テレビ番組のおもしろさを支える影の立役者! 現役大学生放送作家・芝尾拓純さんインタビュー 3ページ目

編集部:すい
2017/02/23
仕事を知る
あとで読む
目次
  1. ――芝尾さんは大学に通いながら放送作家の仕事をされているとのことですが、まず、放送作家とはどんな仕事をしているのですか?
  2. そもそもなぜ放送作家になろうと思ったの?
  3. どんなときにやりがいを感じるの?
■大学生活+αをがんばると、一歩先に進める


――芝尾さんはいわゆる“ゆとり世代"だと思うのですが、お話を聞くと全くそんな感じがしませんね。ゆとり世代には珍しいタイプなのでは?

よく言われます(笑)。サークルや飲み会に参加して、大学生活を謳歌している人は多いと思います。だからこそ、ちょっとがんばってそれ以外のこともやれば、他の人より簡単に一歩先に進めますよね。締め切りが続いたり、あまり眠れなかったりと、大変なこともありますが、好きなことをやれる環境にいるので、満足しています。

――どんな時に、やりがいを感じますか?

自分が携わった番組名の、エゴサーチをするときです(笑)。SNSで「昨日の番組のあのネタがおもしろかった」と、自分が挙げたネタが書かれているとうれしいですね。あとは、友達が番組を見ていて、おもしろかったと言ってくれるときです。放送の翌日に大学へ行って話題になっていると、誇らしい気持ちになります。

テレビ番組はよい人間関係を築くツールだと思っています。テレビを見て、翌日学校や会社へ行って、「昨日の観た?」というように、会話のきっかけになるから、人と人を繋ぐことになりますよね。そんな様子を見ると、自分の仕事が、世の中のためになっているなぁと思います。

■目指す将来は「人のため」、そして「一生分稼ぐ!」

――今、大学3年生ということですが、そろそろまわりは就職活動を始める頃ですよね? 就職はしないのですか?

企業に就職するかどうかはまだわかりませんが、就活はします。やはり就活は今しかできないことだし、みんながやっていることをやらない理由もないですよね。テレビ局や制作会社、広告代理店が中心ですが、銀行など金融機関も受けてみたいです。せっかくなので、気になる会社や業界は全部見たいと思っています。企業に就職をするのか、このまま放送作家の仕事を続けるのか、決めなくてはならないときが来たら、その時に決断します。

――最後に、今後の目標を教えてください。

早く一生分を稼ぎたいです(笑)。放送作家としては駆け出しで見習いのようなものですが、がんばれるうちにがんばりたいし、がんばりが反映されるのでやりがいがあります。放送作家は自営業だし、自由な職業だからなんでも経験しておきたいですね。

あとは、「番組」という形になるかわかりませんが、自分の作ったものを海外でも展開したいです。素人を一夜で有名人にするようなオーディション番組がありますが、あの番組の構成はいろいろな国で展開されていて、いつもは政治的に対立してしまうような宗教や、差別を引き起こすような人種の違いも越えて、みんなが楽しみに観ているんですよ。これはすごいことだと思うんです。私もそんなものづくりをする人になって、世界中の人たちを楽しませたいと思っています。

【芝尾拓純(しばお・たくみ)さんプロフィール】
都内の大学に通う、現役大学生放送作家。経営学部で会計やマーケティングなどを勉強しており、現在大学3年生。そのかたわら、お笑いの養成所で1年間放送作家の勉強をする。修了後、放送作家として活躍中。

取材・文 長谷川鴨子

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催