アニメーターになるには? 専門学校には行くべき? 気になる雇用形態や年収もチェック

編集部:いとり
2017/06/15
仕事を知る
あとで読む

アニメーターは、アニメの動画を制作する職種です。アニメーターはアニメの命である「生き生きした動き」をつくり出す大事な仕事。アニメーターがいなければ、絵は動きません。今回は「アニメーターになるには」についてご紹介します。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■アニメーターの仕事とは?

アニメーターの仕事は動画を制作することです。そもそも「animator(アニメーター)」という単語は「生気を与える人」という意味。「動画制作者」は、絵を生き生きと動かす人なので「アニメーター」と呼ばれるのです。

アニメーターの仕事には「原画」と「中割」があります。それぞれ担当する人を「原画マン」「動画マン」と呼びます。原画マンは、動作の開始点、またシーンの重要なキーポイントになる「絵」を担当します。
動画マンは、原画と原画の間の中割という絵を担当します。原画マンは、原画と原画の間を何枚の絵で割るか(何枚の絵を描くか)と、どのように動かすかの指示を出します。動画マンはその指示に従って、中割の絵を描きます。
簡単にいうと、パラパラ漫画の最初と最後の絵を担当するのが原画マン、間の動きの絵を担当するのが動画マンです。

アニメーターになるとまずは動画マンとして仕事をします。中割がどのように描かれるかがわからないと、動画制作について理解していることにならないからです。動画マンとしての経験を積み、スキルが認められると原画マンに昇格することが可能です。

原画マンでその才能や技術を認められると、「作画監督」にステップアップすることも。作画監督(また総作画監督)になると、動画制作の全体を見て仕事をすることになります。原画マンを経て演出家になるケースも少なくありません。

■アニメーターになるには? 特に資格はいりません

アニメーターになるのに特に資格が求められることはありません。必要なのは「画力」です。また、何百枚、何千枚と絵を描くので、当然ですが絵を描くことが好きでないと務まらない仕事です。

しかし、いくら画力があって絵を描くのが好きでも、いきなりフリーランスのアニメーターというのはなかなかありませんので、アニメーターになるには、まずどこかの制作会社に入社(あるいは所属:後述)する必要があります。フローとしては次の2つが一般的です。

●専門学校経由で
高校卒業

専門学校・アニメーター養成コースなど

アニメの制作会社

●大学経由で
大学(美術・デザイン系)卒業

アニメの制作会社

アニメの制作本数があまりにも多いため、アニメ業界全体でアニメーターが足りないと言われています。しかし、制作会社がほしいのは早く戦力になってくれる人です。新卒でアニメーターの募集をかけている企業もありますが、そこでも大事なのは画力。制作会社の選考をパスするだけの画力を磨いておかないと、アニメーターにはなれないのです。

次のページアニメーターの気になるお給料と雇用形態は?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催