【バイト体験談】映画好きにはたまらない? シネコンバイトの実態!【学生記者】

吉河卓人
2017/05/11
バイト体験談
あとで読む

【バイト体験談】映画好きにはたまらない? シネコンバイトの実態!【学生記者】

こんにちは、法政大学の吉河卓人です。

▼吉河卓人さんの書いた記事をもっとみる
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/459

新学期が始まって一ヶ月が経ち、新入生はもちろん、2年生以上のみなさんも、生活リズムが定まってきたころかと思われます。中には、そろそろ何かバイトを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。学生に人気のバイトのひとつに映画館、それもシネコン(スクリーンの複数ある大型映画館)でのバイトがありますよね。そこで今回、都心の日本最大規模のシネコンでバイトしていた自身の経験から、シネコンでバイトをする際のおすすめポイントなどについてご紹介します。

■基本情報

ジャンル:都内シネコン
仕事内容:セクションごとに異なる。基本的にはチケットもぎり、客対応のフロア、飲食売店のコンセッション、チケット販売のボックス、物品売店のストアの4種類が存在する。
時給:時給は950円。交通費は500円まで支給。
シフト:最低4時間で週3以上。土日のどちらか1日に必ずシフトを入れなくてはいけない。
家・学校からの距離:家から電車で80分ほど。学校からは有楽町線と大江戸線で20分程度。

■バイト中の身だしなみについて

夏用、冬用の制服があり、ネイルは禁止。髪色は9トーンまでであれば明るくしても大丈夫です。ひげやアクセサリーはNGで、髪型、化粧も清潔感のあるようにと毎日言われます。ただしピアスに関しては目立たないものであれば許可されます。飲食担当のコンセッションは特に厳しく、エプロンと帽子の着用が必要になります。また、毎日服装や身だしなみをチェックされます。

■バイトで学んだこと

セクションにもよりますが、基本的にはコンセッションでの業務が主だったので、コンセッションの業務で学べることについて説明します。飲食売店と同じように基礎的なレジ作業や会計作業などに関する知識が身につきます。また、セクションに関わらず全てのスタッフは映画館の経営についての話や接客、マナーの基本について教えてもらえます。その他にも、どんな映画が流行っているかという映画市場の情報を最先端で見ることができます。

次のページシネコンバイトでつらかったこととは?

関連記事

この記事を書いた人

Thumb f8c5fa1c3b804f8593e7
吉河卓人
法政大学2年 文学部日本文学科
吉河卓人です。小説の執筆サークルやバンドサークル、ボードゲームのサークルに所属しています。趣味はギターや映画鑑賞、小説の執筆、料理のほか美味しいご飯を探すことも大好きです。インディーズ音楽や映画のエンタメ、書籍などに関する情報を発信していくほか、2度の短期留学の経験を活かした情報の発信も行っていく所存です。よろしくお願いします。
もっと見る

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「バイト・家庭教師」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催