「交流関係が広がる」「活動規模が大きい」現役学生から見たインカレサークルの魅力って?

学生の窓口編集部
2015/04/28
サークル選び
あとで読む

「交流関係が広がる」「活動規模が大きい」現役学生から見たインカレサークルの魅力って?

みなさんはインカレサークルという言葉を知っていますか? インカレサークルとは、Intercollegiate = 大学間のサークルという意味から、所属大学関係なく活動するサークルのことを指します。通常は自分の所属する大学のサークルに入ることが多いのですが、最近ではインカレサークルが増えてきています。


特に社会的な活動をするインカレサークルは「学生団体」と名乗り、一般のサークルとは一線を画しているなど、インカレサークルにも様々な種類があります。なお、アンケート調査の結果、インカレサークルに入っている学生は15%でした。今回は、そんなインカレサークルの魅力について紹介したいと思います。


●他大学の学生と交流できる
インカレサークルは大学関係なく活動しているので、他大学の学生との交流があります。同じ大学の学生だけでなく他大学の学生と話すことで広がる知見もあります。

「学歴が全てではないですが、高学歴の学生と話すと刺激になることが多いので、インカレサークルに入りました。そういった刺激があることは自分の将来にプラスになると感じています」(日本大学・3年男性)
「学部にはほとんど男だけで出会いがないので、インカレサークルで出会いが多いのはとても嬉しいです。また、そういった出会いを求めている学生が集まっているので、すぐに仲良くなれるのも魅力のひとつです」(早稲田大学・2年男性)

同じ大学のサークルにはない出会いと刺激があることが、インカレサークルの良さの一つみたいですね。また女子大だと男子学生との接点は少ないですし、理系の大学も女子大生は少なく、そういった異性との接点を求めて、インカレサークルに入る学生もいるようです。


●規模が大きな活動ができる
インカレサークルのなかでも、社会的な活動をしている学生団体などのインカレサークルでは、大規模なイベント運営をしているところも多いです。学生1万人を集めるイベントや企業とタイアップして企画するなど、学生の活動とは思えないような活動ができます。

「フェス運営のインカレサークルに入っているのですが、学生が運営しているとは思えないほどの規模のイベントで、自分もぜひその運営に携わりたいと思いそこに入りました。毎回刺激をもらって、多くのことを学ぶことができています」(慶應義塾大学・2年女性)
「学生向けイベント企画をしているのですが、予算が数十万円あり規模感が大きい分、責任も大きいです。しかし自分の成長につながっていると実感できるし、将来のためになっていると強く感じます」(立教大学・3年女性)

サークル活動を通して成長を実感できるのはとても良いことですよね。就職活動や社会人になってもその経験は活きるはずです。学生時代にしか経験できないことを、より多く経験しておきましょう。

関連記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催