【連載】『あの人の学生時代。』#14:伊藤淳史「学生時代は取り戻せない」 3ページ目

学生の窓口編集部
2017/08/23
仕事を知る
あとで読む

最近では新川さんに「お父さん」って呼ばれてます(笑)

――日本テレビ系ドラマ『脳にスマホが埋められた!』に主演している伊藤さんですが、最初に「スマホ人間」という変わった役を演じることになったときは、何か戸惑いはありましたか?

最初はちょっとわけがわからなかったですね、どういうことなのか。でも今までいろんな役を演じさせてもらってきて、こういう、今までにない、ちょっとぶっとんでる設定に新しさを感じてやる気が出ました。

――やってみて、苦労はありましたか?

最初は撮影が大変でしたね。最初、みんなの「ニャイン(LINEのような使い方をする劇中のアプリ)」の文章が見えるっていうシーンのときは、僕は文章が出る(と言われている)あたりを見てリアクションすればいいだけなんですけど、撮影は何も見えていないのに見えているようなアングルで撮らなきゃいけないし、そこで本来はない文章を見ている間とか、声を聞いている間とか、お芝居の間じゃない間があるんですね。だからそういうところは最初、慣れるまでに時間はかかったんですけど、慣れると時間がかかることも一切なくなりました。

またすごくチームワークがいいんで、和気あいあいと撮影も順調に進みます。理想的ですね、ほんとに。みんな仲いいし、毎日楽しいです。

――ちなみに伊藤さん自身は、実際はスマホをお使いだそうですが、使いこなしているほうですか?

いや、まったくですね。だいたいLINEと、ヤフー。

――ヤフー? ヤフー限定ですか(笑)?

ヤフーです(キッパリ)。

――なるほど。では、「スマホ人間」折茂圭太と伊藤さん自身に共通点はありますか?

圭太も、いざというときは面と向かって相手の目を見て話すことが大事だと思っている人間なので、そういう、ある意味不器用なところはわりと自分に近いですね。

――新川優愛さんと安藤なつさんとのシーンが多いですが、実際も仲がよさそうですね。

そうですね。最近は今撮っているシーンとは関係ない別のシーンのセリフ合わせなんかを待ち時間にすることもあります。あと「これはちょっとどうなんだ?」って思うこともあって、本人にも伝えてるんでこれは悪口じゃないんですけど(笑)。僕が出てないのに「このシーンやってもらっていいですか?」っていう……。

――使われちゃうんですか(笑)!?

そうそうそう。まぁ、新川さんなんですけど(笑)。「ちょっとここいいですか?」って言われて、当然自分が出てるシーンだと思うじゃないですか。でも台本見たら出てなくて。で、「お願いしま〜す」って言われて、「あれ、これはオレが部々香(安藤なつ)役をやるってことかなぁ?……こんなセリフ合わせしたことない!」って(笑)。まぁ、そのぐらい頼ってくれてるっていうことなんですかね(ニッコリ)!

――なんだか圭太の役柄とカブりますね。「オフィスでコーヒー豆を買ってくる係」みたいな……(笑)。

わかってるんじゃないですかね、新川さんは、僕の扱い方を。最近では僕のことを「お父さん」って呼ぶようになりました。

――「お父さん」(笑)!?

なんか超えちゃったんでしょうね。まぁ「伊藤さん」と「お父さん」も似てるじゃないですか、ちょっと(笑)。そしたら(安藤)なつさんも「お父さん」って言い出して、いよいよおかしいだろっていう。

なつさんのほうが年上だろって話なんですけど、そんなやりとりもグループLINEでしてたり、もう友達みたいな感じです(笑)。

――では最後に、今後の見どころを教えてください。

脳内スマホ人間になったからこそ、圭太という人間のもともとの人間くささがより際立ってくると思うので、そこはみなさんに感情移入してもらえると思います。そんな中でドラマのクライマックスははもう「どうしちゃったんだろう?」っていうような……SF的な、壮大なドラマが広がっていきます。でも、僕は最高の終わり方だなって思ったので、ぜひ最後まで見てほしいですね。

今はドラマの最終回に向け、撮影も大詰めの伊藤さん。そんな伊藤さんが現役大学生に向けて伝えたいことはずばり「あそぶ!」。「もうね、遊べないんですよ、全然。友達とも会えないし。絶対遊んだほうがいいですね、間違いなく。僕ももっと友達と旅行すればよかったなって思いますし」と話したあと、「これだけは取り戻せないですからね。勉強はあとからでもできるけど、遊ぶのは……」としみじみと話す姿が印象的でした。

<プロフィール>
いとう・あつし
●1983年11月25日生まれ。千葉県船橋市出身。A型。子役として数々のテレビ番組に出演し、'97年に『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演を果たす。おもな出演作は、映画『映画 ビリギャル』『ボクは坊さん。』『ねこあつめの家』、ドラマ『電車男』(フジテレビ系)『チーム・バチスタ』シリーズ(フジテレビ系)連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)など。現在、『脳にスマホが埋められた!』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演中。

文:落合由希
写真:島田香

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催