も元々はこの園芸学部の大学生だったので、草むしり当番は大変でした(笑)。

わこ:たしかに夏の草むしりは特に大変そうですね……。

ハウスから研究室に戻る途中には、素敵なお庭が! なんとキャンパス内に フランス式庭園イギリス式庭園もあるんです。とってもきれい! 池には、ザリガニもいたりするので小学生がザリガニ釣りに訪れることもあるそうです。植物の研究をするための環境が整っていますね。


▲手入れの行き届いたフランス式庭園

研究室内は見たことのない珍しい機械がたくさん置かれていて、驚きの連続! そして、同じ研究室でも研究内容によって実験に使用する機械も異なることがよくわかりました。では、そんな植物細胞工学研究室で研究を続ける学生さんにもお話を伺ってみました。

1 3 5

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催