【ぴあ株式会社の先輩社員】ライブ・チケッティング事業局 セールスプロモーション:坂本萌さん 2ページ目

学生の窓口編集部
2017/08/17
キャリア
あとで読む
学生時代編10年間のバスケ経験から多くのことを学ぶ

坂本さんの「ガクチカ(学生時代一番力を入れたこと)」は?


学生時代の坂本さん

                ▲学生時代の坂本さん

学生時代に一番頑張ったことは、バスケットボールのサークル活動です。中学からずっとやっていたことですが、自分がつらいときに仲間が走ってくれたり、逆に自分が頑張ることで仲間を鼓舞することができたり、バスケを通して「仲間を信じて自分がどこまで頑張ることができるか」ということを学びました。


また、大学時にはすし店でアルバイトをしていました。そのお店がミシュランの星を獲得していて、高い技術と信念を持つ職人さんの間近で働くことで、仕事に対する妥協しない姿勢が学べたことは、すごくいい経験だったと思います。

仕事で役立っている大学時代の経験は?


やはりバスケットボールを通して学んだ「諦めないこと」や「相手のために行動すること」、そして「仲間を信じること」は、仕事だけでなくどんなことでも生かせています。この経験から、仕事でわからない、どうしようもないと思った際も、そこで立ち止まらず、貪欲に前に進むように行動できています。

また、大学時代は個性的な教授が多く、提出物などのやり取りも一筋縄でいかないことが多々ありました。でもそこであきらめず「いったん相手の話を飲み込み、自分の中で咀嚼」してから冷静な判断で対応することで、うまく乗り切ることができ、そこで「いったん相手を認める」ということも学びました。これは相手を尊重するということにもつながりますし、今も役に立っていますね。

就活前にやっておいたほうがいいことは?


インタビュー2

私は「友達から薦められたモノやコトをやってみる」ことがいいと思います。自分の好きなこと、興味のあることに取り組むのはいいと思いますが、それだけでは世界が広がらないので、他の人からも自分の世界を広げる手掛かりを得るといいですね。「他の人が薦めるものはちょっと……」と敬遠する人もいますが、どんなものでもまずは経験してみて、そこで自分なりの評価を下せばいいのだと思います。そこでの経験は無駄にはなりませんから、時間のある大学生のうちに、自分の視野を広げられる、たくさんの経験をしてください。

年間15万件もの興行を扱う大変な仕事ではあるものの、新しい発見や興味心を刺激されるような出会いも多いという坂本さん。もちろんそれは坂本さんが持っている、「自分が知らないことを知りたい、吸収したい」という強い好奇心あるからこそでしょう。それに加え、まったく知らないことでもまずは自分の中に取り込み、自分なりの考えに昇華させる柔軟な考えも、その好奇心を後押ししている要素なのかもしれません。

DATA

趣味:バスケットボール、買い物、冷やし中華を食べること
特技:バスケットボール
就活で受けた企業数:10-15社
志望していた業界:化粧品、マスコミ関係
今の会社の魅力:「みんな違ってみんないい」という雰囲気


文:中田ボンベ@dcp
写真:佐藤登志雄
取材協力:ぴあ株式会社

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催