TOEICを勉強する学生に送る、効果的な学習方法―リスニング編―【学生記者】

里慶
2017/04/14
授業・履修・ゼミ
あとで読む

こんばんは、横浜市立大学の里慶です。
今回は留学経験なしでTOEIC900点以上を取得した私が、実践したTOEIC勉強法のListening編をご紹介します。リスニングはなかなか得点が上がりづらいところですが、逆を言えば一度身につければ低下しづらい能力でもあります。僕も最初のころは全く手も足も出ませんでしたが、今ではリーディングよりも得意です。ポイントを3つの点に絞ってご紹介しますので、TOEICのリスニングが苦手な方はぜひ参考にしてみてください。

▼里慶さんのほかの記事もチェック!
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/316

1. part3→part4→part2→part1の順番で対策をする

世の中の参考書を見るとなんちゃって英語力で、TOEICの点数がただあがればいいというようなことが書かれていることがあります。たしかに急いで点数を取らないといけない人にとっては要点だけ山を張って勉強する方法もいいかもしれませんが、それでは本当の英語の力は身につきません。また、新傾向になったTOEICはpart3,part4の比重が大幅に増えました。ここのパートでしっかり点数を取らないと得点にはつながりません。まずは大きな得点源となるpart3,part4の対策をしっかり行いましょう!

2.リスニング問題を聞きながら日本語に訳さない

全てを日本語に訳さないというわけではありませんが、その数を減らしていくのがリスニングの点数を上げるコツです。僕がいつも実践しているのは、英語を聞いたとき日本語に直すのではなく、頭の中で映像化すること。いちいち日本語に訳しながらやっていると、問題文が長すぎるものなどは限界がありますし、かなり頭を使うので疲れます。少しずつでいいので、英語を聞いたときそのまま情景をイメージできるように練習しましょう。

たとえば John is runningという文が流れてきたら「ジョンが走っている」のではなく、その様子を頭に思い描きながら次の文を聴きます。そうすることで聞き漏らしが減り、より英語脳になり、なにより疲れません。慣れないうちは大変ですが、これができるかどうかは将来的に英語をうまく使えるようになるかのわかれ目です。

次のページリスニング上達のコツは真似ること!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催