【ぴあ株式会社の先輩社員】ライブ・チケッティング事業局 流通プラットフォームグループ:河野玲奈さん 2ページ目

学生の窓口編集部
2017/08/17
キャリア
あとで読む
学生時代編「大人」と関わることで成長できた大学時代

河野さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は?


学生時代の河野さん

            ▲学生時代の河野さん


学生時代に一番頑張ったことは「アルバイト」です。ゴルフバーのキャディーのアルバイトをしていて、4年間頑張りました。学生時代は学生としか関わらないことが多いのですが、職場の特性上かなり年上のお客さんが多く、そうした「大人」と関わることは得るものも多かったですね。当時もお客さんが就活に関して相談に乗ってくれたり、アドバイスをしてくれることもあり、今振り返っても、頑張ってよかったなと思います。

仕事で役立っている大学時代の経験は?


文系の学部だったので授業ではあまり使うことはなかったのですが、PCスキルの勉強を一生懸命していました。Excelなどの基本的なソフトの使い方だけでなく、Webページを作るために必要なHTMLの技術なども勉強しましたね。その知識は仕事をする上で役立っているかな、と思います。

あと、大学のときはフットワークが軽かったので、本当にいろんなところに行きました。旅行はもちろん、音楽のフェスやイベントにも数多く行きました。今はその経験を基に、「お客さん目線」でプロモーションなどを考えることができています。もちろん4年間頑張ったアルバイトからも、「どうやったらお客さんを満足させることができるんだろう」という自分たちで考えて工夫することの大切さを学びました。

就活前にやっておいたほうがいいことは?


私が一番やっておいたほうがいいと思うのが「自己分析」ですね。本を買って自己分析をしている人も多いと思いますが、そうした設問に答えるものではなく、「自分が何だったら頑張れるのか」「苦しかったけど頑張れたのはなぜだったか」「どんなときが一番楽しかった」など、もっと自分の経験に落とし込んだ形で考えると、自分自身も理解しやすいですし、就活でも役立ちます。

これは就活だけでなく、社会人になっても大事なことで、例えば社会人になればやりたくない仕事もやらないといけない場面が出てきます。その際も、自分の経験に落とし込んだ形の自己分析があれば、困難を乗り越えるきっかけにもなると私は思っています。

インタビュー2
チケット販売のサポートだけでなく、プロモーションなど、チケット事業に大きな影響を与える業務を担当している河野さん。難しいことも多い仕事ですが、その成果がわかりやすい形であることが魅力であり、やりがいにもつながっているようです。また、就活前にやっておいたほうがいいことで話された自己分析は、河野さん自身も現在の仕事に活用しているとのこと。複雑に考えすぎて逆に悩んでしまっている人は、河野さんのアドバイスのようにまずは「自分ごと」で考えてみるのもいいかもしれません。

DATA

趣味:映画・音楽・ドラマ鑑賞、買い物、旅行、写真
特技:特になし
就活で受けた企業数:20社
志望していた業界:エンタメ業界
今の会社の魅力:エンタメ情報に明るくなること、最新のトレンドに触れられること

文:中田ボンベ@dcp
写真:佐藤登志雄
取材協力:ぴあ株式会社

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催