臨床心理士とはどんな職業? 仕事内容と給与を解説 3ページ目

編集部:いとり
2017/03/15
仕事を知る
あとで読む
■臨床心理士の平均年収は?

臨床心理士の年収はいくらぐらいなのか気になるところですが、これはなかなか難しいのです。というのは、ひと口に「臨床心理士」といっても仕事のスタイルや勤務形態によって年収は全く違ってくるからです。

例えば、スクールカウンセラーといっても常勤とは限りません。必要なときだけ勤務してもらうといったアルバイトのような勤務スタイルもあります。このような場合には、例えば時給1,000-1,200円といった収入となることもあります。

また、医師が臨床心理士の資格を取得し、日々の医療業務の中で臨床心理士の技術を用いるといった場合もあります。このようなケースでは、医師の収入であって臨床心理士としての収入とはいえませんね。

上記で紹介した、法務省専門職員(人間科学)採用試験 矯正心理専門職区分により採用され、例えば法務技官(心理)として少年鑑別所などに勤務することになると、

「一般の国家公務員に適用される行政職俸給表(一)に比べ、12%程度給与水準の高い公安職俸給表(二)(平成28年度現在、東京都特別区内に勤務する場合の初任給の例は、243,000円)が適用されます」(※下記サイトより引用)

となっています。ただし、これも臨床心理士というよりも公務員としての給与ですね。

残念ながら「臨床心理士の平均年収がいくらぐらいなのか」という政府機関が取ったデータは見当たりません。筆者が聞き取り調査をした範囲では「200-350万円」と幅のあるものでした。社会的なニーズはあるのですが、臨床心理士というだけで高給取りになるのはなかなか難しいようです。

⇒データ出典:『法務省』公式サイト「矯正心理専門職区分」
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse15.html

(吉田ハンチング@dcp)

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催