ワンルームにおすすめのインテリア&レイアウトのコツ 狭くてもおしゃれに暮らそう! 2ページ目

編集部:いとり
2017/08/19
入学準備・新生活
あとで読む
■ワンルームのインテリア&レイアウトのコツ4 部屋の形によってレイアウトが変わる


部屋の形もインテリアでは重要

家具を配置する場合、部屋の形によってレイアウトが変わってきます。例えば、奥に長い長方形の部屋、横に長い長方形の部屋、正方形に近い部屋などによって、また、それぞれの窓の位置によっても変わってきます。ここでは、基本的な配置例をご紹介しておきましょう。


<奥に長い長方形の部屋>

奥に長い長方形の部屋は、奥のスペースと手前のスペースに分けて考えましょう。一般的にこのような部屋の場合、奥が窓になっていることが多いと思いますが、奥にはベッドを置いて就寝スペース、手前はローテーブルやソファーなど置き、くつろぎのスペースとしてセパレートします。チェストやラックなどの家具は手前のスペースの壁に沿って配置することになります。可能ならばベッドは横向きに配置すると、スペースを広く使えます。この場合の家具の配置はL字型になり、スペース効率のいい配置になります。

窓がベランダの場合は、出入りも考慮しなければならないためベッドを縦に配置せざるを得ない場合も出てきます。この場合はベッドを置いた壁に沿わせてチェストやラックなどを一列に配置するため、細長いスペースしか取れなくなり、スペース効率がいいとはいえません。壁が近いため圧迫感があり、快適な部屋にするためにはかなり工夫が必要です。

<横に長い長方形の部屋>

横に長い長方形の部屋の場合は、家具を両サイドに並列して配置すると、真ん中に広いスペースが取れます。また部屋のどちらかのサイドに家具をL字型にまとめて配置すれば、残ったスペースが有効に使えるため、横に長い長方形の部屋は最もレイアウトのしやすい部屋の形といえます。また、奥に窓がある部屋は視線が直接窓に向かうため、開放感のある部屋づくりができます。部屋は形によって(同じ面積であっても)、レイアウトのしやすい部屋もあればしにくい部屋もあります。部屋探しの際にはレイアウトのしやすさも重要視しましょう。

<正方形の部屋の場合>

8畳の部屋というのが正方形の形です。6畳タイプのワンルームより2畳だけ広いのですが、この2畳の広さは意外と大きいものです。1畳が90cm×180cm程度ですから、2畳は180cm×180cmほど広くなることです。ベッドの大きさがシングルサイズで97cm×195cm程度ですから、ベッドを余裕で置くことができるスペースがあるということです。

8畳タイプワンルームのコーディネートは、どちら側(奥と手前・左と右)にセパレートしても同じスペースがとれ、ベッドスペースとくつろぎのスペースに分けて、ソファーやローテーブルも置くことができます。家具の配列もL字型にも並列型にも自由に対応しやすいスペースです。しかし注意したいのは、少し広めだからといって、大きい家具を置いてしまうと、せっかくのスペースを無駄に取られてしまいます。無理のない動線を確保するためにも、家具はできるだけ小さなものを選ぶほうが無難です。もし一つだけ大きい家具を置きたい場合は、その他の家具や物を省く覚悟が必要になります。

■ワンルームのインテリア&レイアウトのコツ5 家具選びに失敗しないために!

「部屋も決まり、さあ、必要な家具を探さなければ……」

こんな気持ちで臨む、一人暮らしを始めるための準備期間は、とても楽しい時間ですね。でも、家具選びはくれぐれも慎重に行いましょう。最初に家具を揃えてしまって、後悔することが多いからです。家具類は生活しながら揃えていっても遅くはありません。最初に必要なのは、寝具と身の回りの必需品くらいでしょう。生活していくうちに、

「ここにこれがあると便利だな……」
「やはり、この家具は必要だな……」

なんてこともわかってきます。それから少しずつ揃えていくほうが、失敗が少ないでしょう。そして必ず注意したいのが、部屋に最適なサイズの家具を選ぶということです。「ちょっと大きめだけど、何とかなるだろう」は失敗のもと。このちょっとが、後々の生活に不自由を与えることになるからです。

■ワンルームのインテリア&レイアウトのコツ6 知っておくと便利! 一般的な家具のサイズ

部屋のレイアウトを考えるとき、6畳のスペースなら、これとこれを置いて……と頭の中でイメージしますよね。そんなときに必要なのが一般的な家具のサイズ。覚えておくと、ガランとした何もない空間でも部屋づくりのイメージがしやすくなります。近年は家具のサイズがとても豊富になりあらゆる部屋に対応したものが市販されるようになってきましたが、それも含めて知っておくととても便利だと思います。

・シングルサイズのベッド=幅97cm×長さ195cm
・SSサイズのベッド=幅85cm×長さ195cm
・ワイドシングルベッド=幅110cm×長さ195cm

その他にも、背の高い男性用には、205cmの長さがあるロングタイプや小柄な女性向のマットレスが180cmのショートタイプがあります。

・デスクのサイズ(一般的なもの)=幅100cm~120cm×奥行60cm~70cm
・ワードロープ(洋服タンス)=幅50cm~90cm×奥行57cm×高さ180cm
・一人掛けソファー=幅65cm~100cm×奥行80cm~100cm
・二人掛けソファー=幅140cm~180cm×奥行80cm~100cm
・三人掛けソファー=幅170cm~200cm×奥行80cm~100cm

(ソファーを置く場合は、このサイズに座ったときの脚を置くスペースや歩くときに無理がないスペースを考慮に入れましょう)

ワンルームでおすすめしたいインテリアレイアウトやコツ・ポイントなどをご紹介しました。まずはレイアウトする前に、ご自分のライフスタイルを確認することから始めましょう。居心地がよく、一人暮らしをエンジョイできる、あなたらしいインテリアのレイアウトをぜひ考えてくださいね!


執筆:宮崎ゆう(ナレッジ・リンクス)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催