バイトの履歴書の写真はどうする? きれいな撮り方のコツ 2ページ目

編集部:いとり
2017/07/21
バイト知識
あとで読む
■履歴書用の写真を撮るときの髪型は?



バイトの履歴書の写真では、服装と同様に髪型もポイントのひとつ。大事なのは顔全体がはっきりとわかることです。前髪が目にかかったり、横に大きく流して顔が半分隠れたりしているのはNG。男性ならツンツン逆立てた髪型や長髪、女性なら頬のラインを髪が覆っているような髪型は避けましょう。

また、セミロングやロングの場合、後ろで結んだほうが清潔感を印象づけることができます。前髪が微妙な長さであれば、ピンで留めるかワックスやスプレーなどで目にかからないようにすると明るい感じになります。


髪の毛の色にも気を付けましょう。あまりに明るい色やメッシュ風に染めていたり、ブリーチしていたりするのであれば、写真撮りや面接の前に黒っぽく染め直した方がベストです。目立つ髪色のまま撮った写真では、担当者にマイナスの印象を残してしまうかもしれません。

「ファッション関係、それも奇抜なデザインのショップに応募するから……」

「見た目の関係ない仕事だから。」

という場合にも、少なくとも履歴書の写真と面接には顔全体がきちんと見える髪型や自然な髪色をおすすめします。そのショップに採用されてから、そこに合ったスタイルに変えればいいですし、採用担当者は写真を含めた見た目も判断基準にするからです。まずはきちんとマナーをわきまえていることをアピールしましょう。


■履歴書の写真を撮るとき、メイクはどうする?

履歴書の写真用の顔全体がはっきり見える髪型には、どんなメイクがいいのでしょう? いつもはメイクしないという人もいるかもしれませんが、ナチュラルメイクはしたほうがいいでしょう。首と顔の色が自然に見えるファンデーションに、眉の薄い人はアイブローで書き足します。アイラインやアイシャドーは必要に応じて使いましょう。特にアイシャドーは濃くつけすぎたり、パールやラメが強く光るものは避けたりと、派手にならないよう気をつけて下さい。

チークは頬骨に沿って薄くつけましょう。濃くつけすぎると熱があるように見えてしまいますし、反対にチークを全くつけないと顔色が悪く、不健康そうに見られがちなので、つける場所と濃さには十分注意して下さいね。

リップは何系の色が自分の顔に合うかは人それぞれ。そのため、唇がほんのり明るく健康的に見える程度につけましょう。リップに関しても、ラメが強いキラキラするリップグロスは、使うのを控えた方がベストです。


カラーコンタクトやつけまつげも避けたほうがいいアイテム。あくまでも自然な自分をアピールするためにナチュラルメイクを心掛けましょう。いずれ近い将来必要になることを考えて、普段がっつりメイクでキメている人もこれを機会にナチュラルメイクの練習をするといいかもしれませんね。

「ナチュラルとか自然な」とかいわれても、どうにもうまくできないという人は、就職活動のマニュアル本や就職サイトを参考にするのもありです。バイトにも十分応用できるでしょう。

次のページ履歴書用の写真を撮る際の表情やちょっとしたコツは?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催