留学中でもバイトできる! アメリカでの留学生アルバイト事情【学生記者】

きゃれ
2017/03/30
留学
あとで読む

留学にはかなりお金がかかります。「留学先でもアルバイトをして稼ぎたい!」と思っている人もいるかもしれませんね。私は現在ニューヨーク州立大学に留学中ですが、学費や食費は無理でもせめて友達と遊ぶぶんだけは自分で稼ぎたいと思い、留学6ヶ月目からアルバイトをはじめました。よく「どんなバイトしてるの?」と聞かれるので、今日はアメリカでの留学生のアルバイト事情を紹介したいと思います!

▼きゃれさんの書いた記事をもっと読む!
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/416

■F1ビザ(留学生ビザ)のアルバイト条件とは?

日本から留学する大多数の学生はF1ビザを取得してアメリカに留学すると思います。F1ビザにおける主なアルバイトの条件は1.大学内(オンキャンパス)の仕事であること2.一週間に20時間以内であることの2つです。この条件を見るとアルバイトに関してはかなり制限されているように感じるかもしれませんが、留学生のメインの目的は勉強や、国際交流であることを考えたら納得ですよね。

■どんな仕事の選択肢があるの?

では具体的に、私が見てきたアルバイトの選択肢をご紹介します。

1.講師

日本でいう塾講師のアルバイトですが、アメリカの大学では大学内にいわゆる塾のような施設があるのでそこで働くことができます。これは留学先によって需要があるかないか大きく変わりますが、私の大学では日本語の授業があるので日本語講師の需要もあり、私自身も日本語を教えています。自分の得意科目を同じ大学の学生に教えることができるので、とてもいい経験になります。

2.オフィスで学生アシスタント

大学内にはオフィスがたくさんあり、多くのオフィスが受付に学生アルバイトを採用しています。私は Academic Transfer Advising Officeという編入に関する手続きを行うオフィスで電話対応などの受付業務をしています。

3.スターバックスなどでダイニングスタッフ

募集人数がもともと多いこともあり、一番多いのが大学内にある食堂やスターバックスなどで働いている人です。スターバックスはその中でも人気のアルバイト先です。

4.その他

その他にも夏休み限定のオリエンテーションのアルバイトや、大学内をパトロールするアルバイト、大学内のパソコンルームでのアルバイト、ジムでの受付のアルバイトなどいろいろな場で働いている留学生がいます。

次のページ大学内だけじゃない? 広がるアルバイトの可能性

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催