テスト前の大学生必見! 授業で役立つ効果的なノートの取り方9選 2ページ目

編集部:すい
2017/06/06
授業・履修・ゼミ
あとで読む
●色ペンを使う

・後で見返しやすい(男性/18歳/大学1年生)
・覚えるためには目立たせるべき(男性/21歳/大学4年生)
・特に青色が頭にインプットされやすいと聞いたことがある(男性/23歳/大学4年生)
・わかりやすく覚えやすいから(女性/21歳/大学4年生)

●先生の話をメモする

・黒板に書かれないこともテストにでたりするし、理解しやすいから(女性/23歳/大学4年生)
・先生が話したところ以外を書くと正解にならなかったことがあるから(女性/19歳/大学1年生)
・大切なポイントばっかりだから(女性/18歳/大学1年生)
・板書よりも話を理解することが大事(女性/22歳/大学4年生)

●その他

・付箋を使う。ノートが汚れないから(女性/25歳/短大・専門学校生)
・図を書く。特に力学などは正確な図を書いて、物体の状態を把握することが重要(女性/22歳/大学4年生)
・先生の小話もメモする。補足になり、わかりやすい(男性/21歳/大学4年生)
・とにかく寝ないように手を動かす。興味を持って聞くように心がけないと寝てしまうから(男性/22歳/大学院生)

「色ペンを使う」という方法は高校・中学時代から行っていたという人も多いのでは? たしかにこれによってどこが重要か一目瞭然になって便利ですよね。しかし、あまりに多用しすぎると、本当に重要な部分がどこなのかわからなくなるので注意が必要です!

いかがでしたか? もっとも支持を集めた回答が「先生の話をしっかりメモする」。板書した内容は言わずもがなで、たまにテストに出るくらい重要なことを言ったり、板書がより深く理解できるような話をしたりするため、しっかりと話を聞いて教授のコメントもノートに書いていったほうがよさそうですね。

文●ロックスター小島

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年5月
調査人数:大学生男女402人(男性202人、女性200人)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催