ジャーナリストとは? なるにはどうすればいい?

編集部:いとり
2017/06/04
仕事を知る
あとで読む

よく耳にする「ジャーナリスト」という仕事ですが、具体的にどんな仕事をするのか、意外と知らない人も多いでしょう。また、このジャーナリストという仕事に就くためにはどうすればいいのかもあまり知られていません。そこで今回は、ジャーナリストとはどんな仕事か、なるにはどうすればいいのかについてまとめてみました。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■ジャーナリストとは、報道記事を書く仕事

ジャーナリストの説明の前に、まずは「ジャーナリズム(journalism)」から説明しましょう。ジャーナリズムについて『広辞苑 第六版』には、

●新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどで時事的な問題の報道・解説・批評などを行う活動。またその事業・組織。(P.1292より引用)

このように記載されています。つまり「ジャーナリスト(journalist)」とは、こうした「ジャーナリズムを行う人」ということになります。例えば新聞や雑誌に報道記事を書く人や、そうした記事を編集する人、テレビやラジオで専門的に解説する人も、ジャーナリストといえます。

また、ジャーナリストは経済ジャーナリストや軍事ジャーナリスト、また芸能ジャーナリストなど、その人が専門とする分野を頭に付けて呼称するケースも見られます。
では、ジャーナリストになるにはどうすればいいのでしょうか?

■ジャーナリストには誰でもなることができる!

ジャーナリストとして活動する上で必須となる資格はなく、基本的には誰でもジャーナリストと名乗ることは可能です。しかし経験や実績がないと仕事の依頼はほぼ来ませんから、経験のない人がいきなりジャーナリストとして食べていくことは難しいでしょう。

ですので、新聞社や出版社に入りその媒体の編集者や記者として活動することがルートの一つとして挙げられます。現在ジャーナリストとして活躍されている人の中にも、現役記者の人や元記者、元編集者の人が多くいます。

また、大学や短大、専門学校ではジャーナリストを目指す人向けのコースや、マスコミ向けのコースが設けられていることもあり、こうしたコースで学ぶことでジャーナリストとしてのスキルを少しでも学ぶことができるでしょう。また社会人向けの講座なども開催されています。

とはいえ、やはり現場で経験を積み、能力を培うのが一番。ジャーナリストになりたいという人は、まず新聞社や出版社に入ることを目指すのがいいでしょう。

先ほど説明したように、ジャーナリストには資格はありませんから、もし新聞社や出版社に入れなかったとしても、フリージャーナリストとして活動することも可能です。後ろ盾がない分厳しい道となりますが、自分の好きな分野のジャーナリズムを自由に行いたいの場合には適しているといえます。

次のページ気になるジャーナリストの収入は?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催