テレビ番組のおもしろさを支える影の立役者! 現役大学生放送作家・芝尾拓純さんインタビュー 2ページ目

編集部:すい
2017/02/23
仕事を知る
あとで読む
目次
  1. ――芝尾さんは大学に通いながら放送作家の仕事をされているとのことですが、まず、放送作家とはどんな仕事をしているのですか?
  2. そもそもなぜ放送作家になろうと思ったの?
  3. どんなときにやりがいを感じるの?

■そもそもなぜ放送作家になろうと思ったのか?


――スケジュールを拝見すると、とても忙しいですよね。授業にも出て、アルバイトもしながら部活にも参加して、しっかり作家の仕事もされているなんて……寝ている時間はありますか?

前期はあまり寝られなかったですね(笑)。大学の宿題と、仕事の締め切りがかぶるときはつらいと感じます。3時間寝られれば良いほうだったかな。でも、慣れてくるとこのタイミングで寝るぞ! とスケジュールが立てられるようになるし、いつも何かしらやることがあって、メリハリが出てきますよ。

――そんなに忙しいのに、なぜ放送作家になろうと思ったのですか?

理由は2つあって、1つは早く稼ぎたかったから。大学生活は楽しいし、アルバイトも部活もやって、充実していたとは思うのですが、全体的に“のんびり"していたんです。そんな日々に物足りなさを感じてもいました。「このままのんびりして終わっちゃうぞ。」と感じていて、むしろみんながのんびりしている中だったら、自分がちょっとグッとアクセルを踏めば、周りを出し抜ける、と(笑)。だから、アルバイトではなく、早く社会人のように仕事をして、稼ぎたいと思ったんです。

もう1つの理由は、やっぱりテレビが好きだったからです。特にバラエティ番組ですね。父親が、よくダウンタウンの出ている番組を見ていたので、つられて私も見ていました。大学受験の勉強がうまくいかずに落ち込んでいた時期があるのですが、そんな時テレビを見ると、いつもにぎやかで明るくて楽しそうと思いました。とりわけダウンタウンには励まされたし、悲しくても元気をくれるのがテレビだったので、「きっと私と同じように落ち込んでいる人もいる、自分がそうだったように、そんな人を元気にしたい」と思ったからです。

それで、「テレビの仕事をするにはどうしたらいいんだろう?」とインターネットで調べていたところ、お笑いの養成所のバナー広告が出てきました。そこに、放送作家になるためのコースがあると書いてあったので、勉強しようと思って入学しました。

次のページ どんなときにやりがいを感じるの?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催