「そろそろ勉強しないと……」 試験前にやる気を出す3つの方法 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/04/27
授業・履修・ゼミ
あとで読む
3.声を出してみる
勉強を始めるときに勢い良く声を出してみるのもやる気を出すコツです。スポーツ選手がやるように、「よっしゃ!」と声を出してみるだけでもやる気が違うものですよ。

「勉強したくなくてゴロゴロしているときに、『おし!』と声を出して起き上がるようにしています。声を出すとやる気が出て集中するスイッチが入ります」(青山学院大学・3年男性)
「そんなに雄叫びみたいな声は出しませんが、『頑張ろう』と独り言をつぶやくだけでもやる気が出ますね」(法政大学・4年女性)

声を出すだけで勢いがついて勉強がしやすくなる人もいるようです。周りに人がいる場所だと恥ずかしいかもしれませんが、一人のときにはあなたも試しに声を出してみてはいかがですか?


他にも、「とりあえず寝る」「人を誘って一緒に勉強する」「散歩に出かける」などの声がありました。あなたも使っている方法がありましたか? 試験前にやる気を出して、ぜひいい成績を残せるように頑張ってくださいね。


(早稲田大学政治経済学部3年 外山)

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催