イラストレーターになるには? 求められるスキルを知ろう 2ページ目

編集部:いとり
2017/06/15
仕事を知る
あとで読む
■イラストレーターになるには?

イラストレーターは、特に資格など必要ではありません。求められるのはスキルだけですから、イラストレーターになるためのフローも特にありません。

たとえば、有名なイラストレーターとして活躍された長岡秀星先生は、武蔵野美術学校に入学しますが、在学中にイラストの仕事を手掛けて有名になり、卒業せずに退学。アメリカに渡ってアートスタジオを設立。世界的なイラストレーターとなりました。

イラストレーターになるというよりも、イラストレーターとして認められるには、やはり仕事を受注し、それを積み重ねていくしかありません。そのためには、たとえば出版社に持ち込みをしたり、Web上で編集者に注目される、といった仕事を受注するための「きっかけ」が必要となります。

■個性的なタッチ、オリジナリティーが最も重要!

近年は、無料で使用できるイラストを集めたサイトがあり、そのイラストがけっこう使えるとWebメディアで多用されています。

ですから、これからイラストレーターになろうという人は、そういったフリーイラストでは賄いきれないしっかりとした個性を持ち、「この人でなければ駄目だ」とクライアントに思われる必要があります。そうでなければ仕事を得ることは難しいでしょう。

イラストレーターになるにはどうすればいいかについてご紹介しました。実際、現役でイラストレーターを生業(なりわい)としている人は、オンリーワンの個性を感じられるイラストを描く人ばかりではないでしょうか。イラストレーターは、スキルよりもむしろ光る個性こそが必要な仕事といえるでしょう。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催