学割で新幹線が2割引き! 買い方や使うときの注意点を確認しよう 3ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. 新幹線を学割で利用したら2割引!
  2. 新幹線の学割を利用する時の注意点は?
  3. 学割を使ってお得に新幹線に乗ろう!
  4. お得な旅のプランはこちら!

学割を使っていろいろな新幹線に乗ってみよう!

学割を使っていろいろな新幹線に乗ってみよう!

ここからは、新幹線の路線や愛称をご紹介していきます。沢山の新幹線がありますので、興味のあるところだけでもご覧になってみて下さい。

東海道・山陽新幹線

東海道・山陽新幹線は、東京駅から博多駅までの区間を走る新幹線です。正確には東京駅から新大阪駅までが東海道新幹線で、新大阪駅から博多駅までの区間が山陽新幹線になります。

<東海道・山陽新幹線の区間を走る車両>

・のぞみ
1992年に東海道新幹線において「より速く!」をモットーに運行スタート。以後、東海道・山陽新幹線で最も速い新幹線として君臨しています。車両は「N700系」が主流。長距離移動ならのぞみがオススメ。

・ひかり
新幹線が誕生した当初から活躍していた歴史のある列車。現在は、主要駅のみ停車する最速型の「のぞみ」と各駅停車の「こだま」との中間的な役割を果たしています。

・こだま
各駅停車で運行する新幹線。東海道新幹線の区間と山陽新幹線の区間が分かれており、両区間をまたいで運行することはありません。列車によっては全て自由席だけで運行されることがあります。

山陽・九州新幹線

新大阪駅から鹿児島中央駅までの区間を走る新幹線。新大阪駅から博多駅までの区間が山陽新幹線で、博多駅から鹿児島中央駅までの区間が九州新幹線となります。

<山陽・九州新幹線の区間を走る車両>

・みずほ
山陽・九州新幹線の全区間を結ぶ、最速達新幹線。九州新幹線の区間では、熊本駅にだけ必ず途中停車します。車両はのぞみの「N700系」をベースに、日本の陶磁器を思わせる「白藍(しらあい)」カラーで洗練されたデザインに。

・さくら
みずほよりも停車駅の多い新幹線。山陽・九州新幹線の全区間を走行するタイプと、九州新幹線の区間で完結するタイプがあります。運行本数が多く、九州新幹線ではおなじみの看板列車です。

・つばめ
九州新幹線の区間だけ、各駅停車で運行している列車です(一部山陽新幹線乗り入れ)。使用する車両は「800系」が中心ですが、「N700系」が運行することもあります。

山形新幹線

東京駅―福島駅―山形駅―新庄駅(山形県)を結ぶ新幹線です。東京―福島間は東北新幹線と同じルートですが、福島―新庄間は奥羽本線という在来線を、新幹線車両が直通できるように改良して走行しています。在来線の区間は厳密には新幹線とは言えないのですが、「在来線直通の新幹線」として山形新幹線と称されています。

<山形新幹線の区間を走る列車>

・つばさ
ミニ新幹線と呼ばれるE3系が主流。ミニ新幹線は「在来線を改良した区間」と「新幹線区間」の両方を走れる優れもの。車両の幅が少し小さめなのが特徴。

東北・北海道新幹線

東京駅から新青森駅を経て新函館北斗駅間を結ぶ新幹線です。正確には東京駅から新青森駅までが東北新幹線の区間で、新青森駅から新函館北斗駅までの区間が北海道新幹線になります。北海道新幹線は新函館北斗駅から札幌を経て、旭川まで結ぶ計画です。

<東北・北海道新幹線の区間を走る列車>

・はやぶさ
東京―新函館北斗までの全区間を結ぶ新幹線。この全区間を1日10往復、片道最速3時間58分で結んでいます。車両はグリーンのボディカラーが印象的な「H5系」「E5系」を使用。グリーン車よりさらに上位の「グランクラス」があるのが特徴です。

・はやて
盛岡―新函館北斗の間を定期運行する新幹線(一部東京発着もあり)。車両は「E5系」が主流です。

・やまびこ
盛岡駅より以南で運行されている新幹線。仙台―盛岡の区間はほぼ全て各駅停車になり、東北地方に細やかに対応しているのが特徴です。

・なすの
東京駅から那須塩原駅・郡山駅の間を結ぶ各駅停車。関東近郊エリアをカバーしており、通勤客の利用も多いようです。

秋田新幹線

東京駅―盛岡駅―秋田駅間を結ぶ新幹線。山形新幹線と同じように「在来線直通の新幹線」といった位置づけになります。東京駅―盛岡駅間は東北新幹線と同じルート、そして盛岡駅―秋田駅間は在来線である田沢湖線・奥羽本線を改良して直通できるようにしています。

<秋田新幹線の区間を走る列車>

・こまち
山形新幹線の「つばさ」と同じく「在来線を改良した区間」も走れるミニ新幹線。車両「E6系」は赤色をアレンジした“茜色”が綺麗です。

上越新幹線

東京から大宮・高崎を通って新潟駅までを結ぶ新幹線。東京駅から新潟駅までの所要時間は約2時間です。

<上越新幹線の区間を走る列車>

・とき
東京―新潟の全区間を走る新幹線。車両は「E2系」「E7系」が主流。2階建車両
「E4系」を使用した『Maxとき』も魅力的です。

・たにがわ
越後湯沢駅から南の区間を走行している各駅新幹線。車両は基本的に「とき」と同じものを使用。2階建の『Maxたにがわ』もあります。

北陸新幹線

2015年に東京―金沢駅間が開通し、それまで陸の孤島と呼ばれていた北陸が大変近くなりました。東京駅から金沢駅までの所要時間は2時間30分ほどです。経路は軽井沢などを経て、長野駅から千曲川沿いに北上し日本海側へ。富山駅などを通って金沢駅が終点です。

<北陸新幹線の区間を走る列車>

・かがやき
東京―金沢までの全区間を結ぶ列車で、グランクラスも設置されています。停車駅が少なく東京―金沢間を最速(2時間30分)でつなぎます。車両は鮮やかなコバルトブルーの「E7系」「W7系」。ちなみに北陸新幹線では「かがやき」以外も全て「E7系」「W7系」が使われています。

・はくたか
「かがやき」よりも停車駅の多い列車。特に長野から金沢までの間はほぼ各駅停車となり、細やかなニーズに応えています。

・あさま
北陸新幹線の前身であった長野新幹線の時代から活躍。東京―長野間をほぼ各駅停車でがっちりとカバーしています。

・つるぎ
金沢駅と富山駅を結ぶシャトルタイプの列車です。

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催