教師になるにはどうすればいい?教員免許・試験の仕組み、履修科目についてわかりやすく解説

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

みなさんは、教師になるにはどうすればいいかご存じでしょうか? 大学で教職課程に進まれている人は知っているかもしれませんが、そうでない場合は意外と知らない人も多いでしょう。そこで今回は、意外と知らない教師になる方法や、教員免許・試験についてまとめてみました。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

教員になるには教員免許の取得が必要!

「学校の先生になりたい!」という場合、必ず必要になるのが「教員免許」の取得です。教員免許は、教職課程のある大学や短期大学に入り、定められた科目を習得。その後、各都道府県教育委員会に教員免許状の授与申請を行うことで授与されます。教職課程を修了していない場合でも、「教員資格認定試験」に合格することで教員免許を取得することができます。

教員免許には幾つかの種類があります。まず代表的なのが、一般的に大学や短大の教職課程を経て取得する「普通免許状」です。普通免許状も以下のように3つの種類に分かれています。

・一種免許状……学士の学位を有することが必要
・二種免許状……短期大学士・専門士の学位を有することが必要
・専修免許状……修士の学位を有することが必要

一種免許状は大学の教職課程を経て取得できるもの。二種免許状は短期大学の教職課程を経て取得するもの(大学での教職課程によっては、二種免許状が授与されるケースもあります)。そして専修免許状は大学院で修士の学位を得ることで取得できる教員免許です。これらの普通免許状は、全ての都道府県で有効となり有効期限は10年間です。

他に、教員免許状を持っていないものの、専門的な知識や経験を持つ人を教員として迎える場合に授与される「特別免許状」や、助教諭の免許状および養護助教諭の免許状として授与される「臨時免許状」があります。これらは教育職員検定に合格することで授与されるもので、教育職員検定を受けた都道府県のみ有効な免許。また有効期間は特別免許状が10年、臨時免許状が原則は3年となっています。

中学と高校の教員になるには科目ごとの免許が必要!

免許状は学校種ごとにも分かれています。例えば普通免許状については、幼稚園、小学校、中学校、高等学校のいずれかの免許を取得することになります(二種免許状は、幼稚園、小学校、中学校の3種類)。中学校と高等学校の教員免許はさらに教科ごとに免許が分かれており、それぞれの教科に対応した科目を習得する必要があります。文部科学省の資料によると、

●中学校……国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、保健、技術、家庭、職業、職業指導、職業実習、外国語(英語、ドイツ語等)、宗教
●高等学校……国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習、福祉、福祉実習、商船、商船実習、職業指導、外国語(英語、ドイツ語等)、宗教

このように科目が分かれています。もちろん対応した科目を習得しないと教えることはできません。大学によって習得できる科目が異なる場合がありますので、特定の科目の教諭を目指すなら、大学選びが重要になってきます。

実際に教員を目指す場合どんな学生生活になるの?


教員免許取得を目指すなら、教職課程の履修が一般的。これらの単位をきちんと取れていれば、卒業時にめでたく教員免許が取得できるというわけです。
教職課程の単位を取得し、4年次に教育実習を実施し、新卒から教員として勤務するのなら4年次のうちに教員採用試験を受ける必要があります。
3年次までに教職課程と教育実習に関わる講義を済ませておくのが理想的ですね。
こう並べてみると、4年間の学生生活はとても忙しいものになりそうです。
実際にどんな講義を履修することになるのか、どんなスケジュールになるのかイメージしていきましょう。

教員免許取得を目指す学生はどんな講義を取ればいいの?

一般的に教職課程は、「法律に則った科目」「教育の基礎的理解の科目」「教科および指導法の科目」の3つの柱から成り立ちます。
多くの大学では、これらのすべての領域の単位を取得しなければ教員免許は取得できません。
先ほど紹介したように、4年次は教員採用試験と教育実習で忙しくなりますので、これらの単位は3年次までに取得しておくべきです。
ちなみに、教職課程がメインのカリキュラムとなっている教育学部の場合は、あまり注意せずとも自動的に教職課程をなぞるカリキュラムになっていることが多いです。

「法律に則った科目」

これは、教員になるにあたって必ず必要であると法律で定められた科目で、どの大学の教職課程でもこれらの単位を取得することが必須条件です。
「日本国憲法」「体育」「外国語コミュニケーション」「情報機器の操作」の4ジャンルで、これらの単位を半期週1コマ(2単位)以上取っておくようにしましょう。

「教育の基礎的理解の科目」

「教育原論」など、教育に関する理解を深める科目がこちら。
心理学や生徒指導にかかわることなどを学ぶ科目で、こちらは大学によって講座の名前が変わってくるものです。
どの科目を履修するのか、登録時にきちんと確認するようにしましょう。

「教科および指導法の科目」

教育実習で指導予定の科目についての講義を受講します。
たとえば国語の先生になりたければ国語について学び、理科の先生になりたければ理科の座学とともに実験なども行います。
こちらはどの種類の免許(幼稚園教諭、小学校教諭など)を目指すかによって変わってくるものですので、どの単位を取得するのかというのは事前に確認し、間違えないように履修しましょう。

安易な気持ちで取り組むと痛い目を見ることも…

このように、教職課程というのは多くの単位を取得する必要があります。
中学校教諭を目指すなら、おおよそ3年次で介護体験実習なども必要になり、さらに要する時間が多くなってきます。
履修登録も教育学部でなければご自身で確認して確実に行わなければならなく、1年次から「どの学校(小学校、中学校など)の先生になりたいのか」「どの科目を教えるのか」というビジョンを持っていることが必須。
さらに、教育実習は体力勝負なのもあり、生半可な気持ちでは教員免許取得は難しいと言えるでしょう。
特に理系の先生になりたい場合は、いわゆるフルコマになってしまい「悠々自適な学生生活」とは程遠くなってしまう場合も…。
「バイトや部活も楽しみたい!」という方にとっては、さらに過酷なスケジュールとなってしまう可能性があります。
教員採用試験は4年次の春ごろですので、そこに向けての計画的な学習も求められるのも特徴。
このように、教員免許取得にはさまざまなハードルがあります。
「先生になりたい!」という強い気持ちを持って学生生活に臨める方にはおすすめできる目標です。

1

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催