レジュメとはどういう意味? 大学生になって初めて使う用語はほかにも

編集部:いとり
2018/04/10
入学準備・新生活
あとで読む

レジュメの意味とは


大学のゼミや講義で「レジュメ」という言葉を使うことがありますね。高校まではあまり使わなかった言葉でしょうから、新入生のみなさんは戸惑うかもしれません。レジュメも大学などの高等教育機関、研究機関で多く使われる言葉です。今回は、レジュメとはどういう意味か、またその使い方を解説します。

▼こちらもチェック!
あなたはいくつわかる? 大学別の最新大学生用語まとめ 【学生記者】

「レジュメ」はフランス語由来の言葉

「レジュメ」はフランス語の「résumé」を語源とします。

『広辞苑 第六版』によりますと、
摘要。要約。特に研究発表・講演などの内容をまとめたもの。レジメ
となっています(『広辞苑 第六版』P.2988より引用)。

例えば大学の講義で、「レジュメを作成してください」と言われたら、講義の内容をまとめて「摘要」を作成してください、という意味ですね。

ちなみに英語にも、フランス語の「résumé」を語源とする「resume(レジューム)」という単語がありますが、英語で使われる場合にはほとんど「履歴書」「職務経歴書」という意味になります。

レジュメ以外にも! 大学生になって初めて使った用語

●シラバス

・大学から使われる用語だと思うから(男性/24歳/大学院生)
・訳がわからないただの分厚い本だった(女性/20歳/短大・専門生)
・大学ならではといえばこれだと思う(男性/21歳/大学3年生)
・先生が言っていたけど意味不明でした(男性/20歳/大学2年生)

●楽単

・先輩がよく使っていて意味を教わった(女性/20歳/大学2年生)
・楽単と落胆と間違えて一瞬理解できなかった(女性/19歳/大学1年生)
・今日中によって授業やテストが違う大学ならではだと思う(女性/21歳/大学3年生)

●自主休講

・大学はユルいから(男性/22歳/大学4年生)
・響きがカッコいいと感じた(女性/18歳/大学1年生)
・サボるとか休むとかは使わないから(女性/20歳/大学2年生)
・サボりをうまく言い換えていてなるほどと思った(女性/25歳/大学院生)

次のページ知っておくと使える? 外来語の豆知識

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催