【宇宙航空研究開発機構(JAXA)の先輩社員】経営推進部 企画調整課:降籏弘城さん

学生の窓口編集部(I)
2017/09/08
社会人の先輩
あとで読む

JAXAの経営推進部 企画調整課:降籏弘城さん


プロフィール:降籏弘城(ふりはた ひろき)
1997年、慶應義塾大学 大学院 理工学研究科を修了。1998年に宇宙開発事業団(NASDA)に入社し、ISSの中で最大の実験モジュールである日本の実験棟「きぼう」の開発に従事。その後、ケネディ宇宙センター駐在員事務所にて、「きぼう」の射場作業やNASAとの各種調整を担当。有人宇宙技術部門の事業推進部を経て、2015年より現在の経営推進部に勤務。

日本の宇宙航空開発の中心組織として、数々のロケットや国際宇宙ステーション、人工衛星、探査機などを手がけてきた宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)。今回登場していただいた降籏弘城さんは、中学生の頃に抱いた宇宙への夢を見事に実現したひとりです。日本の宇宙史を塗り替えた国際宇宙ステーション(以下ISS)「きぼう」日本実験棟のプロジェクトに参加した後、現在は宇宙開発の企画を担うセクションで活躍中。少年の日の夢を忘れずに自分を磨き続けてきた降籏さんの道のりと、JAXAでの仕事のやりがいについて聞きました。

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催