今のアルバイトの時給ってどのくらい? 高時給バイトに就くための3つの方法

学生の窓口編集部+
2015/04/28
バイトノウハウ
あとで読む

今のアルバイトの時給ってどのくらい? 高時給バイトに就くための3つの方法

大学生活が始まり、アルバイトを新しく始める学生は多いのではないでしょうか。アルバイトは出会いや社会勉強という側面はもちろん、お金を自分で稼ぐという大人への一歩でもありますよね。大学生に今やっているアルバイトの時給をアンケートしたところ、


半数以上が時給900円以下という反面、時給1400円以上という学生が10%もいました。どうせ同じ時間働くならば、少しでもいい時給で働きたい、そう思っている人も少なくないのでは? 今回は、高時給アルバイトを探すときのポイントを紹介します。


1.深夜の時間帯に働く
働く時間帯によっても、アルバイトの時給は異なります。時給が高くなるのは、深夜の時間帯です。労働基準法により22時以降は深夜手当がつくので、単純に同じ仕事内容でも深夜働くことで時給はアップします。

「深夜のコンビニでアルバイトしています。お客も少ないし、時給も昼よりも多いし、昼は遊べるので自分には合っています」(明治大学・3年男性)
「休日前は朝まで居酒屋で働いています。週に2日しかアルバイトしませんが、それでも周りの子よりも稼いでいます」(立教大学・1年女性)

次の日の授業に支障が出ないようにするなどの工夫は必要ですが、夜の時間を有効に使えるひとつの方法かもしれませんね。ただアルバイト中に寝てしまわないようにだけ気をつけましょう。


2.スキルが求められる仕事を選ぶ
塾講師や家庭教師、デザイン業務などスキルが求められる仕事の高時給アルバイトの特徴の一つです。大学の偏差値によって家庭教師などは時給が大きく変わることもあるそうなので、まずはどれくらいの時給になるのか調べてみるのもいいかもしれません。デザイン業務などは成果報酬に近い面もあるため、時間外労働も多く、結果的に時給は下がることもありますが、その分短い時間でこなすことができれば、より高い時給になることもあります。

「多くの友達がやっているのは家庭教師の仕事。なんといっても他では考えられないような時給をもらえるのがうれしいです」(東京大学・2年男性)
「デザインのアルバイトを受託してやっています。時給計算するとコンビニより低いこともありますが、経験と実績にもなるので将来への投資だと思っています」(立教大学・3年女性)

自分のスキル次第で時給が上がっていくので、モチベーションアップにもつながりそうですね。家庭教師の時給がよいというのはよく聞きますが、実際は授業の予習などもある関係で時間外労働があるということも聞きます。いずれにしても、スキルや努力次第で評価される点は魅力的ですよね。

関連記事

あなたにオススメ

編集部ピックアップ

「バイト・家庭教師」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催