大学生になって初めての海外旅行! 準備に必要なものとは?

学生の窓口編集部
2015/04/28
海外旅行
あとで読む

大学生になって初めての海外旅行! 準備に必要なものとは?

大学生になって初めての海外旅行。出国直前では準備できないもの、必需品なのに機内に持ち込めないもの、あったら便利なものなど、何から準備したらいいのか、初めは分からないものですよね。今回は、初めて海外旅行へ出かける大学生のために、これだけは忘れてはいけない「5つの必須アイテム」を紹介します。

1.パスポート・ビザ
パスポートは絶対に必要です。まだ、取得していない人は最寄りのパスポートセンターへ申し込みに行きましょう。パスポートは申請から発行まで、約1週間の時間がかかると見込んでおいてください。そのため、早めの手続きが必要です。また、渡航する国や、滞在期間によってビザが必要なこともありますので、事前に調べておきましょう。

「パスポートの手続きを面倒くさがっていたら、取得が旅行ぎりぎりになってしまって焦りました。更新の時は計画的にしたいと思います」(早稲田大学・2年男性)
「ビザはいらないと思っていたら、友達に必要だと言われ急いで手続きしました。間に合ってよかったです」(立教大学・2年女性)

必須のパスポートはもちろん、国や期間によって義務付けられるビザは、早目に取得しましょう。手続きが遅れたばかりに自分だけが行けない……なんてことになったら、悔やんでも悔やみきれないですよね。


2.航空券
もちろん航空券も必要です。最近はネットで簡単に購入できますが、いくつか注意点があります。初めての海外旅行の場合、トランジット(経由地)がないほうが安心だと思います。直行便の航空券を買いましょう。また航空券の値段は時期によって変動します。予定が決まっているならば、安価な時に購入しておくのも手です。

「タイへの旅行ではネットで航空券を購入。しかし、中国でのトランジットで、一時間以上の移動が必要となり大変でした。しかも中国語が分からず、とても心細くなりました」(中央大学・3年男性)
「海外旅行の資金を無事に確保。「これで行ける」と思っていたら、いつの間にか航空券が高騰していました。安いうちに買っておけばよかったと、後悔しました」(法政大学・3年女性)

航空券の購入は、時期、金額、内容をしっかりに確認した方がいいですね。安く購入できるタイミングばかり気にした挙句、席が埋まってしまったら元も子もないですから。スピーディーな情報収集と購入を心がけるようにしましょう。


3.クレジットカード
また、海外旅行で便利なのがクレジットカードです。お金をおろす手数料よりも利率がお得な場合もあります。また現地でお金がなくなった時に、クレジットカードさえあればお金を用意することができます。海外ではトラブルに巻き込まれて現金を失うケースの想定が必要でうし、現実に失うこともあります。クレジットカードを用意し、現金を二つに分けて持ち歩くなどの準備が必要です。

「海外旅行に行く前にクレジットカードを作りました。盗難や病気になった時のことを考え、海外保険対応のカードにしました」(青山学院大学・3年男性)
「世界一周の前にクレジットカードを2枚作り、できるだけクレジットカードを使うようにしていました。確かに便利! だけど使い過ぎが怖いですね」(立教大学・3年女性)

海外保険に自動加入できるクレジットカードは多いので、まだカードを持っていない人は1枚くらい作ってもいいかもしれませんね。もちろん日本でそのまま使えるものがほとんどですし、いざという時に役に立つと思います。


4.コンセントの変換プラグ
国・地域によってコンセントの電圧が違う国があります。事前に訪れる国のガイドブックを読んで、変換プラグが必要か確認しておきましょう。

「コンセントの変換プラグが必要な国に変圧器を持って行かなかったため、携帯の充電ができなくて困りました」(中央大学・2年女性)
「変換プラグは持っていても日本で使うことは無いので、買うかは迷いますよね。でも一応一個だけ持っています」(青山学院大学・4年女性)

東南アジア、ヨーロッパ、南米など多くの地域で使うことになる変換プラグ。充電器を持って行っても変換プラグがなければ充電器が使えないため、意味がありません。変換プラグが必要か否か、必ず調べておきましょう。また、アメリカ圏も日本より電圧が少し高め。20Vアップくらいまでなら対応できる機種・製品はありますが、こちらも変換プラグを用意した方が無難でしょう。最近はモバイルバッテリーも増えてきていますが、特に旅行によく行く人は、1つ購入しておくと便利です。


5.薬
最後に薬も忘れずに持参しましょう。薬は海外で入手することが難しい場合もあります。まず英語で書かれているため、自分にあった薬かどうか判断が難しく、日本人の体質に合っているかどうかも分かりません。薬は小さくて荷物になるほどではありませんので、普段使用している薬があれば持参してください。

「ベトナムで体調を崩した時に、自分の体調も説明できないし、薬も自分の体にあったものをもらえず困りました」(早稲田大学・3年男性)
「アメリカでお腹をくだした際、友達が持っていた正露丸に助けられました。それ以後、旅行では薬を常備することにしています」(慶應義塾大学・4年女性)

海外で薬を入手するには、現地の言葉での説明が必要となるため大変です。日本で認可されていない薬や、成分の含有量が高く体質に合わないなどのリスクを回避するためにも、日本から最低限の薬を持参するようにしましょう。生死にかかわる問題に発展する可能性もありますし、注意しなければなりません。


いかがでしたか?
初めての海外旅行で慌てないためにも、この項目で取り上げたものは持参するようにしてください。
それでは素敵な海外旅行になることを祈っています!

(早稲田大学政治経済学部3年 外山)

関連記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催