内容?頻度?大学生のサークル選びのポイントとは 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/04/28
サークル選び
あとで読む

内容?頻度?大学生のサークル選びのポイントとは

3.同期の雰囲気
サークルの同期は、大学卒業するまでの付き合いとなっていくため、大学内で一緒に行動する時間も長くなります。つまりそれだけ大事な存在となってくるので、同期の雰囲気も大切なポイントですよね。

「サークルの新歓で一緒だった同期がたまたま同じ学部の人で、意気投合してよく一緒に遊ぶようになり、結局同じサークルに入ることにしました」(中央大学・2年男性)
「まだサークルに入ろうか迷っていた時期に、同期で集まって食事会をしたのですが、とても楽しくこのサークルだったら続けていけると思い、入ることを決めました」(法政大学・2年女性)

テニスサークルなどスポーツ系のサークルは、活動頻度や活動場所の違いはあっても活動内容は同じで、違いになってくるのはサークル内のメンバーになります。一緒に活動するメンバーだからこそ、気が合う人たちが多いサークルにしたいですね。


サークル選びで失敗しないように、様々な視点から観察して、できるだけたくさんサークルを見てから自分に合うサークルを選ぶようにしましょう。場合によっては複数のサークルに入り、体験した上で決めるのもいいかもしれませんよ!


(早稲田大学政治経済学部3年 外山)

関連記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催