【Plan・Do・Seeの先輩社員】店舗開発プロジェクトマネージャー:石崎淳一さん

編集部:すい
2017/08/24
キャリア
あとで読む

Plan・Do・Seeの石崎淳一さん

プロフィール:石崎淳一(いしざき じゅんいち)
福岡大学スポーツ科学部卒業。2008年Plan・Do・Seeに入社。入社後はダイニングでの店舗業務と、ブライダル事業のプロジェクトマネージャーの経験を経て、2016年から現在の店舗開発の仕事に携わる。

『株式会社Plan・Do・See』は、レストランやホテルの運営、またウェディング事業など、人々の喜びにつながる仕事を手掛けている企業。Plan・Do・Seeでは、運営だけでなく、人の喜びを生み出す「店舗作り」の事業も手掛けています。そこで今回は、「店舗開発」に携わる石崎淳一さんに、仕事内容やPlan・Do・Seeを選んだ理由、また学生時代の経験について伺いました!

▼株式会社Plan・Do・Seeの先輩をもっと見る!
Plan・Do・Seeの先輩社員一覧

社会人編Plan・Do・Seeの精神に惹かれ入社

今のお仕事はどんな内容?

私の仕事は店舗を運営する前段階の「開発」です。開発の仕事は、新しい店舗を出す場合に、土地や建物の背景から事業計画を考え、契約までを行う第1フェーズ、そして第1フェーズの後を引き継ぎ、運営ができるまでの店舗作りをする第2フェーズに分かれています。私が主に担当しているのは、店舗作りをする第2フェーズです。

第2フェーズでメインとなるのは、会社とデザイン会社や工事会社などのパートナーさまの間に立ち、Plan・Do・Seeが理想とする店作りを進めるプロジェクトマネージャーの仕事です。たくさんのお客さまに愛され、街の価値を挙げていくための建物を作り、現場へバトンを渡すのが目標となります。また、働く人たちに「こんな素晴らしい店舗に配属されるなんてうれしい!」と思ってもらえたらうれしいですね。そのためには、社外のパートナーさまにも「Plan・Do・Seeの精神」を理解してもらうことが重要。ただ、年齢も違えば職種も異なるため、なかなか一筋縄ではいかなかったりします。それが難しいと感じることです。

たくさんの人たちと協力してやっと出来上がる店舗なので、お客さまやその店のある街の人々から「いい店だ」と思ってもらい、ゆくゆくはその店舗が街のシンボルのように扱われるようになるといいなと思っています。また、店作りは店舗で働くスタッフのやりがいにつながる部分ですから、そこで働くスタッフたちにも本気で「この店でよかった」と思ってもらえるような店になるよう意識して取り組んでいます。

一番楽しかった&つらかった仕事は?

インタビュー中の石崎さん1

一番楽しさ、やりがいを感じた経験は、関西にある弊社のオリエンタルホテルのレストランに責任者として就任したときのことですね。その現場では、前年のクリスマスシーズンの営業で大きな成功を収めることができていませんでした。そこで「今年は絶対に大成功させよう」というミッションの下、私が責任者になりました。成功させたいという強い気持ちでクリスマス営業の準備を進めたところ、店舗のスタッフだけでなくホテルのスタッフも含めて、全員が「ホテル全体の一大イベントを成功させる」という気持ちで取り組み、見事に成功させることができました。このときの経験は、非常に印象深かったです。

反対につらかった仕事としては、ブライダルを担当していたときのことです。お客さまの理想にかなったサービスを提供することができず、「時間を返してほしい」とお叱りを受けたことがありました。大きなトラブルやミスによるものではなかったのですが、やはり結婚式は一生に一度の大きなイベントですから、満足いただけなかったことは本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになり、つらかったです。お客さまに感謝される仕事である一方で、ちょっとしたことで失望させてしまうこともある仕事でもあるので、お客さまの期待値を超えられるよう取り組むことをより意識した経験でした。

今の会社を選んだ理由は?

私は20年間ずっとサッカーをやってきて、プロになるつもりでしたが、先のことを考えて「教員免許」も大学で取得しようとしていました。そんな中、もうサッカーができないくらいのけがをしてしまったんです。そこで「じゃあ教員一本で」とも思ったのですが、同時に違う世界も経験してみたいと思い、就職活動のときに企業説明会に行くことにしました。そこで最初に行ったのがPlan・Do・Seeだったんです。説明会に参加していた社員が全員生き生きして楽しそうで、すごく印象的でした。

それがきっかけでこの会社に興味が出て、実際に運営店舗に行ってみたのですが、明らかに学生である私にも大人と同じようにもてなし、楽しませてくれて、なおかつ食事もおいしくて感動しました。「こんな商品、サービスのある空間で働くことができれば、サッカーをやっていたころのように輝けるんじゃないか」と思いましたね。それで就活のときに志望しました。「社員じゃなくアルバイトでもいいから働きたい」と思うくらい惚れ込んでいましたよ。

次のページ石崎さんが学生時代に一番力を入れたことは

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催