【サニーサイドアップの先輩社員】スポーツプロモーション部 メディアユニット 佐川恵美里さん

編集部:はまみ
2017/08/02
キャリア
あとで読む

サニーサイドアップの佐川さん

プロフィール:佐川 恵美里(さがわ えみり)
成城大学 社会イノベーション学部卒業。2016年新卒入社、2017年現在入社2年目。大型商業施設や大手メーカーの商品のPR案件を担当し、ニュースとして多くのメディアに紹介してもらえるよう、メディア露出を図るメディアリレーション業務に従事している。


「たのしいさわぎをおこしたい」をスローガンに、企業の商品・サービスのPR、スポーツビジネスやオールデイカジュアルダイニング「bills」の展開など、PRノウハウを活かして多方面で事業を行っている株式会社サニーサイドアップ。その実績は普段私たちがテレビや雑誌などでよく目にするニュースばかり! 今回は、ニュースという形でメディアへ露出するために、日々奮闘している入社2年目の佐川さんに仕事のやりがいや学生時代についてのお話を伺いました。


▼株式会社サニーサイドアップの先輩社員をもっと見る!
株式会社サニーサイドアップの先輩一覧



社会人編「スポーツの魅力を広めたい」という想いから行き着いたPR会社

今のお仕事はどんな内容?


私の所属する部署では、大型商業施設や大手メーカーなど、クライアントの商品・サービスをより多くの方に知ってもらうため、新聞・テレビ・雑誌・WEBニュースなどのメディアにニュースとして紹介してもらえるようプロモートすることが主な仕事です。担当している家電メーカーですと、新作家電が出るタイミングで発売前にメディアの方々に向けて新製品発表会を開きます。その新製品発表会にたくさんのメディアの方に来てもらえるよう電話でご案内をしたり、ニュースとして紹介してもらえるよう商品の特徴を分かりやすく説明します。商品を借りて取材をしたいと希望があれば、要望を聞いてクライアント側に調整を行うこともあります。

メディアの方に、いかに価値あるニュースかと思ってもらえるかが鍵となってくるので、商品の特徴を深く理解する必要があり、クライアントとの打ち合わせはもちろんのこと、勉強は欠かせません。また、メディアの方が今どんな情報がほしいのか、どんな企画・特集を組もうとしているのかなどを把握するためにも、メディアの方たちとの関係作りも欠かせません。現在入社2年目の私が一度に持つ案件数は、おおよそ5〜7件ほどです。

一番楽しかった&つらかった仕事は?



入社3ヶ月目から担当している、『F5WC(フットボール ファイブス ワールド チャンピオンシップ)』というアマチュア5人制サッカー競技のPR案件ですね。F5WCは弊社で日本大会の運営事務局をしているのですが、私はその中でも、大会の認知度や参加率を高めるためにメディアへのプロモートを担当しています。この大会は、プレーするコートの広さはフットサルと同じですが、球はサッカーボールを使用するので、サッカーともフットサルとも感覚が違って難しいんです。でもだからこそ新しい競技としての楽しみ方があって、その魅力を発信していくことにはとてもやりがいを感じました。私自身、学生時代にサッカーをしていたこともあって、自分がずっと視聴者として観ていたスポーツ番組や雑誌にF5WCを取り上げてもらえたときは本当にうれしかったです。


また、スポーツ番組以外で、「大人になっても夢を諦めないことの大切さ」をテーマに、選手それぞれが持つ目標や悩みなどにフォーカスして特集を組んでもらうことができました。未来に向かって夢を追いかけていたり、ステップアップのひとつとして参加している学生チームや若手プレーヤーが多い中で、今回優勝して日本代表になったチームは、選手全員が30歳以上のチームだったんです。そのストーリーが番組側に魅力に感じていただくことができ、特集につながりました。F5WCに出場する選手の想いや背景に密着してもらうことで、“アマチュアプレーヤーでも世界を目指すチャンスがある"という大会の意義を世の中に広めることができるということも、この案件を担当してやりがいを感じました。

そのほかにもチームの海外遠征に一緒に付いていくなど、F5WCが世の中に浸透していくのを一番近くでサポートできたことは、とてもいい経験になりました。今でも関わった選手たちから近況報告が届いたりするので、仕事を通して色々な方たちの人生に関わっているんだと実感することができました。

今の会社を選んだ理由は?


学生時代からずっとスポーツをしてきたので、将来はスポーツ関連の業界で働きたいと高校生の頃から考えていました。大学生のとき、2020年に東京でのオリンピック開催が決まったことで、よりその気持ちが強くなりました。スポーツ関係のメーカーも受けていたのですが、選考が進み色々な企業の面接をしていく中で「特定の商品の販売促進をするというよりは、より多くの人にスポーツの魅力を伝えられる仕事がしたい」と気付き、スポーツを通して様々なPR実績があるサニーサイドアップに決めました。

次のページ佐川さんが学生時代に力を入れたことは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「先輩ロールモデル」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催