貿易事務とは? 仕事内容や資格について知ろう 2ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

■貿易事務の収入はどうなっている?


貿易事務の収入は、一般事務と同等か、若干上であることが多いようです。例えば一般事務の場合、正社員だと給与は月14-18万程度。賞与も合計すると、年収は約300万円に届くか届かないかでしょう。貿易事務の場合は能力に応じて給与がアップしたりしますが、月20万前後、年収では高くても350万に届かないくらいの場合が多く見られます。

正社員以外の採用、例えば契約社員での募集も多くあります。その場合は時給での募集となります。金額は1時間1,000-1,300円程度。高いところならば1,500円というところもありますが、その場合は通関士などの資格が募集条件であるケースも少なからず見られます。


貿易事務とはどんな仕事かについてご紹介しました。日本はさまざまな国と貿易を行っていますから、輸出入を円滑に進める貿易事務の仕事は必要不可欠と言えるでしょう。一般事務職からのステップアップを考えている人は、貿易事務も候補にしてみてはいかがでしょうか。

(中田ボンベ@dcp)

2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催